仕組みを知っている人の生き方 

※この文章は、まだ前里光秀研究所のプログラムに
 ご参加されたことのない方にも向けて書いています。










こんにちは、前里光秀研究所の和田一真です。

次の「大学説明会/プログラム説明会 in 東京オフィス」は
今週末に開催します!



5年前に熱海で出会った前里光秀(以下ミツさん)、
その当時は沖縄で学習塾の経営者でありながら
すでに「意識の覚醒」を体験していました。


僕が出会ったミツさん。


顔に近づけた右手と左手のクロスが離れていくように
意識がいくつも分割するような体外離脱と、
見えるものと見えないものを同じように信頼することで
別次元の自分やその人とつながるような透視

そういった技術は基本事項として習得済み、
もう少し先のチャレンジとして宇宙人とのコンタクトもはじまった。



先日、僕が出会ったミツさんはまた別人でした。

その5年間を1日ずつ追っていったなら分かる「かも」しれない境目、
その5年間という短い時間の中で別人のようなミツさん。





今、当研究所のプログラムはこのようになっています。


 一生分の1時間、「前里光秀カウンセリング」
 47時間の顧問プログラム、「特別顧問」
 半年間にわたり創造性を学問として学ぶ、「前里光秀大学」


他には不定期ですが前里光秀ワークショップなどの開催や
交流会パーティーなども開催しています。

「ひとつである」ことの実践として
スピリチュアルを分かりやすくお伝えしています。


今回の説明会でももちろん「今、旬」のプログラムについて
皆様からのご質問を受けながら進めていきます!





ここで、僕が思うこの説明会の見どころについて
少しお話しますね。

それはズバリ、「どんな会社だろう!」



 東京神楽坂の閑静な住宅街に佇む「東京オフィス」
 インターホン押してからのドキドキ感
 島さんがドアを開けてからのほぼフラットな上り框(笑)
 説明フロアは2階、当日はどんなお花が飾られているでしょう!

 そこにはミツさんも待っていて、軽い挨拶のあと
 フカフカのお椅子に座って会のはじまりを待つだけ。



でも、どんな時間になるのかは
あまり分かりません。


「どんな会社だろう!」
と思って参加してください。

笑いあり、情報あり、感動あり
プログラム説明もあります








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








ミツさんのいる空間は「創造の仕組み」

ミツさんの意識の覚醒からこれまでの日々は、
いつも「創造の仕組み」とともにあった。





 「このリアリティは望んで望んで望んだリアリティ

 「人は生まれながらに価値は満タンなんだ、それが前提なんだ」

 「本人の許可なく人生を変えることはできない。それはガイドだって同じだよ」

 「与えたものは必ず返ってくる。でもその受け取り方は変えられる」

 「笑いにあるマジック。それは「忘れる」ということ」



 「一真くん分かる?これが仕組みを知っている人だよ」

 「俺は別に大丈夫だよ、別に何とも思わない。むしろワクワクするね」

 「慌てる必要はない。ただそのときを完全に信頼して待つだけ」

 「1人で宇宙を飛んでもすぐ飽きる。みんなでやりたいんじゃない?」

 「別にいい、失敗しても。ただ、やる前から諦めるのだけはやめよう





僕がどんなときでも同じく「在る」前里光秀。



ミツさんが語るどんな言葉も、
いつもそれは「創造の仕組み」でその浸透を表していた。

それは当たり前にこれからも続いていく、
毎瞬々々切り取られる「創造の仕組み」とその欠片

ミツさんはいつも「創造の仕組み」で生き
ミツさんはどんなときでも「創造の仕組み」を語る



それは説明会であってもそうでなくても、
つまりそういうことなんです。



その不思議さ奇跡笑いも含めて、
体験しないと分からない。



「大学説明会/プログラム説明会 in 東京オフィス」
生で触れることできる機会、ぜひお楽しみに。

CHANGE! CREATION! CHALLENGE!!









株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事