製薬会社のエーザイ、アルツハイマー病の新薬を医薬品としての使用を承認取得! 


─[500人セッション情報]───

製薬会社のエーザイ、
アルツハイマー病の新薬を
医薬品としての使用を承認取得!

───────────────


大手製薬会社のエーザイは、
米バイオジェンと共同開発した
アルツハイマー病の新薬
『レカネマブ』について、
医薬品としての使用を許可する承認を
米当局から得たと先週、発表がありましたね。


これはとても画期的な発表です。

なぜなら、今現在で
健康食品があったとしても
アルツハイマーの症状を
『治す薬』はない
からです。


エーザイは23年度中に
日本でも承認取得を目指し
動いているとの事です。


アルツハイマー病とは、
アミロイドβというたんぱく質の蓄積によって、
神経細胞が減少し脳全体が委縮することで
記憶力や思考能力が失われていく
進行性の脳の病気です。

記憶を司る部位である
海馬から脳の委縮が始まるため、
初期段階では記憶障害が現れます。

これにより数日前のことが
思い出せなくなったり、
新しい出来事を
覚えることも難しくなります。



さて、この新薬は
こういったアルツハイマーの
原因物質の一つとされる
たんぱく質の『アミロイドβ』を
脳内から除去する効果があります。

投与18ヶ月時点で、
症状悪化スピードを27%も
緩やかにする
効果が出た様です。



ですがこの画期的な
治療薬であっても対象者は・・・・・


『早期』
アルツハイマー病患者のみとなります!!


例えば、
アルツハイマーの中期症状により
徘徊してしまう方や、
後期症状により
寝たきりになっている方には
まだまだ効果は難しい様です。



また画期的な新薬であるものの
やはりお薬ですので
『副作用』があります。

まれに重篤な脳出血などの
リスクがあるとも言われています。



さて、この新薬の
お値段の方ですが・・・・・


年間薬剤費は『約350万円』

18ヶ月間投与を考えると、
トータルで『約525万円』ぐらいになります。


小型の軽自動車が4台ほど
買えてしまう様な金額ですね。



現在、世界の認知症患者は
5000万人以上
いるとされています。

更に高齢化が進むため、
2030年には、約8000万人まで
膨れ上がるのでは?と言われています。


ですが、
『約525万円』お金がかかると思うと
5000万人以上の
アルツハイマー病の方がいても、
一部の人のみが受けられる
状態になってしまいますね。

2030年までには少しでも
お薬が安くなることを願いたいです。


高いといえども
こういった画期的な薬が
開発されるのは
とても嬉しい事でもあります。

スクリーンショット



同時に5000万人以上いらっしゃる
アルツハイマー病の方へ
『333ヒーリングをぜひ受けて頂き、
諦めにず病気の改善を
体験して欲しいと考えております。



ミツさんのもとには、
お医者様から見放された方が多く、
『早期』の症状の方の方が
少ない様に思えます。

むしろ重度の方しか来ないのでは?
思うぐらい進行が進んでいらっしゃる
お客様が多いのが特徴です。


そういった、
もう頼るところがどこもないという方々へ
しっかりとヒーリングを行い、
奇跡を起こしてきたのです。



また『333ヒーリング』の嬉しいのが
『副作用がない』という事です!!

『副作用』がなく
安心で安全なのが嬉しいですよね。




さて、2月26日に開催される
一斉遠隔『脳ヒーリング
100名様限定で
3万円
ヒーリング
受けて頂くことが可能です。


受付開始スタートしてから
およそ2週間がたちましたが、
有難いことに80人の方から
お申し込みをいただきました。


一斉遠隔『脳ヒーリング』は
【100人限定】ですので、
残りわずか【20人】ですよ!!



『脳ヒーリング』をぜひ受けたいと
考えていらっしゃる方は
早めにお申し込みをして頂ければと思います。




株式会社 前里光秀研究所
松永みやこ



・‥‥…━━━━━━━━━━━━…‥‥・
  
『500人セッション』や
『脳ヒーリング』の詳細は
 下記のサイトからご確認くださいね!!

     ↓↓↓↓↓↓

https://333healing.asia/5000人セッション/

・‥‥…━━━━━━━━━━━━…‥‥・


下記は関連記事になります。
 ↓↓↓↓↓↓
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0489N0U3A100C2000000/


関連記事