『 再生医療との出会い 』 ㅤ 

『 再生医療との出会い 』


「ギフテッド」という言葉から始まり、
一人でも多くの方の可能性を未来につなげたい!
大きく笑ってほしい!

そのためには、
健康と元気が必要だ!
と考えるようになりました。

そして、再生医療こそ、
その夢を叶える最高の医療だと思います。


前里光秀グループは、2002年の10月。
現在、株式会社前里光秀学園となっている、
個別指導学習塾から始まりました。


そこに通う多くの子どもたちの中には、
発達障害や自閉症の子どもたちがいました。

学校の仕組みや勉強ついていけずに、
自信を無くしてしまう子が多かったのですが、
その一人ひとりは、とても才能豊かで可能性のかたまりでした。

そして、いつしか「ギフテッド」という言葉が広まり、
私たちは、子どもたちの苦手なことよりも、
他の子より秀でている才能に目を向けるようになりました。​


2021年のある日。
代表の前里が聞いたのは、
再生医療によって

「発達障害児の多動などが落ち着いた」

という話でした。

素晴らしい才能を持っていても、
それを発揮するには自身のコントロールと
環境とのバランスが必要です。

代表の前里は、
幹細胞培養上清液で症状が落ち着くのであれば、
発達障害のために日常生活で困難を感じているすべての方が、
思いっきり自分の才能を発揮することができるのではないか!
と考えました。


そして、2021年9月。
再生医療クリニック様と
株式会社 前里光秀研究所との
業務提携の日を迎えることとなりました。


前里光秀研究所の理念

「価値満タンで、大きく笑う」

心の底から世界中を大きく笑わせる!

そんな大きな願いが込められている
この理念のテーマの一つに

「再生」という言葉があります。

この理念に込められた代表の前里の思いと、
再生医療の効果や今後の可能性の素晴らしさは、
同じ未来を向いています。

私たちは、発達障害児に限らず、病気や加齢により、
自分の可能性を信じられなくなってしまい、
自信を無くしてしまっている多くの方々とお会いしてきました。

そこには、常に
「たくさんの方の大きな笑顔を作れたら・・・」
という思いがありました。

再生医療との出会いは、
その思いを強く強く
後押ししてくれるものですし、
より確実に実現してくれる
最高の味方になると思っております。


私たちが「再生」という言葉の中に見ているのは、

能力の再生
健康の再生
若さの再生
心の再生

そして、「人生の再生」です。


もし誰かが何らかの理由で
それをあきらめてしまっていたら、

「あきらめるのはまだ早いですよ!」

と大きな声で呼びかけたいと思っています。

これからは、前里光秀研究所が培ってきた知識や経験と
再生医療とのかけ算で、さらに多くの方々に
大きく笑っていただけると思っております。


このたび、
このような素晴らしい機会をいただけたことに
心より感謝いたします。
ありがとうございます。


また、株式会社 前里光秀研究所を
支えてくださっているすべての皆様、
これから出会うすべての皆様に、
これまで以上のサービスをご提供できるよう
努力してまいります。


「価値満タンで、大きく笑う」

私たちはより多くの皆様と一緒に
大きく笑っていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。





美輪KING
     

この人生が自分の作ったゲームだとしたら 

この人生が自分の作ったゲームだとしたら
自分の人生を自分で事前に計画していたとしたら、
宝物をどこに隠すか・・・ (^.^)


     

