「学問のすすめ」 川崎春子 

「学問のすすめ」





「創造のしくみを知り、伝える人になりたい」

という思いで
6ヶ月前の私は前里光秀大学の第一期生募集の
エントリーシートを記入し終えたまま
パソコンの前で固まっていました。

<何か取り返しのつかないことをしようとしているのではないか?!!>
と怖くなったのです。

ただ、私の中のもう1人の私が
<怖いものほど、あなたの本当にやりたいことだよ>
といい「きゃ~!」と言いながら、
申し込みボタンをクリックしたのを懐かしく思います。




前里光秀大学の講義&別科は
学べば学ぶほど、知れば知るほど、行動に移せば移すほどに
今まで知らなかった自分を知ることになり、
それが自分の創造性につながり
もう以前の自分には戻れなくなります。

大学に入ってから最初の2ヶ月は
自分自身を見つめることが苦しいと感じましたが
今思えば、大学の講義はそれを考慮して、
色んな側面から「基本に戻る」という「基本」の
「変化・創造・挑戦」をしっかり教えて頂けたので、
それを使って乗り越えることが出来ました。

とても心強かったのは、
他の受講生の皆さんとその思いをシェア出来たこと、
その後に知ったミツさんはじめ前里光秀大学の皆さんが、
そんな私に分からないように
しっかりと見守っていてくれた事でした。






私の中で閉じていたものが、開いた瞬間でした。






価値満タンになるための講義を聞いているのに、
何故か苦しんでしまう、
という真逆のことをしている自分に苦笑します。


大学の講義と別科を両方受けることで、
私は変化のスピードを感じています。


別科は個人の持つ観念を
具体的、且つ、高い抽象度をもって、
本人の潜在意識に響く言葉で伝えてくれます。

その度に自分のもつ抽象度の低さを知ることになるのですが
自分に伝えられたメッセージを行動に移すことで、
その観念の定義が書き換えられたり、
手放せたり出来るようになり、
自分の日常も抽象度を高くもって、
見つめることが出来るようになるので
今までだったら一喜一憂していたことにも、
動じることが少なくなってきました。



大学の講義と別科、そして受講生の皆さんの変化、
それぞれが掛け算され、知らないうちに、でも確実に、
創造のしくみを使った体験ができるように
させてくれているのだと感じています。



今まで、どれほど自分が何も感じようとせず
生きてきたのかが分かるのですが
何も感じてこなかった自分にフォーカスするのではなく
<そこに気付いた今からどうするのか>
ということが大切なのだと教えて頂き、
心が軽くなっていきました。





「創造のしくみを知り、伝えたい」
という思いから始まったのを
努力した自分に満足し、それに埋もれて
忘れている自分もいました。

ミツさんはじめ前里光秀大学の皆さんに
どんなに教えて頂いても
自分が最強の意思のもとに<行動>に移さなければ、
何も始まらないし、何も変わらない
のだと、痛感しています。




更なる変化を恐れて行動に移せず停滞している私を、
勇気づけたのは、同じ受講生の方の実践している声でした。




その声に感化され行動したその先に、
まだまだ自分の知らない豊かな変化(エリア)
があることを知りました。


私もその集合意識に触れたい、変化したい
と思えたのです。


受講生の方の実践している声を聞かなければ
そして、その方の声をミツさんと前里光秀大学の皆さんが
ブログで届けて下さらなければ行動に移すことも、
その豊かな変化(エリア)を知ることもなかったのです。




 「変化することは楽しいこと」

 「日常の集積が潜在意識を変える」

 「創造性と行動の出口を楽しいにする」




ミツさんからのメッセージはまだまだ沢山あります。

創造のしくみを知るということは
全てがひとつである=価値満タンである
ということを


  自分の日常の瞬間瞬間で体験できる
 =シンクロニシティを体験し続ける


ことなのだと感じています。




感じることは、創造すること
創造することで、自分の日常を創っていく

自分の日常を創るということは、
自分の変化(エリア)を拡大すること

自分の変化(エリア)を拡大するということは、
行動に移すということ、遠慮せず。





半年前の
<何か取り返しのつかないことをしようとしているんじゃないか?!!>
と不安になりつつ申し込みボタンをクリックした自分
を誉めてあげたいです。

そして、そんなカチコチの固い私を仲間としてくれた
受講生の皆さんと出会えたことに感謝しています。

そしてそして、私の潜在意識に遠くから近づき、
<ここだよ>と印をつけ、その余韻の広がりで、
私に気付かせ、信頼し、見守ってくれたミツさんはじめ
前里光秀大学の皆さん、ありがとうございます。







これで、終わりかのような文章になっていますが(笑)

これから始まるワークショップin表参道、
残りの講義や別科を楽しんで
豊かな時間にしていきたいと思います。




2/16(日)の夜中、
<遠慮>を燃えるゴミに捨てた私は
変化(エリア)拡大中ですが
色んな思いをワクワクに変えて行動し、
楽しんで伝えていきたいと思います。


行動に移した、その先に感じる創造性が
自分の日常を豊かにし
そして自分の周囲の人達をも豊かにすることにつながる。






まだ見たことのないあなたを体験してみませんか?







そして、そのスイッチのある秘録の場所を
前里光秀大学で見つけてみませんか?












前里光秀大学 創造学群Ⅰ類 進化生態学系

第1期生 川崎春子


wa-ku.jpg
関連記事