Vol.31 『麻痺していた頬も目の下も動きだしました』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.31
『麻痺していた頬も目の下も動きだしました』
■ 7月14日(水)

──────────────────

■ 7月14日(水)


この日も朝から
昨日、産み出された
『顔面神経麻痺の呼吸法』
実践を行いました。

この呼吸法にも慣れてきて
実践のスピードが
どんどん早くなってきました。




また、今日も
14:30・21:30の2回、
ヒーリングがありました。


ミツさんは遠隔ヒーリング
美輪KINGと友達は
対面で行っていきました。



この日のヒーリングは、
特に眠くなってしまい、
全く起きていられず、
スタートするなり
すぐに寝てしまいました。



そして、
今日は美輪KINGも友達も
ヒーリングにより
強い眠さを感じた様でした。


まるで、
3人全員がミツさんのヒーリング
受けている感覚で
みんな眠くなってしまったのです。



一人の人へヒーリングを行っても
同じ空間にいる人も
一緒に癒されたり、
眠くなる事があります。




例えば、
ミツさんはヒーリングを行う時に
旦那様のヒーリングの依頼であっても
一緒に住んでいる
奥様にもヒーリングを
する時があります。


そうする事で
確実に治癒が加速して行く時は、
こっそりとその方のお家の空間や
旦那様ご本人、
そして、奥様にまで
ヒーリングを行っていくのです。



この日は、
まさにそんな
感じだったのでしょうか?



さて、今日もヒーリング後に
美輪KINGが
顔面神経麻痺による
リハビリを行ってくれました!!



この日は、
とても、とても
嬉しいことがありました。



それは・・・・・・


明らかに
麻痺している左目の
閉じるスピードが
早くなっていた
事です!!


もちろん少し
左目の閉じるスピードは遅れますが、
それでも一緒に左目が
ついて行くような感覚で
目が閉じて行くので、
どんどん両目のバランスが
合ってきた様に感じました。



また、今までは閉じる時に
目が開いてしまっていたのすが、
あともう少しで
閉じ切れるところまで
改善をしていました。



着実に
顔が動き出しています!!


本当に日々、一歩一歩ですが、
着実に改善をしています。


o1105194215203788572.jpg



そして、
今日の一番の収穫は・・・・・

目の下や頬が微かですが、
ピクピクっと動きだした事です。


全く動かず硬直していた
左目の下や
頬の動きが
わずかですが出始めてきました。





どうやら、
内耳の炎症も着実に治りだし
顔面の神経の『再生』が
加速している様でした。






さて、この日は
ミツさんから、
面白いメッセージが届きました。




それは・・・・・・


どうやら、
私をいつも守ってくれている
イルカ達が、
私の脳へ同期して
ハッキングしている
様です。


イルカはいつでも
私を守り、
支えてくれています。


海の中へと私を沈めて
超音波と共に
ヒーリングを
してくれているのでしょうか?



イルカたちに会いたくなり、
Youtubeで映像を見ながら
今日は過ごしました。



イルカの透き通る声も響きも、
しなやかな尾ひれの動きも、
水の流れに乗りながら泳ぐ姿も
全てに癒されていきます。



つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/

     

Vol.30 『顔面神経麻痺の呼吸法が誕生しました♪』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.30
『ハートチャクラの呼吸法が誕生しました♪』
■ 7月14日(水)

──────────────────

■ 7月14日(水)


昨日はミツさんから
大切なメッセージが届いたので
それを元にして
自分でも呼吸の
リハビリをスタートしていきました!!




ミツさんからのメッセージでは・・・・・

↓↓↓↓↓


『呼吸もハートを意識する!!


脳と顔の神経が指令を出す。
脳からのメッセージで動かして、
血流が上がる。

ハートがオーナー、
脳が社長、
神経などは現場の部隊!!



とのでした。



この内容を膨らませながら
新しい呼吸法を
自分なりに
作り出していきました!!




『ハートチャクラの呼吸法』です。



やり方は・・・・・・


まず、胸の中央の
奥の奥へと意識を注いでいきます!!


