前里光秀大学 2013年最初の講義 

【 前里光秀大学 2013年最初の講義 】






受講生の皆さん、お疲れ様でした。

二日酔いの方は
いらっしゃいますでしょうか笑



去る日曜日は2013年最初の講義。



なぜか久々のような感じがして
講義開始前の皆さんの独特のワクワク緊張感が
僕たちにもよく伝わってきましたよ。


課題発表では、中川理事長による「自分理念」プレゼンが
素晴らしすぎてまるで通販CMを見ているよう。

名前の意味・象徴を紐解きながら
「私とはこういう者である」というのを
最大限表現されていたと思います。

創造する世界では「思い」の強さが必要ですが、
中川理事長の先頭きってのプレゼンは
何よりそれが乗っていましたよね。

こちらまで楽しくなりました。



しかし、その後に告げられた「壊す」



思えば「創造」と「破壊」は同時性があり、
意欲的な創造は、目の前の破壊があってこそ。

だから分かりやすく前里は

 「作り上げたものを一旦壊してください」

と言いました。


それを聞いて一瞬硬直されたかも知れませんが、
それが次の高みへと行くための方法です。



そして「壊す」を何よりも実践していた講義。



今回、前里のチャネリングにより
新しい概念・定義が次々と出てきました。

昨年、「変化」「創造」「挑戦」を学び
それを実践してきた皆さんですが、僕を含め
「透明度」だけではそれを理解しきれていなかった
のかもしれません。

透明度を上げていっても、
この世界にある高さの概念が超えられませんでした。

いや、本当は超えることができるのですが、
そこに新しい概念が侵入することにより
より立体的な講義になっていきましたね。



そして、さらに包括。



何とそれらをすべてまとめた在り方が
また発表されました。

意外過ぎる、でも聞いた瞬間
僕は笑いが止まりませんでした。


なぜかというと、それまで
大学で学んでいたことを含め
これまで前里から教わったことすべてが、
その在り方を教えられたことによって超つながったからです。

あの瞬間、僕はパワーアップしました笑

 「地球の重力に感謝です!」






講義後は、受講生みんなで新年会。






途中で席替えもしたりしながら
みんなでワイワイ飲みまくりましたね!


なぜか僕の空いたビールジョッキの
泡の残りがきれいに段々になっていて
さんざん突っ込まれましたが、
別に規則正しく飲んでいるわけではありません。

一定時間ごとに飲んでいるだけです。


また、そこで講義内容についての
「目からウロコ」」「すごい体験だった」「感動した」
を聞かせていただき、こちらも勉強になりました。

人には人の解釈があって、
そのどれが正解とかではありません。

ただただ多感であることが
どんなリアリティからもワクワクを抜き取る、
また、どんなリアリティよりもワクワクがある、
そういうリアリティへとつながります。

ぜひそのまま、あのまま
シンクロに瞬間を重ねて生きましょう。













では皆さん、数日以内に課題メールを送りますので
よろしくお願い致します。

また、受講生ホームパーティーと
2月の通常講義日程はお伝えした通りですので、
その件もご確認を。











株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事