上級ヒーリングワーク4期 3月20日・講義の感想④『潜在意識はスーパーコンピューター』 

潜在意識について、

多くの人は、ちょっとした学問として入れようとはするが、本気で運用しようとは思っていない。それでは輪郭がつかめない、と前里は話します。

また、世の中で出回っている本には、よく三角形の図が描かれていて、上のほうに顕在意識、下のほうに潜在意識、と書かれているものが多いと思いますが、まず、その捉え方が違うようです。

潜在意識は下にあるのではなく、目の前に並んでいるたくさんのスーパーコンピューター。そのコンピューターと自分は1本のコードでつながっている…

この認識を、まず入れる必要があるようです!

潜在意識は、経済力も含めて、色々なものを引っ張るし、色々なものを変える力があり、複利で成長する。でも、多くの人はそれを使わない、使えない。

また、潜在意識はその正確性がゆえに、ミスを犯さない。

1を入力すると1が返ってくるし、
1.5を入力すると1.5が返ってくる。
そこに1ミリもズレはない。

だからこそ、正しく注文を出すことができれば、それはこの上なくパワフルなテクノロジーであるが、注文の仕方を少しでも間違えると、空気を読まずにそれをそのまま引っ張ってくるので、正確に大事に扱わなければいけない。


『自分が認識している顕在意識の下にある、広大な無意識…』

といった、曖昧で漠然とした捉え方では、コントロールできないようです!


人間のまわりにはまず潜在意識があり、潜在意識のまわりにスピリチュアルがある。この両方を連動させて理解していかないと、正しく運用することができない。

その理解の第一歩目として、まずは

・潜在意識は顕在意識の下にあるのではない。
・潜在意識はスーパーコンピューターである。

という認識が必要なんですね!


表面の世界で、私達のイメージを遥かに凌駕するスピードで進化するテクノロジー。

無意識の世界でも、同じように潜在意識という完全無欠のスーパーテクノロジーが、予測できないスピードで、どんどん加速しているようです!


表面の世界でのテクノロジーは、自分が苦手な分野があっても、得意な人にお願いすることで、問題を解決することができる。

しかし、潜在意識に関しては、主体的にコントロールしていく人達と、そうではない人達に分かれていくそうです。


潜在意識の世界にはズレがなく、その正確性がゆえに、バグも起こらない。

だからこそ、表面の世界で扱われているテクノロジー以上に、ハッキリクッキリと理解して、主体的にコントロールしていく必要がありそうです!



比嘉公彦
関連記事