『家族の健康と将来を守りたい』 【上級ヒーリングワーク体験談】 H.I.さん  

妻は長く難病を患い、あらゆる治療を受けるも開放されることなく、
その苦痛から自死を吐露する日々が続いていました。

そんな中、妻は前里さんのヒーリング治療の動画と出会い、
ヒーリング治療を受け、 癒され、
そして劇的に回復し、生気を取り戻しました。


短時間のパートの仕事に就くこともできるようになり、
家族共々大いに喜んだのも束の間、 その後、転倒による怪我で再発し、
症状は一進一退を繰り返しました。

この苦痛から解放できるのは、前里さんのヒーリングしかない。
と思い定めたのが、 私がワークショップに
参加することとなったキッカケでした。  


妻を難病から解放してあげたい。家族の健康と将来を守りたい。
願わくば、多くの人々を癒す活動の一助に関わりたい。

更には、ワクワクを通じてもっと自由な、
ありのままの姿の人生を追及し、精神性を高めたい。


これまでは、現実至上の世界観で生きてきた
私の62年間の人生でしたが、 真逆な、
スピリチュアルな神秘的な世界観にも惹かれていましたので、

自身にとっては難関とも思える、
ヒーリングへのチャレンジを決心しました。


ワークは、去年10月19日のプレ講義を皮切りに、
延長やコロナの影響による延期などで、
6月21日まで8か月間に及びました。

月に一度、滋賀から東京へ。この種のワークは初めての体験であり、
苦手で大変緊張感の高いものでしたが、
非日常を楽しむ、ワクワクの体験でもあり、
ポジティブに臨み、楽しみながら、 実践することを心がけました。

ワークのメニューは多彩で、すべてが初めて、
ワクワク感満載の内容でした。


私は、62年間もの長きに渡り、
現実至上の物質界に強く縛られているからなのか、 
ワークでは、わずかにエネルギーを感じることはありましたが、

ヒーリング時の体感がほとんどなく、非物質な概念に
意識を集中させることの難しさを痛感する日々でした。


また、300人ヒーリングの課題実践では、
早朝や休みの時間をやり繰りし、
なんとかやりきること ができましたが、
やはり意識の集中、持続の点での難しさを感じると共に、

多くの気づきを得ること もあり、
ヒーリング技術の基本を身に付けるよい経験となりました。


私たち人間の理解の及ばないスピリチュアルな世界は、
間違いなくリアルに、存在しています。

ワークに参加した8か月を終え、まだまだ未熟であり、
今回私にとっては、ヒーリングの入口に立った との認識ですが、
ヒーリング技術、スピリチュアルな世界観に
スッポリはまってしまっています。


『意識は作用する』の真理のもと、これからも、
家族の健康・将来を守るヒーリングの実践と研鑽に励み、
広大なスピリチュアルな世界の探求に、
邁進していこうと思っています。


最後に、ワーク後のシェア等では、自身難聴で
皆さんとのコミュニケーションに難があったこともあり、
大変ご不便をおかけして心苦しい限りでしたが、
温かく接していただきましたことは、感謝に堪えません。

この場をお借りしてお礼申し上げます。今回の繋がりを大切に、
今後とも様々な交流の機会がありますことを楽しみに、
ワクワク満タンです。


前里光秀研究所の皆さん、三期生同期の皆さん、研究科の皆さん、
本当にありがとうございました。





上級ヒーリングワーク第3期生 H.I.