奥の場所をしっかりと
キャッチ出来たら、
その部分が徐々に活性化しはじめ
光がフワーと柔らかく
広がるイメージを目撃していきます。


この光を丁寧に観察しながら
胸式呼吸のリズムと
重ね合わせていきます。


吐いて1・2・3と
3カウント

吸って1・2・3と
3カウント!!


いつもよりも少し
ゆっくりなカウントのペースで
ですが無理なく呼吸を行います。


このリズムにより
胸が徐々に
柔らかくなる感覚を
静かに味わい尽くしていきます。



ずっと体を
動かしていなかったので
かなり胸は硬直していました><


左右12対から構成される
肋骨の骨たちを
前からも後ろからも
そして左右、横からも
360°広げていく感覚です!!



それが、じわじわと
胸骨へも伝えり
静かに静かに
胸の前側の中央にまで
再び振動をしていくイメージです。



するとその振動が
今度は上へ、上へと伝わりはじめます。


大胸筋や小胸筋まで響き渡り、
鎖骨まで広がり出します。


この振動により
自然に背中にまで意識が向きはじめ
肩甲骨同士が近づいていきます。

それと同時に
胸がフワッと花の様に
咲いていくイメージです。




更に
光を移動させていきます。


次は・・・・・

『脳』の出番です!!



まるで
『胸』から『脳』に
橋をかけたイメージで
胸からの光が脳へと流れ出します。


『脳』へと光が
緩やかな螺旋を描きながら到達し
浸透していくと、
今度は意識を100%
『脳』へと集中していきます。


脳の奥の奥へと
意識を注ぎこみます。


この場所は・・・・・

第3の目と言われる
『松果体』になります!!



胸の開きや輝きは
もう放置しても、
渦を巻いて自動的に
振動し続けている状態です。


ですので、もう脳にだけに
集中してもOKです。



吐いて1・2・3と
3カウント

吸って1・2・3と
3カウント!!

呼吸のリズムを
優しく刻んでいきます。



もう呼吸の音だけしか
存在しないのでは?
と錯覚するような状態になるまで
静かに、静かに、
呼吸を繰り返していきます。


呼吸の音にのみ
集中できる意識下へと
落ちていきます。


更に脳に意識を注ぐと
集中力が加速される
感覚を味わっていきます。



『松果体』を中心に
光の放射線が
四方八方へと広がりだしたら
『脳』の呼吸は完成です。



脳のまばゆいほどの
輝きの行方は・・・・・・・


『耳』へ流れ出します!!



耳は耳でも鼓膜や
耳小骨や三半規管に繋がる
奥の部分です。


その部分へと
意識を注ぎ込んでいきます!!


ちょうどこの辺りは
ハント症候群』の
患部にあたります。


迷路の様に入り組んだ、
細い通路を塞ぐ炎症の数々を
鎮めていくイメージです!!


