黄色い鞄 

黄色い鞄




2222222244444444455555555666666663333
1111111666668888889999990000088884444




いつも、私たちは数字という
尺度に囲われて生きています。

それが、この惑星の遊び


しかし、時に
そのことが理由で

ワクワク出来なくなるときが来る



でも、無理だと感じ
やめる。


何かを、やめてしまう





その何かこそが使命だと
多くの人は伝え聞いてきています





しかし、本当は



現実は、目の前は




そうなってはくれない





理由は、その直前で
やめる
からである




それを





遊びだと、この星の外で気づきました。




カンタンな方法として





2つだけ、面白い遊びがあります。

















「やめない」








そして










もう一つは








「一つ目を忘れない」










それが

黄色い鞄







それでは、死神の仕事に行ってきます



















前里光秀
関連記事