「前里光秀大学 創造学群Ⅰ類 進化生態学系 特別研究科 特別研究生」 

「前里光秀大学 創造学群Ⅰ類 進化生態学系 特別研究科 特別研究生」





4年前から「前里光秀大学」の構想にあったのは
「創造の仕組みを学問として学ぶ場所」

そしてそれはそれからの間、
常にミツさんとの深い合意として
「新しい学問をつくる」はありました。


そして「前里光秀大学」の開学より前に
「前里光秀研究所」(現:株式会社 前里光秀研究所)の設立があり、
大学の機能に含まれる「研究」も進められることになりました。

それからミツさんがフルトランスチャネラーとなり、
未来の先生、SANからのサポートもあり
2012年10月に「前里光秀大学」開学。



やはり、というか
そこではいくつもの新しい定義が打ち出され
「大学」「学問」「研究」という枠組みの中で
「進化生態学」は「学ぶ」という意識ベクトル
強烈に強化されたように思います。

その「学ぶ」の中でも
それぞれの興味のある専攻がさらに絞られる中で
「学ぶ先の研究に成果を上げたい」という意識のはたらき
が見えてきたことは、ある意味自然なことかもしれません。


 「潜在意識」「豊かさ」「性」
 「前里光秀カウンセリング」「透視」…



「進化生態学」で捉える領域を見つめていくと
それぞれの人生で特に活かしたいテーマが見つかります。

もう一度、
それは、「学ぶ」の「先」です。





そして誕生したのが、「特別研究生」





「前里光秀大学」が有する
「創造の仕組み」専門家、研究施設(沖縄本社・東京オフィス)
を活用し、「学ぶ、の先」を実践する

「実学」としての「進化生態学」は
前里光秀大学で存分に堪能できるでしょう。

「特別研究生」は、主に「研究」の側面を「実践」
プロフェッショナルとしての道を進むためのプログラムです。

そこは、「即実践、即進化」とは違う
突き抜けるくらいの重量の効いた「思考」が必要
なプログラムになっています。



特別な縛りがあるわけではありません。

でも、「研究する」とは
そういうことです。

これは「好き」ではないとできない
だから「好き」だったらできる



そういうシンプルが
表現としてかたちになった「特別研究生」




正式には
「前里光秀大学 創造学群Ⅰ類 進化生態学系 特別研究科 特別研究生」
です。















株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事