このイメージにより
赤く腫れ上がった
炎症部分を鎮めて
新しい流れを作り出していきます。


この新しい流れを作り出すためにも
呼吸が寄り添いながら
サポートしてくれる様な感覚です。


先ほどと同じリズムを
繰り返し奏でていきます。

吐いて1・2・3と
3カウント

吸って1・2・3と
3カウント♪


絶えず、このリズムを
耳にも浸透させ
流れを作り出します。



さて今度は、内耳から
顔の神経へと光が広がり出します。

まるで扇を広げていく様な
イメージです。

扇の骨となる竹の部分に
意識が注がれると、
その通路は神経へとリンクしてきます。



その道の
到着地点はというと・・・・・

目元や眉、鼻先、
口元、ほほやあごになりいます。


そこを目がけて
光は走り続けていきます。


また、神経の流れが
場所によっては
細くなったり、
分断されています。

その通路を光の流れによって
繋がっていく感覚です。


これにより細い通路や
今にも分断してしまいそうな場所を
いくつも発見していきました。


その細く分断された部分に
フォーカスし、
柔らかく広がり出す意識へと
変換しながら注ぎ込んでいきます。

これらの映像が鮮やかに
そして立体的に
映し出されていきます。


イメージと呼吸のリズムが
重なり合い
着実に顔の表情へと
作用していくイメージです。



吐いた時に意識を向けた部分が緩み出し、
柔らかく解放されていきます。

また吸った時に
新しい息吹が生み出され、
加速しながら
最終地点へと到達していきます。



ミツさんのメッセージのヒントにより
自分でも呼吸を行いながら
リハビリ
を行っていきました。


呼吸が重なり合うと
一気にリハビリの実践が
やり易くなります。


ずっとヨガの呼吸と共に
生きてきましたが、
また新しい呼吸と出会えた嬉しさが
溢れ出しました。


『呼吸』と重なり合うと
なぜこんなにも色鮮やかに
鮮明にイメージできるのしょうか?


呼吸


やはり『呼吸』とは、
私たちの体に組み込まれた
システムの上位を占める部分が
大きい様に感じました。



呼吸の偉大さに
改めて感動していきました。



つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/

     

Vol.29 『悪化するどころか、 味覚も舌の痺れも治っています』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.29
『悪化するどころか、
味覚も舌の痺れも治っています』

■ 7月13日(水)

──────────────────

■ 7月13日(水)


今日はお昼から、
『野菜スープ』を作っていきました。


ミツさんがたくさん買ってきてくれた
冷蔵庫に入れきれない程の
野菜たちが豊富にあったからです。


料理が大好きな私は
久しぶりに料理ができる事が
嬉しくて、嬉しくて・・・・・


カブの酢漬けや
野菜スープの献立を考えましたが、
最初は『野菜スープ』から
作り出しました!!


キャベツや大根
人参を使った
シンプルな『野菜スープ』です。


スープ


まずは、
キャベツを切り始めました。


めまいが強い中でも
ただ切ることだけに
集中する事ができるので、
この瞬間はめまいの感覚が
不思議なぐらい
スーッと消えていきました。



体力的にずっと立っている状態を
保つことが出来ないので、
野菜を切ったら
10分間座って休憩して、
また、次の野菜を切ったら
10分休憩しての
繰り返しになりました。


休み休みではありますが
この料理の時間に
なんだかとても
心が癒されていきました。


日頃から料理が
ストレス解消法の一つだったので、
『料理の時間』に
今回もたくさん
助けられた様に思えます。

結局、スープが完成するまで
2時間もかかってしまいましたが、
この2時間が
充実した時間になりました。



さて、出来上がった
『野菜スープ』をじっくりと
味わいながら食べていくと・・・・・

人参のほのかな甘さや
キャベツの芯の部分の硬さの感覚
大根の葉の
シャキシャキッとした歯ざわり、

大根の独特な香り、
ほのかな昆布の香りと、
じんわりと広がるクセのないうま味。


久しぶりに、
ひとつひとつの味の違いや
風味や香り、歯ざわりの感覚が
蘇ってきました。


心から
『美味しい♪』という
感覚を味わいました!




ハント症候群の影響で
舌の感覚も左側だけ麻痺しており、
痺れる感覚がありました。


また『味覚』も
かなり弱くなっていました。



ですが、明らかに
以前の様にお食事を頂いて
美味しいと思える感覚が
蘇ってきたので、
さすがにこの時は
本当に嬉しくて、嬉しくて・・・・・

言葉にできない喜びを
感じた瞬間でした!!


やはり
お食事をいただくことでの喜びや、
ホッとする感覚は
私たち人間にとって
とても大切なのだと
改めて実感していきました。


また、料理の楽しさや
お食事を頂く意識について
深く考えさせられました。


そして、嬉しい事に、
野菜スープを食べる事で
体全体が温まり、全身の血流が
上がって行くのも肌で感じました。


今、とても重要なことは、
『血流を上げる』ことでもあるので
この感覚を味わえたことで
この日から毎日、
野菜スープを作る事にしました。


食事の量も
通常の7割ぐらいにまで
戻すことが出来ました。



患部の耳だけではなく
全体的な機能が着実に
改善していっているのが、
体感として分かり、
毎日が発見の連続になりました!!     



