価値満タン体験vol.1「透視のセッション」 

東京に着いた翌日には顧問のセッションが2件ありました。

1対1のセッションを隣で見る、

という不思議な空気感の中で始まりました。


透視・チャネリングのセッションを希望されていたので

透視・チャネリングのメカニズムを伝えるところからスタート。

一見、事務的というか、出来事の説明というような内容に感じますが、

実は、そこで事前に状態を緩める仕組みが組み込まれています。

壁を下げると言えばわかりやすいかもしれません。

初めての経験を前に人は、現実的ではない壁を自分の目の前に作ることが多くあります。

今回の受講者の方は予想以上に柔らかく入っていきましたが、

どんな状態でもまずは初めに「壁を下げる」ことはしっかりとやります。

もう少し説明すると、セッションの途中でぶつかる

「視えない」「わからない」という思考に布石を打つということです。



そして透視のセッションが始まります。

透視のセッションは、僕もワークショップの中でやります。

基本の流れはあったとしても、一人ひとり認識や感覚は違うので、

実は、「これが最高の方法だ!」というものはありません。

心をしっかり見ながらゆっくりじっくりセッションを進めていかないと、

場合によっては逆に「できない」を強烈に印象付けるだけで終わる可能性もあります。


そんな中で今回、前里が1対1の透視セッションをやることに

僕は勝手にワクワクしていました。

実は久しぶりにそれを見る機会だったというのもその理由です。

前里自身がどんどん変化、進化している中、

どんな内容になるのか、何か新しい方法が飛び出すのではないか。

その中で受講者の方はどういう変化を手にするのか。

様々な期待の中で見ていました。


しかし、セッションは僕がやることになっていました。


突然のような、予想できていたような… という中でセッション開始。

まぁ研究所内では日常である「突然」だったので、

いつものようにセッションを始めました。


基本的な流れから始まっていきます。

先ほども書いたように、受講者の方は柔らかい状態でセッションに入りました。

とてもスムーズで、特に何も問題なく透視の入り口に足を一歩踏み入れてくれました。

最初の段階では、特に明確なものがないままであえてそこまで到達します。

「透視をする世界」と僕は勝手に名付けていますが、

そこに入るまではスムーズな流れでした。

記憶という入り口から入る方法です。

その世界の中で、受講者の方に「視る」という体験をしてもらいます。

そして次はその世界で動き回る、物に触れる、温度を感じるなど、

その世界の中にゆっくりと馴染んでもらいます。

大まかな書き方ではありますが、実際はもっと細かく進めていきます。

そこまでの流れは僕がこれまでセッションをさせていただいた中で言うと、

とても良い流れでスピードもあったと思います。


そしてその流れの中でチャネリングセッションに自然に移行していきます。

早くも非物質の存在とコンタクトを取ってもらうのです。

受講者の方がなるべく抵抗のない形で進めます。

親しみの持てる存在、たとえば亡くなった身内の方などをイメージしてもらうところから始めます。

初めはその世界の中にいる方の顔や着ている物、雰囲気をゆっくり視てもらって

こちらに伝えてもらいます。

そして流れは「チャネリングの一歩手前のようなセッション」に入っていきました。

これも僕が勝手に名付けています。

そのセッション内容を簡単にお伝えすると、

その方に質問をして答えをもらうというもの。

しかし、やり方はいろいろあります。

今回のセッションの一部を紹介します。

まずはその世界のその方に、紙とペンを用意してもらいます。

こちらから渡してもかまいません。

そして少ない文字で答えられるような質問をし、

その答えを言葉ではなく、必ずその紙に書いてもらいます。

そして、その紙をわざわざ折りたたんでもらうか、裏にしてこちらに渡してもらい、

そこに何が書かれているか目で確認するというものです。

遊びのようなシンプルなやり方ですが、

実はいろんな前提などが含まれる興味深いセッションです。



そのセッションを始めてしばらくしてから、やはり途中の壁は出てきました。

「視えない」「わからない」という壁です。

僕はいつものように、角度を変え、入り口を変え、

様々の支点からアプローチしていきます。

イメージで言うとその壁を少しずつ崩すような作業です。

一気にぶち壊すことはなかなか難しさがありますし、

たとえそうしたとしても拒否反応が起こる可能性があります。

だからゆっくりじっくりやるのです。


しかし、予想以上に手強い壁になっていました。

というのも結局は始まりの時点で、

僕が受講者の方の心のカモフラージュにまったく気づいていなかった

ということが手強さの発端でした。

「予想以上に柔らかく…」というのがそれです。

そうではないのにそうだと思っていたということです。


そんな中でスッと前里がセッションに入ってきます。

もちろん一瞬で空気が変わるのですが、そこから先がとても興味深い流れになります。


一度だけ僕も知っているアプローチから入りましたが、

それはすぐに変わります。


「視えない、わからない」という中で、僕はいろんな角度から「視てください」

と言っていました。


しかしそれを前里は一言

「創ってください」

と言いました。

もちろんその言葉一つですべてを変えたわけではないですが、

そこから状況は一変し、セッションはどんどん深いところまで進み

最終的にその方は「視える感覚」「その世界の使い方」を知ることになります。


アプローチという言葉では軽いですが、初めてそのやり方を見ました。

この方法の中には

「この世界はすべて自分で創っている」

という大前提を元とするエネルギーが使われていて

無意識にそこに意識を向けさせることで、

ある意味では本来の力を思い出すという部分を「透視をする、できる」

という力に変換したような形になったのだと感じました。

とにかくとても興味深いセッションを見ることができて、僕自身とても勉強になりました。

そして、後半は「オーラを触る」というセッションを、

とても良い状態で楽しみながらやって終了となりました。



関連記事