Vol.36 顔面神経麻痺の姿を見ないという催眠療法がスタート! 

─[松永みやこのハント症候群体験記]─
Vol.36 顔面神経麻痺の
姿を見ないという催眠療法がスタート!
■ 7月19日(火)
──────────────────

■ 7月19日(火)


昨日の夜は映画を観て
興奮してしまったせいか、
少し船酔いの様なめまいが強く現われて
頭がグラグラっとしたので
早めに寝てしまいました。


ですが、着実に普段の生活へと
戻りつつあるので
昨日の映画は私にとって
とてもいい刺激になりました。


もちろん今でも、
耳の強い圧や
耳鳴りを感じますが
やはり以前よりも
目の動きはフワッとした
柔らかさを感じ始めています。


ガチっとした固まったものに
暖かい熱や意識が加わったことで
少しずつ溶けていき、
血流も流れだし、
顔全体のサイクルが
動き出したイメージです。


着実に私の表情は
改善していったのでした。



またこの日は朝覚めてすぐに
ヨガの呼吸法である
『カパラバティ呼吸法』を行いました。

呼吸1


自分でもリハビリを
しっかりと行うために
やれることは何でもやろうと、
『カパラバティ呼吸法』にも
チャレンジしていきました。


以前、リウマチのお客様に対しての
レッスンの音声があったので
それを聞きながら行なっていきました。


『パンピング 』と言って
腹部を強く凹ましたり
緩めたりする
動きがあるのですが、
どうしても今の私では
音声のペースについていけず
ゆっくりなリズムの中で
呼吸を行なっていきました。


ですが、これでは
リハビリにならないと思い、
カウントのペースはゆっくりのままで、
強度だけは高めにしていったのです。


途中からスイッチが入った様に
渾身の力を振り絞り
吐く息も強く、
また腹部もしっかりと
引き締めて動かしていきました。


吐く息の時に
どうしても頭がグラングランと
強く揺れる感覚になってしまい
めまいと重なって2回ほど、
呼吸中に気を失いかけてしまいましたが
何とか持ちこたえることができました。


体が自由に動かないなら
呼吸だけでも
必死に行わないと
奇跡は起こらないと思い
ただただ、
必死に呼吸を続けていきました。


今は呼吸だけに集中して
何も考えず
何かを感じても気にせず
吐く息にだけ
意識を集中していきます。


お腹はしっかりと動いてきましたし、
鼻から吐く息も強く
パンピング の回数も
少しづつ多くなってきました。


■  カパラバティ呼吸法については
こちらの動画を見てくださいね!!
↓↓↓↓↓
https://youtu.be/x-wN1_Uzckw



すると・・・・・・


呼吸法により脳へ新鮮な血液が
大量に送られたため
スッキリとした感覚と、
副交感神経が促された影響で
程よい眠さが相交わり、
心地よい感覚になりました。





さて、今日は病院へ行く日だったので
ミツさんが朝早くから
友達と一緒に家に来てくれました。


また、この日は病院へ行く前に
ある提案がミツさんからありました。



その提案とは・・・・・・・


今日から一切
『鏡を見ない』という内容でした!!


これは
『催眠療法』でもある様です。


例えば毎日、
左半分の顔面神経麻痺の状態を
鏡で見てしまうと
その印象が根強く自分の潜在意識へと
刷り込まれてしまいます。


その潜在意識の
インプットを止めるために
今日から家中の鏡という鏡を覆い隠し
化粧も基本せずに過ごす事になりました。


自分の顔は一切見ずに
まずは1週間
過ごす事になったのです。



この療法は
ニキビなどで肌が荒れてしまい
そのストレスで鬱になりそうな
状況にも使える様です。


ニキビで荒れてしまった
顔の印象を一回
鏡を見ないことで断ち切り、
自分の肌が綺麗になった印象を
その期間に植えていくという療法です。


ですが、
その些細な行動の効果はテキメンで、
なかなか改善しなかった
顔の肌荒れが一気に良くなっていくのです。




また、この手法はダイエットにも
効果があります!!


例えば毎日、
自分の体型を鏡で見ながら

『太ってるな〜』
『お腹が気になるな〜』と思ってしまうと
それが潜在意識へ蓄積されていき
ますます体重が増えてしまいます。


ですので、ある一定の期間は
鏡を見ずに過ごしながら、
自分のセルフイメージを変えていくのです。


その期間中は積極的に
理想のシルエットをイメージして、
お気に入りの場所で
着てみたかった服を着て
楽しく過ごすイメージをインプットしていきます。


すると、
増え続けていた体重が
みるみるうちに落ちていくのです!!

shinri-kagamisugata.jpg


この『催眠療法』を活用して
私も今日から一切、鏡を見ない
生活が始まったのでした。





最近は外に出かける時に、
必ずサングラスをしていたので
お化粧のことは気にせず
日焼け止めだけを塗って
過ごすことにしました。


最初は人に会うのに
眉を書かなくて良いのかな?
などとても気になりましたが、
今の自分の顔を見なくて良いんだと思った瞬間、
気持ちがス〜っと楽になるのを感じました。



毎朝、左側が動かない顔を鏡で見るたびに
気が滅入っていたので、
本当に気持ちが楽になりました。


この日から、
お風呂の鏡も
洗面台の鏡も
姿見の鏡も
玄関の鏡も
全ての鏡に大きなタオルで覆い隠し、
顔を見ない生活が
スタートしたのでした。


株式会社 前里光秀研究所
松永 みやこ


・‥‥…━━━━━━━━━━━━━…‥‥・

■ 『ヒーリング』について
ご興味ある方はこちらから
松永宛へご連絡をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.333institute.co.jp/contact-program.html#/
関連記事