『この期間は悪化するよ』と
お医者様から
言われていたにも関わらず・・・・・

悪化するどころか、
毎日、日々
機能が戻ってきている感覚を
発見する事が出来ました。




また、
『この期間は悪化するよ』という
常識的な考え方も
ミツさんのヒーリングにより
一緒に吹き飛ばされている様にも
思えました。



ヒーリング
私たちの集合意識に
根強く組み込まれている
常識的な意識を超えていく
不思議なパワーがあります。


常識も医学も
大きく高く飛び越えて
日々、着実に元気になっている
自分と出会えています。



つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/


     

Vol.28 『ハートチャクラが完治を決める!』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.28
『ハートチャクラが完治を決める!』
■ 7月13日(水)

──────────────────

■ 7月13日(水)


今日は7月13日です。

体調が悪くなってからちょうど
10日が経ちました。

症状が出てから、
10日から2週間の間は
悪化の一途をたどると
お医者様から言われています。

日程的には
17日までと言われているので
まだ、4日もあります。

本当にこの期間は
とても長く感じました。



今日もミツさんは午前中から
遠隔でヒーリングをしてくれました。

この日は『副腎と腎臓』
ヒーリング
主に行ってくれた様です。

この時はヒーリング中、
ずっと寝てしまいました。

ヒーリングを受けると
どおうしても眠くなってしまいます。



また、
今日は歩いて3分ぐらいにある
タリーズへ行ってみました。

体調が悪くなってから
初めて、お店に行きます。



まずは、マスクで口元を隠し、
サングラスで目元を
隠してから行きました。

もちろん、この日も
めまいで足元はフラフラです。

歩いて3分程の近所の場所でも
果てしなく遠くに感じました。


少しでも動いた方がいいので
フラフラしながら
往復の道を歩きました。


帰ってくるなりめまいが強く起こり
頭の中をグルグル〜と
大きな円を描き出し・・・・・

その感覚に耐えられず
すぐに横になってしまいました。


めまいが落ち着くまでは
横になり、安静に
するしかありませんでした。


顔の表情は
かなり改善しているのですが
めまいが強くて、強くて・・・・・

ずっと強い船酔いの様な
状態が続いています。



船酔いの強いバージョンなので
携帯で文字を打ったりすると
吐きそうな感覚になってしまうので、
必要最低限のメッセージしか
送ることが出来ませんでした。


この時は少し
メッセージを書くだけで、
30分ぐらいかかっていました。

感覚でいうといつもの
LINEを打つ速度の
8倍ぐらいかかる感じでした。


また、ある程度長い文章になると
50分ぐらいかかってしまい
その後はめまいの強さで
1時間以上
寝てしまう状態が続きました。


何をするにも一苦労で、
とにかく一つ一つ
必死で行うしかありませんでした。



そんな中、
この日はミツさんから
こんなメッセージが届きました。


↓↓↓↓↓↓↓


最後は、ハートチャクラ
完治を決めるらしい!

肉体、精神、感情
バランスをコントロールしてるのが、
『ハート第4チャクラ』

ハートを癒すように
意識して下さい!!


バランスを取るかどうかは?
みやこさん自身が決めるらしい。


頼むよー

完治許可
出してくださいよーーーーー!



ハートが決める。

オーナーは
『ハートチャクラ』

一体感を持って、完治する。


考え方がごちゃごちゃしたり
すると治りにくい。

あがなったり、
過去のわだかまりがあると
ヒーリングを阻害する。


呼吸もハートを意識する。

脳と顔の神経が指令を出す。


脳からのメッセージで動かすして、
血流が上がる。

楽しい気持ちで動く。
細胞が動くとイメージする。


ハートがオーナー、
脳が社長、
神経などは現場の部隊。


chakura-04A-heart-chakra.jpg


イルカも
応援してくれている!!


