2020年のパラダイムシフト ~なぜコロナ禍で、納涼会は開催されるのか?~ 

皆様、こんにちは!
前里光秀研究所の和田一真です。

猛暑の8月、いかがお過ごしでしょうか。



ただ今、東京・神楽坂にある
東京オフィスからこちらを書いています。



僕は今、8月23日(日)13時から開催の
納涼会が今から楽しみでなりません。

今日こちらのお手紙は、
ズバリ納涼会へのお誘いです!



自粛で外出は絶対にしたくないという方は、
下へ進んでいただく必要はありません。

一貫して、納涼会へのお誘いです@@;

いつも、ありがとうございます!



★★★コロナ禍での納涼会★★★



コロナ禍での開催ということもあり、
いつもより3割以上も制限し最大70名まで。

場所は毎年恒例、HUB高田馬場店。
JR高田馬場駅の早稲田口から徒歩1分。

『HUB』と書かれた看板の階段を下りると、
そこは新宿ど真ん中の最後のオアシス^ ^



HUBは東証一部上場会社。

厳しいガイドラインを徹底し
感染症予防をしています。

ご参加の方には、マスク着用の上
お越しいただくことをお願いしています。

 1.店内マスク着用
 2.検温の実施
 3.手指の消毒
 4.発熱による入店のお断り
 5.入場制限
 6.回し飲みの禁止


上記を守った上で、お楽しみいただきます。



店内は、完全貸切。

納涼会以外のお客様は、
いらっしゃいません。

皆さんソーシャルディスタンスを保っていただき、
入店していただきます。

もちろん、僕たちがご案内します。



受付を済ませると、
特製メッセージカード2020年版。

裏返しにしたカードから1枚選ぶと、
今のあなたにピッタリのメッセージが届きます。

席は、いくつかブース(かたまり)
に分かれています。

「初心者&お一人様ブース」
「上級ヒーリングワーク修了生ブース」
「鹿児島UFOさん特設ブース」など。

広い店内で
十分のスペースを取ってお座りください。



飲物は、ビール&カクテルは
100種類以上。

もちろん、ソフトドリンクもあります。

入店するなり、すぐ乾杯!
できます^ ^



★★★人類のパラダイムシフトとは?★★★



さて、今回の納涼会。
時期的に重大なテーマがあります。

「パラダイムシフト」です。

パラダイムシフトとは、
価値観が180度変わること。

常識が変わること。
社会が変わること。
世界が変わること。



パソコンの導入・インターネットの普及・
携帯電話の普及などは、パラダイムシフト。

それまでの生活が一変しました。

「発明できるものはすべて発明されてしまった」
「地球は宇宙の中心だ」
「人類が月に到達することはない」など。

これも、今となってはあり得ないことが
中心だった価値観からの転換。

パラダイムシフトは、
定期的に人類に訪れる
新しい地球への招待状。

それが今、まさに起きています。



ではそのパラダイムシフトに大切なことは?



パラダイムシフトは、
言うなれば「急激な変化」です。

だから「急激な変化に対応すること」です。

どんなに嫌だと言っても、
変わってしまったもの、変わっていくものは
止められないからです。

そのときに、道は2つに分かれます。

「危機」と捉えるか、
「チャンス」と捉えるか。

僕たちは、はじまってしまっている以上は
ここ1〜2年が現世最大のチャンスと考えています。



★★★今変わらなかったら★★★



ここで、最近のミツさんの
メッセージをいくつかご紹介します!



 1.新型コロナウイルス問題は、強制的リセット。
  合わないのに我慢してもよくないから、
  コロナ離婚はいいきっかけ。

 2.仕事を嫌々やってきた人は、クビになる。
  好きな人は、もっと伸びる。
  好き嫌いで、二極化していく。

 3.強制的リセットがかかっているから、
  どう生きていくかが大切。
  会社を辞めてもいい。お金も使えばいい。
  勉強をした方がいい。

 4.問題が収束した後、
  企業はもっと人員削減する。
  問題は収束しても、人生が待っている。
  どう生きていくのかを考えた方がいい。

 5.パラダイムシフトが起きているから、
  これまでの延長上の未来はやってこない。
  何をやっていいのか分からない人が
  95%だから、手を打ったほうがいい。

