大学への創造⑥ 努力なしでの、成功 

「あなた方の世界は急速に
 変化を迎えています」


「やりたい」「体験したい」「行きたい」「つかみたい」

「触れたい」「遊びたい」「一緒に遊びたい」「かくれんぼしたい」

「鬼ごっこしたい」「なわとびしたい」「ブランコしたい」


「すべてあなた方が望むまま
 急激な変化が起こるようになっています」









Sanはこの世界で起こるシフトについて
とっても無邪気にこう教えてくれました。


2012年という転換期には
「○○したい」という思いだけが
すべてのパラレルリアリティから
「今」を体験するリアリティを選択します。

そこには一点の曇りもなく
その思いのみが現実をつくっていきます。




Sanによると、人類は、地球は、
この惑星は普通とは違う
「特殊な階層」をもっているそうです。

階層とは上下の概念ですから
通常の意味でのパラレルリアリティが「別の世界」であれば、
階層は「同じ世界」のなかの波動が細かい世界と粗い世界。

今、体験している世界の階層におけるチューニングが
体験していると思っている世界とずれている場合、
パラレルリアリティへシフトするときに
ある種の「事故」のようなものが起きます。

実はそれが、「うまくいかない」という体験です。


「やりたい」ということと「やっている」ことが一致しない場合
または一致する方向性へと歩いていない現実を体験している場合
それは、宇宙でいう「事故」です。



たとえば宇宙人が体験する事故というのは
UFOの瞬間移動において
思考・確信・座標がずれたときに起こります。

あの超光速での瞬間移動は
考えられないくらいの
思考スピード・確信密度・座標精確性
から生まれます。

それがずれたら、交通事故です。








頭と心、体験と世界が手を取り合って重なるとき



San 「何かをつかもうとする瞬間
     その直前において瞬間移動をするようになっています」

    「そのときに、あなた方がしてきている
     “努力”を忘れるようになっています」



ということでした。


「○○したい」と思った瞬間に、
そのリアリティが目の前に広がる(チューニングする)。

そしてすぐ、達成、シフト、新世界。


その純粋なエネルギーで満たされた世界は
時空の制限などを超えるようになっていますが
そういう上位のエネルギーに「努力」という
時間・空間を伴う概念は存在できなくなるんです。

言い換えれば、そのきめ細かいエネルギーラインに
「努力」という粗いエネルギーは到達できません。


努力なしでの、成功


















そして。


この「特殊な階層」は
近い将来、本当に近い未来

「終わります」



















これが何を意味するか分かりますか?



いいことなのか、そうでないのか。

















前里光秀大学まで、あと2日。












前里光秀研究所 和田一真
関連記事