フルトランス上映会の収録日 

「フルトランス上映会」


たくさんの質問ありがとうございます。

収録日は今週の土曜日  12月22日です。

前日の12月21日までご質問の受付をしております。

収録日以降も新年パーティー1月6日当日直前までお申し込みは継続して受付いたします。

よろしくお願いします。

※質問・お申し込みはブログ左上から








実はこの収録日、ある出来事とシンクロしています。

このことについては大学受講者の方から聞きました。

「マヤ暦」をご存知の方は多いと思います。

そのマヤ暦が終わるとされている日が

2012年 12月21日です。

マヤ暦は終わるのではなく、新しいサイクルに入るという話もありますが、

どちらにしても、収録日の2012年12月22日というのは、

あることが終わり、新しく始まる日になっている。


そんな日に宇宙意識SANとの対面。

神秘的な匂いを感じずにはいられない。

始まりの日に、もしかしたら誰も予想できていない、

別の何かが始まる可能性を秘めている。

それだけでもワクワクします。


しかし、実はまったく別のところで、

この日に向けての変化を僕達は感じています。

怒涛のごとくアップされる動画の内容をお聴きになれば、

その意味がわかるようになっています。

動画はブログ右上にも並べました。

上から順番に聴いていただけるとわかりやすいです。



収録終わりに前里が言った一言が物語っています。


「本当に時代が変わってきた」


その意味は、そうでないと、

こんな話を普通に話してブログで公開するということはできない。

そしてもう一つ。


「22日の夜の収録を見てきた」

「これまでにないほど宇宙船が接近していた」


これは何を意味するのでしょうか?

もしかしたら、フルトランス上映会は、

僕達の予想の範囲内では想定できない物語を秘めているのかもしれません。





前里光秀研究所 川満由希夫


関連記事