 6.持っているものを使えば仕事になる。
  自分の中にある「宝の地図」を見つけて、
  どこに行くのかをはっきりさせることが大切。

 7.外出自粛といっても、
  行動自粛とは言っていない。
  イマジネーションは自粛してはダメ。

 8.今変わらなかったら、来世まで変わらない。
  一気に手遅れになるので、
  手をはやめに打った方がいい。

 9.卑屈にならず、動いてほしい。
  今まで以上に自由と豊かさを求め
  感動を求めてほしい。
  人生のギアチェンジをする。

 10.国や政府やお店の批判を
  言っても仕方ない。その考え方を改める。
  自分でサバイブする(生き抜く)ことが大切。

 11.人生が向上しないと思っている人は、
  抽象度が低いだけ。生きる意味は
  自分で見つけるが、協力者は必要。

 12.エネルギー状態を変えると、
  内面から考え方も変わる。
  人生は、目には見えないエネルギーから
  変えた方がいい。

 13.本当のストレスとは、
  何をしたらいいのか分からないこと。
  何をやるべきか分かっていれば、
  ストレスは発生しない。

 14.能力が素晴らしいのに、
  今までこんな程度かということが多い。
  今は、自分の人生を生きるタイミング。

 15.大きすぎるパワーは、自分では気づかない。
  望むなら、それを引き出し、
  分かるようにすることができる。




かなりボリュームはありますが、ごく一部です。

「そんなことを言われても、厳しすぎる!」

おい、ちょっ…待てよ!(キムタク風)
そういう気持ちも、分かります。

僕も思いました。
最近のミツさんの日常を知るまでは…。



★★★不安とワクワクのどちらを掴む?★★★



でも宇宙人チャネラーとしてのミツさんは、
こういうメッセージのある環境に身を置いています。

言っていました。

「不安にはなるけど、
ワクワク感を能動的に掴んでいくんだ」って。

不安があっても、
エネルギーに巻かれないことが大切ですね!

ちなみに…最近のミツさん。
最近のミツさんは、凄いです@@;



12年前から、あまり会社には姿を見せず。
ひたすらテレワークをしていたミツさん!笑。

でもそれには、理由があったんです。

ミツさんは宇宙人チャネラーなので
天才と思われがちですが、
実際は…天才です笑。

いやいや、そうではないそうです。



ミツさんの自宅に行ったら
驚くのは、大量の本・本・本!



僕が思うに、
ミツさんは「本の虫」です!

壁一面の本棚にぎっしり詰まった本!
そこら中にも積み上げられた本!

めちゃくちゃ読書してるし〜!
どんだけ〜!?だから会社に来ないの〜!?

あっ、失礼しました。。。



★★★ミツさんが大量の本を読む理由★★★



学校の先生から
「幼稚園生以下のバカだ」と言われた中2の夏。

それから、1日13時間の
猛勉強をするようになったそうです。

それ以来の猛勉強なのかもしれません。



宇宙人コンタクトには、
言葉も必要だと言っていました。

善玉菌と悪玉菌みたいに、
バランスが大切だと。

自分がダメだという思いが4割なら、
自信を持つのが6割。

そんな自分を等身大で見ていくことが、
「自分を信じる」つまり自信の入口だと。



「自分を信じるメリットを説く人が、
誰もいない」とも言っていました。



いわゆるハイアーセルフっていますよね?

「高次元の自己」です。

ミツさんは高次元の自己と
一瞬で同一化するからヒーリングができる
という趣旨のことを聞いたことがあります。

ハイアーセルフは、自分。

「自分を信じる」自信を身につけるために、
本を読み続けているのかもしれません。



逆に言えば、自信をつける
具体的なことをすること。

これが未来に選ばれる人なのかもしれません。



★★★新時代の原理原則を公開★★★



大変失礼しました。
ちょっと、話を戻します!



