矛盾の音楽体験 

先日、「音楽」に触れる機会がありました。

とても感動したので、お伝えします。









僕はミツさんに連れられ、
ある方のお宅にお邪魔しました。

その方は音楽に造詣が深い方で、
究極の音場空間を求め、自宅の一室を
リスニングルームとして「聴く専用の部屋」
にしています。


そこで、「音楽」を聴きました。

はじめての体験です。








本当に立体的な音楽を聴くと
それに合わせた美しいビジョンまで流れてきたり、
それを少し続けていると何かがすり替わったような空間。

また、一瞬にして音楽に全身のオーラエリアを包まれる体験が
時間の概念を忘れるように宇宙を体験するということ。

そのときに全身で感じた波は、
体外離脱で抜け出した意識のようでもありました。

あるんですね、そういう音楽。







でも、もっと感動したのは
その「音楽」の本質。







その方はたしかにこう言っていました。


 「優しくて鋭くて強くて…
  矛盾が成り立つのが音楽なんです」







「優しい」「鋭い」「強い」

少なくとも「優しい」は
尖ってないし、強烈でもない
と僕は思っていました。

でも、それが成り立っている。



たしかに言われてみれば、
僕が聴かせていただいた音楽の色として
そのいずれかが強かったり弱かったりしても、
同時にすべてが強いような瞬間もありました。

特にモーツァルトの音楽を聴いたとき
(もちろんこれまでも聴いたことはありますが、
 その音場空間で聴くモーツァルトは別でした)
そのリズムはどこまでも優しく、
そのリズムはどこまでも鋭く、
そのリズムはどこまでも強い。

そう感じたんです。



これは僕なりに、適当には言っていないんですよ。



「リズム=波」ですから、
それはどの音楽よりも抵抗なく入ってきたので、優しい。

また、それを聴くと1つの音で上昇する意識が
まっすぐ上まで跳ねられるようで、鋭い。

最後に、その音の「完璧さ」というか「そのままさ」は
なにも言うことができない圧倒的な強さ、でした。


うまく説明ができませんが、そう「同時に」感じました。





だから、「矛盾している」





音楽は分析して聴くものでもないでしょうから、
あまり細かくは話しても仕方ないですね笑


ただ、感動。













僕がミツさんから学んだ情報によると、
リアリティはあらゆる次元で同時進行しています。

この現実の隣では、別の体験していない
現実というものがあります。


でも、体験するのはこの現実だけで
いくつも同時に体験することはありません。

現実という「体験」とは、
すべての選択肢から「選択」した結果。



でもでもでも~
2つを同時に、3つを同時に…もできる。

本当は、いくつも体験して
楽しむこともできる。


それが「リアリティの重ね合わせ」で
いくつもいくつもいいところを盛り込むことも、できる。



すごい!仕組み。



この現実に当てはめようとすると
どうも歪んでしまって矛盾した仕組みですが、
次元が上がるときれいに真っ白なシーツのように伸びるのでしょう。

だからこの現実で矛盾してても大丈夫。






SANはリアリティを重ねることについて、
こう言っていました。


 「あなた方は、そういう存在です」

 「(それは)ただ、遊ぶということです」


つまり、1つの出来事に2つも3つも盛り込んでいくことが
僕たちはできるし、そうして「楽しい」と思える、はず。

「ちくわ」の原理と同じですね(知っている方は知っている)笑
















あの方に聴かせていただいた「音楽」


究極に込められた音場空間は
本当に感じるべきポイントをいろいろ詰め込んで、
同時にいくつもの音や体験をプレゼントしてくれました。

また、それはあの方が試行錯誤されるなかで、
いろいろなアイデアや調整をしていくなかで、
30年以上もの月日を情熱とともに費やすなかで、
素人の僕にも圧倒的に分かるくらいにつくりあげてくれました。


もう、そこまで行ったら「矛盾」ですよね。


だって、あらゆることが重なりすぎていますから
それはもう、一言や1つの定義では表せない。












まとめとして、思いました。


 「矛盾を超えていくと、次元が上がる」


つまり、前提として
矛盾に感じるレベルはそのレベルでの矛盾であって、
その先のレベルでは矛盾ではない(可能性があります)。

少なくとも「音楽」は、それを体現している。


だから制限なく、思考の手を広げて
「受け入れる」という姿勢が矛盾すら超えていきます。









貴重な体験、ありがとうございました。















株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事