     

『今までの固定概念が覆されました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 今井千草さん  

半年に渡る上級ヒーリングワークを受講させていただきました。
ヒーリングのことは全く何も知らず、
「癒し」ぐらいの認識しかありませんでした。

ヨガクラス受講を申し込んだところ、
ヨガとヒーリングを同時に受講した方が相乗効果があり、
コスパ良い的なお話を伺い、気楽な感じで申し込みました。


受講してまず最初に驚いたのが、
ヒーリングは「治療」であることを知ったことです。

こんなど素人が受けてしまっていいのだろうか、
とスタート時は少し戸惑いましたが、
その内容の深さ、楽しさ、新鮮さにどんどん惹きつけられ、
毎回のクラスが待ち遠しく、とても楽しかったです。


私のような初心者から、プロのヒーラーを目指す方まで、
どんな方でも満足させてくれるクラス内容だと思います。

たとえプロのヒーラーを目指してなくても、
このクラスを受けたことで、人生が全く変わりました。


今までとは違うものの見方、考え方ができるようになり、
精神的に豊かになりました。今までの固定概念が覆されました。

例えば、特別な才能がある人だけがヒーラーになれるのではなく、
人間は本来全員ヒーラーであるんじゃないだろうか。とか。
イメージは現実なんだ。とか。

もう、めちゃ面白くて楽しくて仕方なかったです。
そしてやはりヨガクラスと同時に受けて良かったです。
知識と身体がつながる気がします。


クラス自体は終了しましたが、
これからが私のヒーリング人生の始まりだと思います。

クラスで教えていただいたことを活かして、
さらに彩り豊かな人生を生きていきたいと思います。


素晴らしいクラスを提供してくださった
前里光秀さん、和田一真さん、美輪勇気さん、松永みやこさん、
心から感謝いたします。ありがとうございました。





上級ヒーリングワーク第3期生 今井千草
     

『子供や孫達のために参加しました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 三田良子さん 

私が遠隔ヒーリングワークに
参加してみようと思ったのは、

和田さんから、誰しも自分で使える事が出来るとお聞きして、
以前から離れて暮らす子供、孫達の心身健康に

使う事が出来たらいいなと思ってましたので、
思い切って参加致しました。


初日、参加してみて正直本当に
自分で使えるようになるのか不安でした。


自分自身何か感じる体質ではないですし、
むしろ感じないので
ついて行かれるか不安で不安で仕方無かったです。


でも、お友達になった方々とお話ししている中で、
皆思うところは一緒なんだと安心しました。


月1でワークに参加出来るのも楽しみにしていたのですが、
コロナで最後2回参加出来ずにとても残念でした。


ヒーリングは日々の積み重ねが大事なので
毎日実行して行きたいと思います。



前里さん、美輪さん、和田さん、
スタッフの皆さんありがとうございました。

​コロナの中でのヒーリングワークお疲れさまでした。





上級ヒーリングワーク第3期生 三田良子
     

『リアルにチャクラを感じられた』 【上級ヒーリングワーク体験談】 Sさん 

皆さま、こんにちは!
上級ヒーリングワーク3期生のSと申します。


このページを訪れていただいているということは
様々な背景から、スピリチュアルやヒーリングに
ご興味をお持ちの方ということですね!

中には「うっかり辿り着いてしまった!」
という方もいらっしゃるかもしれません。

それはそれで、おめでとうございますっ!(笑)


さて、7ヶ月間の長きに渡り受講させていただいた
上級ヒーリングワークにつきまして、

頭の中を整理しつつ、
感じたことをまとめたいと思います。


まず、初日から起こった驚きの出来事を共有しますね!


初日の午前中、一通り講義をお聞きした後、
まずは目の前の人と向き合い

互いにピアノを弾くように手のひらを床に水平にし、
その両手を、リズムを合わせて左右に揺らしていく、
ということから始めました。


程なくして、何やら両手の指先から、
白くボヤけた糸が出ている気がして
ジッと目を凝らしました。


ボヤけながらも、ハッキリクッキリと
​20cmほどの「白い糸」のようなものが
出ていることに気づき、

「えーーーーーー!
何これーーーーーー!

