研究生 東京レポート⑨ 

そして会社にいるということは、
その会社が好きでその集合意識に入っていますから、
会社に不満がある場合、そこが見えていません。

それは変な状態・不幸な状態です。


会社に対する不満や上司の悪口は、
「まあ、不満はないんだけれど…」といった
言葉のグレーゾーンもNGです。

その複雑さは人生をガチガチにしてしまいます。

この「会社」の中に自分の使命、自分の個性が入っています。



ターニングポイントを迎えている受講生の方の議題に立ち返ると、
社長が社員に不安な様子を見せるわけにはいきません。

黒字が出るまで寝れないのは社長のほうで、
仕事を任された自分以上に不安なのは、
仕事を任せた社長のほうかもしれません。


「あの人を押し上げたい」という思いが、
結果押し上げられます。

自分の使命を生きるためにも、
自分が所属している場所を立てる。


そして仕事をしているときに、
その仕事をしている自分のあり方を客観視するいい方法があります。

それは、仕事をしている自分のあり方・その仕事に向かう自分の姿勢は
「美しいかどうか」の問です。

常にその美意識をもつ。



一流とは「姿勢」のことで、
一流の人間とは、価値満タンを知っている人のことです。

仕事をしている時間も、その空間・体験を味わい尽くします。

それは創造に対して感謝している状態です。


自分中心というのは組織のマイナスになります。

今の会社で自分がどういうあり方をとっても、
その先で必ず人生は長く続きます。


全体性の時代ですから、
「自分の使命を生きたい」「自分の個性を出したい」、
その思いの表現方法とは、どれだけ人をたてられるか、
ということでもあります。

そしてこれからは、一人一人が人生理念・哲学をもち、
「株式会社自分」というもののキャッチコピーを考える。

というところでその日は講義終了の時間を迎えました。



今は時代の転換期と言われていますが、
どういう時代でも人は様々な方法でそれぞれの表現を使って
全体を押し上げようとします。

その歴史に貢献する権利があるからです。

その高速に躍動する渦の中で、
そのとき自分がどの場所に入って何を表現をするかはわかりません。


どういう表現方法をとったとしても、
そこに「貢献したい」、「自分の使命を全うしたい」
と思った自分の「心」が残ります。

人間の歴史の中では自分の一生は短いかもしれませんが、
その一瞬のきらめきの中に自分の精一杯の思いを込められる、
その喜びを噛み締めて

「なぜ生まれたいと思ったのか」

常に心の深い部分を見て、
僕は自分の使命を全うしたいと思いました。








前里光秀研究所  研究生 比嘉公彦




関連記事