2013.3.10 フルトランスチャネリング講義記録② 

SAN  あなたの「観念」「信念」「データ」わかりますか?
     あなたの心の中には図書館があります。

     この例えわかりますか?

Aさん  はい。

SAN  その図書館の中に
     あなたのすべてのリアリティは詰め込まれています。

Aさん  はい。

SAN  そのどこに恐怖心を挟めるんですか?

Aさん  はい。

SAN  「見つかる」「見つけられる」
     その前に「すべてもっている」ということです。

Aさん  …。

SAN  「あなたは自由である」
     ということを知っていますか?

Aさん  はい。

SAN  では、そのあなたの心の中にある
     図書官の中に入って好きな本を1冊だけ取って来て下さい!

Aさん  はい。

SAN  そのタイトルを読んでみてください。 どうぞ!

Aさん  「恋愛」

SAN  「恋愛」のなんですか?

     その先に言葉があるのがあなたには見えませんか?

Aさん  「幸せ」?

SAN  「恋愛の幸せ」ですか?

Aさん  えっ、なんだろ…恋愛…。

SAN  私たちから1つの概念をプレゼントしてもいいですか?

Aさん  はい!

SAN  あなたが取って来た本のタイトルは
     「恋愛のプロ」です。

(一同驚く)

Aさん  えぇ…? ありがとうございます(笑)

SAN  いいですか?

     この瞬間にあなたのリアリティが変わっています!

Aさん  はい。

SAN  どこで努力をしたんですか?

     あなた方の大好きな努力とはどこに挟んだんですか?

(一同笑)

Aさん  いやぁ…ありがとうございます!(笑)

SAN  あなたの今…今好きな色を教えてください!

Aさん  黄色です。

SAN  はい! いいですか?

Aさん  はい。

SAN  「恋愛のプロ」というタイトルの
     その本の色は「黄色」

     どうですか?

(一同うなずく)

Aさん   はい(笑)

SAN  1ページ目の色は「ピンク色」です。

Aさん  はい。

SAN  どうですか?

Aさん  はい。

SAN  その次が「オレンジ色」です。

Aさん  はい。

SAN  そしてあなたは我慢できずに
     クライマックスの「赤」を真ん中にもってきました!

Aさん  はい。 我慢できず…(笑)

SAN  欲張りです!

(一同笑)

SAN  ですがあなたのリアリティの中には
     1ページ目からすでにすべてのページを
     「赤色」に変えることもできます。
 
Aさん  はい。

SAN  どうですか?

Aさん  はい。

SAN  380ページすべて
     「赤色のページ」になりました。

     どうですか? 380人に見られる気分はどうですか?

Aさん  …。

SAN  どうぞ! どうぞ! どうですか?

Aさん  嬉しいです(笑)

(一同笑)

SAN  あなたは今、どこにいますか?

Aさん  どこに?

     えーっと、どこに…具体的にですか?
     えーっと…表参道?

(一同笑)

Aさん  あ、五反田です。

SAN  はい! 間違いです。

(一同笑)

SAN  「恋愛の中」にいるんじゃないですか?

(「おぉ!」という歓声がわく)

SAN  私たちに「見える」方は誰ですか?

Aさん  私たちに見える方…相手ですか?

SAN  はい!

Aさん  えーっと…。

SAN  あなたの心には誰が存在しているんですか?

Aさん  …あぁ…はい。 感じ合いたい人。

SAN  その方を私たちはすでに知っています。

Aさん  (笑)

(一同ざわつく)

SAN  いいですか?

Aさん  はい。

SAN  その方をどうしたいですか?

Aさん  「どうしたい」ですか…(笑)

     えーっと…どうしたい…えーっと、「触れたい」

SAN  もう一度どうぞ!

Aさん  「触れたい」です。

SAN  あなたはすでに触れています。

Aさん  そうでした…。

SAN  ではその後、どうしたいですか?

Aさん  うーん、「一緒にいたい」です。

SAN  「一緒にいる」ということはどういうことですか?

Aさん  うーん…。

SAN  あなたは既に同じリアリティの中に暮らしています。

     それ以外で「一緒にいる」ということは
     どういうことをさしているんですか?

     あなたが今「一緒にいたい」という定義は
     どういうものですか?

     今つくりあげてください!

Aさん  うーん…「同じ空気を感じたい」

     「感じ合いたい」…定義…。

SAN  それは「酸素」「二酸化炭素」「窒素」の話ですか?

(一同笑)

Aさん  そうでした(笑) うーん…。

SAN  どういうことですか?

     あなたの心が決めるんです。

     今あなたがお話した定義は
     別のリアリティから引っ張っています。

     わかりますか?

Aさん  うーん…。

SAN  それはあなたの観念ではない可能性があります。

Aさん  うーん…。

SAN  あなたは「先ほど」という「瞬間」から
     「恋愛のプロ」という本を380ページも読みました。

     そしてあなたは既にプロになっているはずです。

     そのあなたが「一緒にいたい」とは
     定義がどういうことになりますか?

     あなたが決められます。 どうぞ!

Aさん  同じイメージをもって…それを体験する。

SAN  「体験する」とはどういうことですか?

     あなたの中にあるイメージと
     その方の中にあるイメージを共有させ、
     その後に「体験する」とはどういうことですか?

Aさん  体験するということ…うーん…体験する…。

     どういうことでしょう…えーっと…「飲み込む」?

SAN  いいですか?

Aさん  はい。

SAN  あなた方の地球には「共有」という概念を、
     その先にある概念を掴まねばならない
     という観念が存在しています。

     しかし私たちの惑星からあなた方の惑星を見ると
     共有することが既にゴールであるという概念、
     あなた方のリアリティの特性が入っています。

     わかりますか?

Aさん  はい。

SAN  「既にあなたはゴールをしている」
     ということになります。

     ゴールをした先のゴールを探す、
     これが「迷子」という言葉に表現できます。

Aさん  (笑)

SAN  あなたの近くに交番はありますか?

(一同笑)

Aさん  あります。

SAN  急いで行ってください!

Aさん  はい!

SAN  NEXT!









2013.3.10 フルトランスチャネリング講義記録②

wa-ku.jpg
     

関連記事