『美輪のワンネス体験 vol.1』 ~私たちは100%価値満タン~ 

『美輪のワンネス体験 vol.1』
~私たちは100%価値満タン~

ㅤㅤ
東京に着いた翌日には
顧問のセッションが2件ありました。

1対1のセッションを隣で見る、


という不思議な空気感の中で始まりました。


透視・チャネリングのセッションを
希望されていたのでㅤ
透視・チャネリングのメカニズムを
伝えるところからスタート。

一見、事務的というか、
出来事の説明というような内容に感じますが、

実は、そこで事前に状態を
緩める仕組みが組み込まれています。

壁を下げると言えばわかりやすいかもしれません。

初めての経験を前に人は、
現実的ではない壁を自分の目の前に
作ることが多くあります。

今回の受講者の方は
予想以上に柔らかく入っていきましたが、

どんな状態でもまずは初めに
「壁を下げる」ことはしっかりとやります。

もう少し説明すると、セッションの途中でぶつかる

「視えない」「わからない」
という思考に布石を打つということです。


そして透視のセッションが始まります。

透視のセッションは、
僕もワークショップの中でやります。

基本の流れはあったとしても、
一人ひとり認識や感覚は違うので、

実は、「これが最高の方法だ!」
というものはありません。

心をしっかり見ながらゆっくりじっくり
セッションを進めていかないと、

場合によっては逆に「できない」
を強烈に印象付けるだけで終わる可能性もあります。


そんな中で今回、前里が
1対1の透視セッションをやることに

僕は勝手にワクワクしていました。

実は久しぶりにそれを見る機会だった
というのもその理由です。

前里自身がどんどん変化、
進化している中、

どんな内容になるのか、
何か新しい方法が飛び出すのではないか。

その中で受講者の方は
どういう変化を手にするのか。

様々な期待の中で見ていました。


しかし、セッションは
僕がやることになっていました。


突然のような、予想できていたような… 
という中でセッション開始。

まぁ研究所内では日常である「突然」だったので、

いつものようにセッションを始めました。


基本的な流れから始まっていきます。

先ほども書いたように、
受講者の方は柔らかい状態で
セッションに入りました。

とてもスムーズで、
特に何も問題なく透視の入り口に
足を一歩踏み入れてくれました。

最初の段階では、特に明確なものがないままで
あえてそこまで到達します。

「透視をする世界」
と僕は勝手に名付けていますが、

そこに入るまではスムーズな流れでした。

記憶という入り口から入る方法です。

その世界の中で、受講者の方に
「視る」という体験をしてもらいます。

そして次はその世界で動き回る、
物に触れる、温度を感じるなど、

その世界の中にゆっくりと
馴染んでもらいます。

大まかな書き方ではありますが、
実際はもっと細かく進めていきます。

そこまでの流れは僕が
これまでセッションをさせていただいた中で言うと、
とても良い流れでスピードもあったと思います。

そしてその流れの中で
チャネリングセッションに
自然に移行していきます。

早くも非物質の存在と
コンタクトを取ってもらうのです。
ㅤㅤ
受講者の方がなるべく抵抗のない形で進めます。

親しみの持てる存在、
たとえば亡くなった身内の方などを
イメージしてもらうところから始めます。

初めはその世界の中にいる方の
顔や着ている物、雰囲気をゆっくり視てもらって
こちらに伝えてもらいます。

そして流れは
「チャネリングの一歩手前のようなセッション」
に入っていきました。

これも僕が勝手に名付けています。

そのセッション内容を簡単にお伝えすると、
その方に質問をして答えをもらうというもの。

しかし、やり方はいろいろあります。

今回のセッションの一部を紹介します。

まずはその世界のその方に、
紙とペンを用意してもらいます。

こちらから渡してもかまいません。

そして少ない文字で
答えられるような質問をし、
その答えを言葉ではなく、
必ずその紙に書いてもらいます。

そして、その紙をわざわざ
折りたたんでもらうか、
裏にしてこちらに渡してもらい、
そこに何が書かれているか
目で確認するというものです。

遊びのようなシンプルなやり方ですが、
実はいろんな前提などが含まれる
興味深いセッションです。


そのセッションを始めてしばらくしてから、
やはり途中の壁は出てきました。

「視えない」「わからない」という壁です。

僕はいつものように、
角度を変え、入り口を変え、

様々の支点からアプローチしていきます。

イメージで言うとその壁を
少しずつ崩すような作業です。

一気にぶち壊すことはなかなか
難しさがありますし、
たとえそうしたとしても
拒否反応が起こる可能性があります。

だからゆっくりじっくりやるのです。


しかし、予想以上に手強い壁になっていました。
というのも結局は始まりの時点で、
僕が受講者の方の
心のカモフラージュにまったく
気づいていなかった

ということが手強さの発端でした。

「予想以上に柔らかく…」
というのがそれです。

そうではないのに
そうだと思っていたということです。

そんな中でスッと
前里がセッションに入ってきます。

もちろん一瞬で空気が変わるのですが、
そこから先がとても興味深い流れになります。


一度だけ僕も知っている
アプローチから入りましたが、
それはすぐに変わります。


「視えない、わからない」
という中で、僕はいろんな角度から
「視てください」

と言っていました。


しかしそれを前里は一言

「創ってください」

と言いました。
もちろんその言葉一つで
すべてを変えたわけではないですが、
そこから状況は一変し、
セッションはどんどん深いところまで進み
最終的にその方は
「視える感覚」「その世界の使い方」
を知ることになります。


アプローチという言葉では軽いですが、
初めてそのやり方を見ました。

この方法の中には

「この世界はすべて自分で創っている」

という大前提を
元とするエネルギーが使われていて

無意識にそこに意識を向けさせることで、
ある意味では本来の力を
思い出すという部分を

「透視をする、できる」

という力に変換したような形に
なったのだと感じました。

とにかくとても興味深いセッションを
見ることができて、僕自身とても勉強になりました。

そして、後半は
「オーラを触る」
というセッションを、
とても良い状態で楽しみながらやって
終了となりました。

以上
     

【ヒーリング成果】鼻がすっきりした! 


ヒーリングでデトックスが始まったんですね。
鼻水が出る・・・ということ自体がデトックスですね。


     

【ヒーリング成果】ペットの下痢が止まった 

『ペットのごんちゃんの下痢が止まった』

ヒーリングの依頼はワンちゃんや猫ちゃんも多いですね。
動物は感度が高いようですよ。
急に寝たり、逆に吠えたりするようです。
面白いですよね


     

【みんな追体験をしてみよう】ワクスピ♪ 

【みんな追体験をしてみよう】
追体験の大事さは宇宙人から聞きました。



     

【説明会切り抜き】スパーチャネラーってなに? 

次世代スーパーチャネラー育成プログラム

『スーパーチャネラーって何』




次世代SPCイメージ

     

【ヒーリング成果】不調の右耳が聞こえやすくなった 

『不調の右耳が聞こえやすくなった』

ヒーリングはデトックス。
好天反応のような症状が出る方もいます。
即効性もありますが、2,3日待ってみると効果を感じやすいと思いますよ
(^.^)

     

左手が思考で右手が現実 

『左手が思考で右手が現実』

思考と現実は100%シンクロしている、という意味ですね。
向かい合わせた手の平の間の距離が離れているのが人間。
ピタッとくっついているのが宇宙人。

     

【ヒーリング成果】だるくて重い体がとても楽になった 

『だるくて重い体がとても楽になった』

ヒーリングを受けている時に、ヒーラーの存在まで感じるって、
とても感度が高い方です。ヒーリングもできるようになりたい!
という女性ですね。