みやこさんを
海の中に連れて行って、
超音波を送ってくれている。


ーーーーーーーーー


このミツさんからの
メッセージを読んで、


こんなにフラフラで歩くのもやっとで
左半分は顔が全く動かないのに、
『完治できるんだ!』と思うと
嬉しくなりました。

また、こんな状態でも
『私は治るんだ!』と
不思議な感覚にもなりました。


今は、少し良くなるだけでも
嬉しくて、嬉しくて、
そんな小さな積み重ねの中を
過ごしていました。


また、
『僕が完全完治させるよ』
言ってくれたミツさんの言葉を
思い出しました。



この日は、
ミツさんの文章を
何度も何度も読み返して、
ずっと胸に意識を向けて
静かに静かに、
丁寧に胸式呼吸を行いました。


今は、吸って3カウント
吐いて3カウント
呼吸をするので定いっぱいでした。


それでも
横になり目を閉じながら、
胸式呼吸に集中していきました。



肉体も、
精神も、
感情も、
バランスをとっているのが
『ハートチャクラ』

ハートを癒す様に
ずっと意識を向けていきました。



すると・・・・・

イメージの中で、
顔の表情が柔らかく動き出す
感覚が湧き上がってきました!!

その感覚にとても
癒されていきました。


完治の許可を出すのは
自分なのだと
改めて実感しました。



また、ずっと側で
守ってくれているイルカ達
今回も私を
守ってくれているのだと思うと
心強くて・・・・・

海の中まで連れて
行ってくれているのだと思うと、
イルカを愛おしく感じました。

f5ff365bf9080f942e5e2a6debab8c12.jpg



つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/

     

Vol.27 『硬直した表情が柔らかくなる感覚』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.27
『硬直した表情が柔らかくなる感覚』
■ 7月12日(火)

──────────────────

■ 7月12日(火)


12日の夜、
美輪KINGが
今の状態を動画で
撮影してくれました。


ミツさんが
頭をヒーリングをしながら
美輪KINGが
表情の動かし方について
誘導をしてくれています。



↓↓↓↓↓


【目】
無意識に目を閉じると、
瞬間的に右目だけが
閉じてしまいます。


左目はまだまだ固まっていて、
目が開いたままで動きません。

また二重の
大きさも違っています!!

右目の二重の方が大きく
奥行きもありますが、
左目の二重の
大きさは最近ずっと
一定に保たれたままです。




ですが、
この頃から力を抜いて
左目に意識を向けると・・・・・

静かに静かに左目が閉じていき、
半分以上は目が
閉じるまで改善してきました。

ガチっと硬直し
固まっていた左目が
かなり、柔らかくなった様に思えます!


1番は、力まずに
左目に意識を向けることが
できる様になった事です。


完全には閉じ切りませんが
柔らかくなっているのは
その為ではと感じています。


【口元】
左の口角は、
やはり上に上がってきました!!

当初は、口角が明らかに
下りきっており、
飲み物を飲んだ時に溢れるぐらいでしたが
今は少し口元をおさせるだけで、
こぼれなくなりました。

ですが、『笑顔』は
もちろん作れません。

『笑顔』を作ろうとすると
右側の口だけ上がり、
左側の口元は上がることはありません。

基本は『イー』の
口を作ることができないからです!!


また、普通にしていても
右と左では非対称で、
少し右側に引っ張られている様な
バランスになってしまいます。


【頬】
左側の頬はピクリとも動きいません。

特に目の下は全く動かずです。


【眉】
眉は下にも上にも全く動きません。

特に目を大きく見開こうとすると
めまいが強くなり、
すぐに横になりたくなります。


顔1


9日の夜からヒーリング
スタートしましたが、
この4日間で
悪くなるどころか・・・・・

着実に
改善に向かっています!!