全ての指先から白いのが
出てますぅーーーーーーっ!!」

と、人目をはばからず、
驚きの声をあげてしまいました(笑)


後にそれが、人の体が発している
エネルギーなのだと知ったのですが、

信じやすくも疑い深い私でしたが、
生まれて初めて「見えないものが見えた」ことに
驚きと興奮を隠せませんでした。


ヒーリングは、目に見えない力や
イメージの力を使って人を癒していく技術ですが、

例え目には見えずとも身体への作用があり、
講義で体系的に学び、

繰り返し練習を行うことにより
どなたでも習得することができます。


空気や量子や細胞の中のミトコンドリアなど、
肉眼で見ることができないものは数々ありますが、
確実に「存在している」ことにおいては周知の事実です。


ミツさんが「ヒーリングは未来の医療です」
と仰っていましたが、そんなに遠くない未来で
ヒーリングが及ぼす作用や、それそのものについても

科学的に証明されていくものだと思いますし、
その未来が訪れるのが楽しみでもあります。


そして何より、産官学連携での開発研究が
なされる分野となることでしょう!
(と、勝手に思っています笑)


と、このペースで書いていくと
かなりの長文となってしまいそうなので、
割愛させていただきまして…。



最後に一つだけ、
どうしてもお伝えしたいことがあります。


それは、最終講義での出来事です。


最終講義ともあって、
これまでと比較にならないほど深く、
非常に内容の濃いものでした。


ミツさん曰く、共に学んでいる
研究科の方々のレベルが高くなったため、
この最終講義での内容を伝えられることとなったそうです。

(研究科とは、これまでの上級ヒーリングワーク卒業者が
ヒーリングを更に深く学び進めるためのプログラムです)

研究科の皆さま、あらためて、ありがとうございます!



さて話を戻します。

最終講義にて目を閉じたまま集中し、
ミツさんの誘導に従い行なったヒーリング。

初めて、ヒーリングを「美しい」と感じました。


目を閉じながらも
「目の前に視えている」オーラの輝きや
ヒーリングの光景があまりにも美しく、
「なんて美しいんだろう」と感動に胸を震わせました。


そしてこれまでになくリアルに、
チャクラを認識することもできました。


未来の医療であるヒーリング。


セルフヒーリングとしてご自身のために、
そして、大切な誰かのために。

ぜひあなたにも、
身につけていただきたいと思います!


個人的には
時折、講義の途中で脱線?して、

哲学や経済、美容にいたるまで
幅広い分野の情報に触れられたことも、
大変大きな収穫となりました。


受講生の誰もが必死にメモを取り
僅かに緊張感漂う講義中の最中に、
突然、笑い話に展開して皆んなで大笑いしたり(笑)


徹夜で取り組んだ、ヒーリングの1,000本ノック的な
日々の宿題に追われながらも、毎回の講義が楽しみで楽しみで
しょうがありませんでした。



共に学んだ3期生の皆さま、
研究科の皆さま、そして、
ミツさんを始めとする研究所の皆さま、

いつも素晴らしい体験と
深遠なるヒーリング技術を学ばせていただけたことに、
心より感謝いたしております!


この場をお借りして、あらためて御礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございました!





​上級ヒーリングワーク第3期生 Sさん
     

『笑いが増えて、お客様も増えました』 【上級ヒーリングワーク体験談】 柚木悠希さん 

ひょんな事から、
一真さんから連絡があり、

なんの疑いも無く、
講座に参加することになり、

あれよあれよで、
終了となりました。


毎回、受講生さんとのやりとりでも、
楽しいひととき、

一真さんと美輪さんの掛け合いも、
夢に出てきそうなほど笑い

前里さんから、
伝わってくるエッセンスは、

なかなかすぐには、
入っていかないこともありましたが、

ちょっとしてから、
なるほど!という内容ばかりでした。


講座を受けて、
元々、カウンセリングや、
ヒーリングの仕事をしていましたが、

前よりお届けしている私にも笑いが増えて、
リピートしてくださる方が増えました。


最後まで会場には行けませんでしたが、
受講して何か段階が上がったように感じます。


まだまだ奥の深いヒーリング、
私もまだまだ精進していきたいと思います。



公彦さんや、みやこさん、
スタッフの皆さんにも、

温かい眼差しで見守られ
講座の終了を迎えられたことに感謝しています。

ありがとうございました。





上級ヒーリングワーク第3期生 柚木悠希