実は納涼会を開催することに、
ご批判やお叱りの声もあります。

それは、ありがたくお受けします。

ただ、それでも今回は開催します。
ご参加の皆様には、見つけてほしいのです。



納涼会で見つける、
パラダイムシフト後を生きるヒント。



常識も変わる。
社会も変わる。
世界も変わる。

ならば、僕たちも変わらないといけない。

そのときに、宇宙にある
不変の絶対法則・原理原則
が役に立ちます。



「もちろん、知っています!
成功法則みたいなやつですよね?

でもどれを実行したらいいのかが
難しいんじゃないか」



そうです、難しい。

そこで、思い出してみてください^_^



今まで、あなたが大きく変化したときを。

あなたが大きく変化したとき、
一体どんなきっかげがありましたか?

それは、人生経験が豊富な
先輩・親・先生・上司・その道の専門家
などとの会話からではないでしょうか?



そうですよね。

そういう人たちと過ごすと、
自動的に未来は変わっていきます。

実際には、自分自身の
イマジネーションが広がり、
ハイアーセルフとの協働作業で
変えていきます。



中国のことわざにも、あります。

「1人の賢者と机を挟んで行う
ひとときの会話は、100冊の本を
読むより価値がある」



★★★奇跡の未来を描く3時間★★★



当日、具体的な内容は決まっていません。

だから、内容を聴いてから参加したい!
という方は、向いていないのかもしれません。



HUB高田馬場店に集まって、
広い店内を少なめの人数で貸切で、
感染対策により小皿に分けられた
おいしいビュッフェを食べながら、

冷たいカクテルを飲みながら、
スピリチュアル好きの人同士で、

「スピリチュアル」「仕事」
「お金」「恋愛」「未来」など、

「大切にしていること」「好きなこと」
「変化を起こしたいこと」について
語り合おうの会です。



自粛・制限・禁止が多いこの時期に、
納涼会の3時間では枠を超えた
自由な発想は誰も止めません。

右脳が刺激され、
普段はとても考えないような
未来を描く時間にしてほしいです。



あと1〜2年もすれば、
アフターコロナがやってきます!

誰もが、日常の世界観です。
そのときに「変化に対応できていない」
は笑えません。



激動の2020年、今後10年間で
一体自分がどういう役目を果たすべきか?

そのヒントを見つける機会になればと思います。



★★★納涼会にお越しいただきたい方★★★



ご存じの通り、AI時代がやってきます。

コロナ禍は、急激にAI時代の到来を
加速させています。

シンギュラリティは予定が早まり、
2030年までに起きる可能性もあります。



コロナ禍での、ミツさんの取り組みも
ぜひ聞いてみてください!

「宇宙人から法則を聞かなかったら、
こんなことできない」と言うほど、
企業経営にも宇宙人からの
メッセージを活用しています。



パラダイムシフトの衝撃、
今も続いています。

だから今のうちに、
この先10年の布石を打ちましょう。

納涼会では、この考えに共鳴する皆様と
出会えれば嬉しく思います^_^



感染症対策は、
万全を期しています。

飲食時以外はマスク着用も
義務となっています。

しかし、100%ということは不可能。

正直、そのリスクを問う方は
ご参加されないでください。

ぜひお越しいただきたい方は、
こちらです!



 1.前里光秀研究所スタッフと
  一緒に交流したい方

 2.思いっきりスピリチュアルな話をしたい方

 3.上級ヒーリングワーク受講生に
  話を聞いてみたい方

 4.緊急333ヒーリングや
  一斉遠隔ヒーリングを受けたことがある方

 5.YouTube動画『今を生きる』の
  その後を知りたい方

 6.アフターコロナを生きるヒントを探している方

 7.2020年後半はガンガン動いていきたい方

 8.今の状況に必要なメッセージが欲しい方

 9.新しい出会いを求めている方

 10.大笑いしたい方




上記のうち、3つ以上
当てはまる方はぜひお越しくださいね。



★★★最後までお読みいただいた方へ★★★



それでも、
こんなお声をいただいています。



「コロナ禍に、納涼会なんて…!」



当然のことながら、
僕たちも協議に協議を重ねました。

実際に、お店でも現在は
イベント推奨をしていません。

その中で上記のような理由から
開催を決定し、そして対策を期した上での
実現OKに至りました。



「この納涼会は、私のための会だ」
と直感された方。

この記事になぜか
出会ってしまった方。

2020年も残すところあと4か月と少し、
後半からの追い込みに強い方。



ご参加ご希望の方は、
今すぐ詳細をご確認ください。

 https://www.333institute.co.jp/summer-party-2020

8月23日(日)時、
HUB高田馬場店にてお待ちしています!