入院もすることなく、
悪化も防げています。


硬直していた表情が
少しずつ柔らかくなる感覚が
自分でも感じられる様に
なっています。


表情だけではなく
1番は、精神的な不安が
和らいている様に思えました。



下記がその当時の
リアルな動画になります。
↓↓↓↓↓




つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/


     

Vol.26 『ハント症候群で視力低下へ』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.26『ハント症候群で視力低下へ』
■ 7月12日(火)

──────────────────


■ 7月12日(火)


12日で1番気になるところが
ありました。



それは・・・・・

『目の痛み』です。


OGG19-03-072-2.jpg



本来ならば、
左耳が患部としては気になり
顔面神経麻痺が
症状としては大きいのですが
『痛み』としては
『目』が1番気になりました。


前回の薬の内容でも書いた様に
顔面神経麻痺により
寝ている時でさえ
ずっと左目が開いたままの状態に
なってしまいます。



そのため、
目の乾燥が進んでしまい
角膜に傷がついてしまいます。


点眼薬や軟膏薬で涙を保持し、
目の乾燥を防ぎますが、
目薬だけでは不十分で、
そもそも目を閉じさせて、
目の乾燥を
防ぐことが大事になります。


ですが、自力では
目を閉じることは不可能なので、
専用のテープで目を縦のラインで止めて
開かない様にしていく必要があるのです。



昨日から特に涙もずっと止まらず、
目の乾燥による痛みが
気になりはじめました。




また1番、
驚いたのが・・・・・


携帯電話で
動画を見ようとした時に
目の前がいつもと違って、
モヤがかかった様にぼやけだしました。


何回も目をこすり
携帯に映し出される映像を
直視しましたが、
やはりモヤがかかってしまい
ぼやける感じは治りませんでした。


ずっと耳や顔に
気が取れていましたが、
実は視力も一気に
低下してしまった様でした。



耳だけではなく目にまで、
大きな影響があると
全く思わなかったので
またまた、衝撃的でした。



ドライアイにより
絶えず涙が出てしまい
悩む人も多いですが、
初めてその人の気持ちが分かりました。


また、今の私は単純に
ドライアイどころではなく、
想像以上に角膜に
傷がついてしまったのか
一気に視力が低下してしまったのでした。



日々、当たり前に
行っている事が出来なくなると
不都合な事が1ヶ所だけではなく
あちらこちらかへと
派生していくのだと改めて実感しました。


そこから
私は目薬が手放さずにいました。


小袋に入れて常に持ち歩き
乾燥したり、目が痛み出すと
すぐに眼薬をさしていきました。



また、ずっと手で左目をおさえて
目をつぶっている状態を
作り出そうとする行動が
いつも間にか癖になってしまいました。



気がつくと
ずっと左目を触ったり、
おさえている自分がいました。


つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ

・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/


■ ブログの記事はこちらからご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓
https://mitsusan.jp

     

Vol.25 『ハント症候群のお薬手帳内容』 


─[松永みやこのハント症候群体験記]─

Vol.25
ハント症候群のお薬手帳内容』

■ 7月12日(火)

──────────────────

■ 7月12日(火)


この日は火曜日で、
前里光秀グループ全体が
お休みの日でした。


ですので有難いことに
午前中からヒーリング
ずっと3人体制で行われていきました。


また、この日から
入院するために、
総合病院へ向かいました。

今日も、ミツさんが
病院へ一緒に行ってくれました。

いよいよ今日から
10日間、入院です!!

10日間にわたり、
ステロイド(副腎皮質ホルモン)
高用量点滴を行うためです。


今日もまずは、
耳鼻咽喉科のお医者様に
点滴について
念の為、自宅療養の違いについて
再度、確認をしていきました。


入院でのステロイド点滴は
服用の2倍の量を
投与することになる様です。

また、自宅での療養は
普段の生活をしながら
ステロイドの薬を
服用していくとの事でした。


また、どちらが結果的に
有効なのか?
自宅療養のリスクなどを
聞いていくと・・・・・


点滴によりステロイドの量が
倍に増えたとしても、
それで大きく改善が
見込まれることもなく、
自宅でステロイドを服薬するのと
あまり大差がないということでした!!


