『何度も繰り返し、学ぶことができました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 森己乃枝さん  

日常ではとても触れる機会のない
エネルギー体に触れ、

エネルギー体に働きかけて癒す方法を
何度も繰り返し、学べたことが
​とても勉強になりました。





上級ヒーリングワーク第3期生 森己乃枝
     

『知りたかった事が学べて、とても幸せでした』 【上級ヒーリングワーク体験談】 平瀬瑞代さん  

医療に携わる中で、どうしても改善しない病気がある。
それは慢性病と難病。その2つを少しでも良くしたいがために
代替医療を学んだ。

効果はあったが治療をするためには
道具の準備や対面になることが必要だった。

ヒーリングについても効果があることは知っていたが、
学ぶためには海外に行くか、本を読むくらいしか
できないと思っていた。


そんな時、日本で学べる場所があることを知り
参加したいと思ったが、距離の問題、その次は仕事上、
講義の日に出席できるかわからないという問題が生じた。

それでもやっぱり諦めきれなかった私は
スタッフの方に相談してみた。

すると、距離の問題はリモートでの参加、
出席できない時は後日補講が可能であると聞き、解決できた


講義は、いつも先生方の楽しい掛け合いから始まります。
その後は実技をみっちり、宿題もたくさん課されましたが、
なんといっても学んでいるのは見えないエネルギーの世界。

頭では理解している。ただ会場にいても体感するのは
難しい上に、私は遠隔での参加。

みんなが話しているような感覚が自分にはない。
感じたとしてもそれが正しいのかすらわからない…。


そんな時に助けとなったのが、1対1で行われる個別学習です。
個別学習では技術を細かい所まで再確認したり、
先生方が出してくれるテーマについて学んだり…。

今まで知りたかった事が
こんなにも学べるなんてとても幸せでした。

また疑問に思っていること、些細なことでも
先生方は自分の事のように思い、考え、
答えて下さいました。


【印象に残ったワード】

大事なのは過去や、未来ではなく「今」である。
何かを証明するためにヒーラーになるのではない。

日常生活において1つの事を上達させるためには
地道な練習が必要なのはわかっているが、

方や見えない世界の事に関しては
なぜか魔法が使えるかのごとく勘違いし、
できなければすぐに諦めてしまう。

なりたいもの、やりたいことがある時、
イメージできた時点で完成している。
ただ、3次元では時間があるため優先順位が関係する。

思っていても実現しないのは、行動していないから。
または行動しても、途中でできない
と言ってあきらめているから。

起きた出来事に意味はない。
その後、これをポジティブ、ネガティブ、
どちらに捉えられるかが重要。

どれだけ時代が変わっても、どれだけ技術が進歩しても
最後まで残っているのは「祈り」である。
私はこの言葉を聞いてなぜかほっとし、涙が出ました。

祈りとは自分、回りの人の事を大切に思うこと。
これはヒーリングにも通じることだと思う。


今後は、教えて頂いた膨大な量の知識をもう1度振り返り、
治療として使える技術にする。そしてヒーラーが増え、
ヒーリングと現代医療が融合し、健康で自分の人生を
楽しく生きる人が増えることを願っています。


最後に、ヒーリング技術を学ぶ上で大切なことを、
私の大好きな「ドクターX 大門未知子」の言葉に代えて
お伝えします。

「ヒーラーの技術力は最初のトレーニングで決まる。
どれほどの熱意を持って技術を学ぶか。
どれほどのうまいヒーラーの技術を見るか。

川の水が流れるように基本技術を反復し、美しい最終術野を作る。
それが理想のヒーリング。そして、1番大事なのは、
どんなに厳しい場面でも決して患者を見捨てないこと。
私の大事な師匠が教えてくれた」


ミツさんはじめ、和田さん、美輪さん、
スタッフの皆さん、同期の皆さん、9ヶ月間という
貴重な時間を一緒に過ごして頂きありがとうございました。
いつか、会える日を楽しみにしています。





上級ヒーリングワーク第3期生 平瀬瑞代
     

『仕事や生活が変化していきそうです』 【上級ヒーリングワーク体験談】 木村俊彦さん  

基本、継続、柔軟性、集中力、
の大事さを改めて思いました。

今後、考え方や仕事や生活が、
良い意味で変化していきそうです。

ありがとうございます。
大変お世話になりました。





上級ヒーリングワーク第3期 木村俊彦
     

『とてつもない説得力がありました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 Yさん  

前里先生、スタッフの皆様、
半年以上の間、充実した講座をありがとうございました。

この講座で学ばせていただいたことはたくさんありますが、
参加させていただいた一番の収穫は
「人間って、こんなことができるんだ!」
という可能性を体験できたことです。


前里先生のヒーリングを動画で拝見させていただいた時にも
「触れずにここまでのことができるんだ」
という驚きがありましたが、

実際に講座で学ばせていただくと、
ヒーリングの手順の多さや細かさに驚きましたし、
それを短時間で行われることや

名前を聞くだけで瞬時に相手の状態や癖を読み取って
アドバイスされたり、短時間で驚く程の情報量を受け取られ、
またその情報が詳細で的確なため、講座は驚きの連続でした。