前里光秀研究所 和田一真





追伸:

コロナど真ん中での交流会は、
これが最初で最後です。
     

『何度も繰り返し、学ぶことができました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 森己乃枝さん  

日常ではとても触れる機会のない
エネルギー体に触れ、

エネルギー体に働きかけて癒す方法を
何度も繰り返し、学べたことが
​とても勉強になりました。





上級ヒーリングワーク第3期生 森己乃枝
     

『知りたかった事が学べて、とても幸せでした』 【上級ヒーリングワーク体験談】 平瀬瑞代さん  

医療に携わる中で、どうしても改善しない病気がある。
それは慢性病と難病。その2つを少しでも良くしたいがために
代替医療を学んだ。

効果はあったが治療をするためには
道具の準備や対面になることが必要だった。

ヒーリングについても効果があることは知っていたが、
学ぶためには海外に行くか、本を読むくらいしか
できないと思っていた。


そんな時、日本で学べる場所があることを知り
参加したいと思ったが、距離の問題、その次は仕事上、
講義の日に出席できるかわからないという問題が生じた。

それでもやっぱり諦めきれなかった私は
スタッフの方に相談してみた。

すると、距離の問題はリモートでの参加、
出席できない時は後日補講が可能であると聞き、解決できた


講義は、いつも先生方の楽しい掛け合いから始まります。
その後は実技をみっちり、宿題もたくさん課されましたが、
なんといっても学んでいるのは見えないエネルギーの世界。

頭では理解している。ただ会場にいても体感するのは
難しい上に、私は遠隔での参加。

みんなが話しているような感覚が自分にはない。
感じたとしてもそれが正しいのかすらわからない…。


そんな時に助けとなったのが、1対1で行われる個別学習です。
個別学習では技術を細かい所まで再確認したり、
先生方が出してくれるテーマについて学んだり…。

今まで知りたかった事が
こんなにも学べるなんてとても幸せでした。

また疑問に思っていること、些細なことでも
先生方は自分の事のように思い、考え、
答えて下さいました。


【印象に残ったワード】

大事なのは過去や、未来ではなく「今」である。
何かを証明するためにヒーラーになるのではない。

日常生活において1つの事を上達させるためには
地道な練習が必要なのはわかっているが、

方や見えない世界の事に関しては
なぜか魔法が使えるかのごとく勘違いし、
できなければすぐに諦めてしまう。

なりたいもの、やりたいことがある時、
イメージできた時点で完成している。
ただ、3次元では時間があるため優先順位が関係する。

思っていても実現しないのは、行動していないから。
または行動しても、途中でできない
と言ってあきらめているから。

起きた出来事に意味はない。
その後、これをポジティブ、ネガティブ、
どちらに捉えられるかが重要。

どれだけ時代が変わっても、どれだけ技術が進歩しても
最後まで残っているのは「祈り」である。
私はこの言葉を聞いてなぜかほっとし、涙が出ました。

祈りとは自分、回りの人の事を大切に思うこと。
これはヒーリングにも通じることだと思う。


今後は、教えて頂いた膨大な量の知識をもう1度振り返り、
治療として使える技術にする。そしてヒーラーが増え、
ヒーリングと現代医療が融合し、健康で自分の人生を
楽しく生きる人が増えることを願っています。


最後に、ヒーリング技術を学ぶ上で大切なことを、
私の大好きな「ドクターX 大門未知子」の言葉に代えて
お伝えします。

「ヒーラーの技術力は最初のトレーニングで決まる。
どれほどの熱意を持って技術を学ぶか。
どれほどのうまいヒーラーの技術を見るか。

川の水が流れるように基本技術を反復し、美しい最終術野を作る。
それが理想のヒーリング。そして、1番大事なのは、
どんなに厳しい場面でも決して患者を見捨てないこと。
私の大事な師匠が教えてくれた」