ダイレクトに血液に入れていく
点滴と薬の服用との大差がないのが
少し不思議に思えました。



また、コロナのため
一回、入院をしてしまうと、
その期間中、
面会は一切禁止とのことでした。



友達と一緒に
待合場所で待ってくれていた
ミツさんにこの内容を
伝えていきました。



ミツさんは、
17日まで、更に麻痺が
悪化してしまうという状況があり
気が抜けない事。


また、入院中の状況が
把握できないという
リスクを感じていました。

そして1番は、
対面でのヒーリング
出来なくなります!!


私は、強いめまいにより
思考がまともに出来ない状態であり、
自分では決断や判断が
難しい状況でした。

そのため、
電話だけでは今の状況を的確に
ミツさんへ伝えられるだけの
状態ではなかったのです。


また、入院中に私が精神的に
不安定になるのではという心配もあり、
治療方針は、入院での点滴は受けずに
自宅でステロイドを
服薬する事に決まりました!!



私はずっと、
入院して点滴を打たなければと
思っていたため、
自宅療養ができると思うだけで
心が軽くなりました。



改めて耳鼻咽喉科の
お医者様に自宅で療養する
意思がある事を伝えていきました。


すぐさま、病院に隣接している
薬局でお薬の手配を
してもらいました。


ビックリするぐらい
大量に薬が
わたさていったのでした。


薬の種類は下記の通りです。

↓↓↓↓↓↓↓


① プレドニン錠5mg
合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)
顔面の神経に炎症が生じ、
むくみ、血流障害を起こすことで
顔面の筋肉に電気信号が送られず
麻痺してしまいます。

血流障害が進むと神経線維が焦げ出し
神経変性し、死んでしまうためです。

一度変性すると神経線維を
再生させることは困難
となります。

顔面の神経の炎症を抑えるために
『合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)』
効果的になります!!

ステロイド剤は色々な効果を持つ反面、
副作用も強くなります。


② アデホスコーワ顆粒10%
代謝を改善し、血液の流れを良くする薬です。
血管拡張作用により
血流や組織代謝などを改善することで
むくみなどの改善、めまいや
耳鳴り、難聴などの改善が期待できる薬です。


③ メコバラミン錠500μg「JG」
末梢性神経障害の治療剤になります。
ビタミンB12を補い、
貧血や末梢神経痛、
手足などのしびれ、筋力低下などが
おこっている末梢神経障害を改善する薬です。

近年、神経障害には
ビタミンB製剤投与が効果的とされており
ビタミンB製剤の中でも
とくに『補酵素活性型B12』は
末梢性神経疾患に対する
有効性が広く認められています。


④ バラシクロビル錠500mg「JG」
ウイルスの感染症の治療薬です。
水痘・帯状疱疹ウイルス等の繁殖を防ぐ働きがあります。


⑤ ヒアルロン酸Na点眼液0.1%「JG」
点眼薬です。
顔面麻痺により目が閉じないため
乾燥が起きてしまい、
角膜炎になることを防ぐためです。

点眼薬で涙を保持し
安定させることにより、
目の乾燥を防ぎます。



また、この点眼薬の他にも
寝ている時に目を閉じるために使う
テープを買う様に言われました!!

自力では目が閉じられないので
テープで目を止めて
開かない様にするためです。


更に、目専用の軟膏薬の様な物も
眼科で専用に出してもらいました。

こちらも
寝る時の目の乾燥を防ぐためです。



つづく
 
株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ


・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・


■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/

     

333.fm(ミツさん エフエム)第25回目 


333.fm(ミツさん エフエム)第25回放送

#25 突然!亡くなった方とのやり取りから学んだ事

https://stand.fm/episodes/636a1763a5964c24270cff90


前里光秀
     

333.fm(ミツさん エフエム)第24回目 


333.fm(ミツさん エフエム)第24回放送

#24 死後の世界、人気No.1ワード地縛霊の皆さまについてのお話

https://stand.fm/episodes/636a03c72b1bcadaf9882d5a


前里光秀
     

333.fm(ミツさん エフエム)第23回目 


333.fm(ミツさん エフエム)第23回放送

#23 僕が、300回以上、他人の死に立ち会った話

https://stand.fm/episodes/6369ffaeacfe9c2410f3923e


前里光秀