特に受講当初は前里先生の能力に対する
驚きが多かったですが、講座や食事会で美輪さんと和田さんが
ヒーリングの歴史を話してくださる中で、

最初からこれだけのことができたわけでなく、
目の前で困っておられる方に全力で向き合ってこられた中で
磨かれてきた能力であることを知りました。


前里先生は講座中、
「ヒーラーであると同時にビジネスマンとして
結果にこだわるのは当たり前!」

と結果を求められるのですが、御自身が誰よりも結果を求めて
地道に回数を積み重ねていく中で能力を磨いてこられたので、
とてつもない説得力がありました。


今や「5000人セッション」として
​開催されるヒーリングセッションも、
第1回は2017年6月3日に15名でスタートし、

2017年7月23日には100セッションとなり、
2018年3月3日には一挙に人数が増えて
3000人セッションとなり、

2020年5月31日には、ついに5000人セッションへと
進化しています。


しかも新型コロナ対策として行われた
2020年4月1日~7日までの緊急ヒーリングでは、
参加者が10000人を突破していますので、

333ヒーリングは約3年の間に驚く程の進化を
遂げていることがわかります。

そのうえヒーリングの方法も対面で行う形からスタートし、
次は会場の隣の部屋からーリングをされる形となり、
今では会場に集まっていただく必要もなくなり、
完全な遠隔ヒーリングへと進化しています。


上級ヒーリング講座ではスタッフの方々でさえ
「初めて聞きました!」と言われるほど、
進化し続けているヒーリング技術ですが、

その技術を受講生の進歩状況に合わせながら、
惜しげもなく教えて下さいました。


受講当初はヒーリングに慣れていないこともあり、
ヒーリングの感覚やイメージの仕方、
それぞれの手順の繋がりや意味が理解しきれず、
戸惑うことが多々ありました。

ただ練習や実践を繰り返し、いろいろなご指導をいただく中で、
徐々に1つ1つの手順が繋がりはじめ、それぞれの手順の意味が
少しずつ理解できるようになっていきました。

そして今はヒーリングの手順の流れが、
生命あるものの成長や進化の過程そのもののように感じられ、
ヒーリングを繰り返していくことが、相手のためだけでなく、
自分の成長や進化にも繋がると想うようになりました。


これからも実践を積み重ねていく中で自分の能力を磨き、
縁ある方々の人生も豊かにできるようになりたいと想います。


今回、上級ヒーリング講座で
たくさんの学びをいただきましたが、
他にもチャネリングや呼吸など、魅力的なプログラムを
用意させていますので、これからも学びを続けさせて
いただこうと想っています。

更に学びを深め自分の可能性を拡げていきたいので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





​上級ヒーリングワーク第3期生 Yさん
     

『家族の健康と将来を守りたい』 【上級ヒーリングワーク体験談】 H.I.さん  

妻は長く難病を患い、あらゆる治療を受けるも開放されることなく、
その苦痛から自死を吐露する日々が続いていました。

そんな中、妻は前里さんのヒーリング治療の動画と出会い、
ヒーリング治療を受け、 癒され、
そして劇的に回復し、生気を取り戻しました。


短時間のパートの仕事に就くこともできるようになり、
家族共々大いに喜んだのも束の間、 その後、転倒による怪我で再発し、
症状は一進一退を繰り返しました。

この苦痛から解放できるのは、前里さんのヒーリングしかない。
と思い定めたのが、 私がワークショップに
参加することとなったキッカケでした。  


妻を難病から解放してあげたい。家族の健康と将来を守りたい。
願わくば、多くの人々を癒す活動の一助に関わりたい。

更には、ワクワクを通じてもっと自由な、
ありのままの姿の人生を追及し、精神性を高めたい。


これまでは、現実至上の世界観で生きてきた
私の62年間の人生でしたが、 真逆な、
スピリチュアルな神秘的な世界観にも惹かれていましたので、

自身にとっては難関とも思える、
ヒーリングへのチャレンジを決心しました。


ワークは、去年10月19日のプレ講義を皮切りに、
延長やコロナの影響による延期などで、
6月21日まで8か月間に及びました。

月に一度、滋賀から東京へ。この種のワークは初めての体験であり、
苦手で大変緊張感の高いものでしたが、
非日常を楽しむ、ワクワクの体験でもあり、
ポジティブに臨み、楽しみながら、 実践することを心がけました。

ワークのメニューは多彩で、すべてが初めて、
ワクワク感満載の内容でした。


私は、62年間もの長きに渡り、
現実至上の物質界に強く縛られているからなのか、 
ワークでは、わずかにエネルギーを感じることはありましたが、

ヒーリング時の体感がほとんどなく、非物質な概念に
意識を集中させることの難しさを痛感する日々でした。


また、300人ヒーリングの課題実践では、
早朝や休みの時間をやり繰りし、
なんとかやりきること ができましたが、
やはり意識の集中、持続の点での難しさを感じると共に、

多くの気づきを得ること もあり、
ヒーリング技術の基本を身に付けるよい経験となりました。


私たち人間の理解の及ばないスピリチュアルな世界は、
間違いなくリアルに、存在しています。

ワークに参加した8か月を終え、まだまだ未熟であり、
今回私にとっては、ヒーリングの入口に立った との認識ですが、
ヒーリング技術、スピリチュアルな世界観に
スッポリはまってしまっています。


『意識は作用する』の真理のもと、これからも、
家族の健康・将来を守るヒーリングの実践と研鑽に励み、
広大なスピリチュアルな世界の探求に、
邁進していこうと思っています。


最後に、ワーク後のシェア等では、自身難聴で
皆さんとのコミュニケーションに難があったこともあり、
大変ご不便をおかけして心苦しい限りでしたが、
温かく接していただきましたことは、感謝に堪えません。

この場をお借りしてお礼申し上げます。今回の繋がりを大切に、
今後とも様々な交流の機会がありますことを楽しみに、
ワクワク満タンです。


前里光秀研究所の皆さん、三期生同期の皆さん、研究科の皆さん、
本当にありがとうございました。





上級ヒーリングワーク第3期生 H.I.