ミツさんはじめ、和田さん、美輪さん、
スタッフの皆さん、同期の皆さん、9ヶ月間という
貴重な時間を一緒に過ごして頂きありがとうございました。
いつか、会える日を楽しみにしています。





上級ヒーリングワーク第3期生 平瀬瑞代
     

『仕事や生活が変化していきそうです』 【上級ヒーリングワーク体験談】 木村俊彦さん  

基本、継続、柔軟性、集中力、
の大事さを改めて思いました。

今後、考え方や仕事や生活が、
良い意味で変化していきそうです。

ありがとうございます。
大変お世話になりました。





上級ヒーリングワーク第3期 木村俊彦
     

『とてつもない説得力がありました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 Yさん  

前里先生、スタッフの皆様、
半年以上の間、充実した講座をありがとうございました。

この講座で学ばせていただいたことはたくさんありますが、
参加させていただいた一番の収穫は
「人間って、こんなことができるんだ!」
という可能性を体験できたことです。


前里先生のヒーリングを動画で拝見させていただいた時にも
「触れずにここまでのことができるんだ」
という驚きがありましたが、

実際に講座で学ばせていただくと、
ヒーリングの手順の多さや細かさに驚きましたし、
それを短時間で行われることや

名前を聞くだけで瞬時に相手の状態や癖を読み取って
アドバイスされたり、短時間で驚く程の情報量を受け取られ、
またその情報が詳細で的確なため、講座は驚きの連続でした。


特に受講当初は前里先生の能力に対する
驚きが多かったですが、講座や食事会で美輪さんと和田さんが
ヒーリングの歴史を話してくださる中で、

最初からこれだけのことができたわけでなく、
目の前で困っておられる方に全力で向き合ってこられた中で
磨かれてきた能力であることを知りました。


前里先生は講座中、
「ヒーラーであると同時にビジネスマンとして
結果にこだわるのは当たり前!」

と結果を求められるのですが、御自身が誰よりも結果を求めて
地道に回数を積み重ねていく中で能力を磨いてこられたので、
とてつもない説得力がありました。


今や「5000人セッション」として
​開催されるヒーリングセッションも、
第1回は2017年6月3日に15名でスタートし、

2017年7月23日には100セッションとなり、
2018年3月3日には一挙に人数が増えて
3000人セッションとなり、

2020年5月31日には、ついに5000人セッションへと
進化しています。


しかも新型コロナ対策として行われた
2020年4月1日~7日までの緊急ヒーリングでは、
参加者が10000人を突破していますので、

333ヒーリングは約3年の間に驚く程の進化を
遂げていることがわかります。

そのうえヒーリングの方法も対面で行う形からスタートし、
次は会場の隣の部屋からーリングをされる形となり、
今では会場に集まっていただく必要もなくなり、
完全な遠隔ヒーリングへと進化しています。


上級ヒーリング講座ではスタッフの方々でさえ
「初めて聞きました!」と言われるほど、
進化し続けているヒーリング技術ですが、

その技術を受講生の進歩状況に合わせながら、
惜しげもなく教えて下さいました。


受講当初はヒーリングに慣れていないこともあり、
ヒーリングの感覚やイメージの仕方、
それぞれの手順の繋がりや意味が理解しきれず、
戸惑うことが多々ありました。

ただ練習や実践を繰り返し、いろいろなご指導をいただく中で、
徐々に1つ1つの手順が繋がりはじめ、それぞれの手順の意味が
少しずつ理解できるようになっていきました。

そして今はヒーリングの手順の流れが、
生命あるものの成長や進化の過程そのもののように感じられ、
ヒーリングを繰り返していくことが、相手のためだけでなく、
自分の成長や進化にも繋がると想うようになりました。


これからも実践を積み重ねていく中で自分の能力を磨き、
縁ある方々の人生も豊かにできるようになりたいと想います。


今回、上級ヒーリング講座で
たくさんの学びをいただきましたが、
他にもチャネリングや呼吸など、魅力的なプログラムを
用意させていますので、これからも学びを続けさせて
いただこうと想っています。

更に学びを深め自分の可能性を拡げていきたいので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





​上級ヒーリングワーク第3期生 Yさん