上級ヒーリングワーク4期 4月18日・講義の感想⑤『チャンスに備える』 

夢や目標を実現するときに、自分1人の力で実現するのは難しいので、いい意味で、人を巻き込んでいく必要があります。

人との関係性の中で作り上げていくので、特定の結果にこだわりすぎて、人を振り回してもダメだし、人の意見を聞きすぎて、自分の主体性がなくなるのもダメ。



そして、最も重要なことは…



『チャンスが来た時のために、備えているかどうか』



チャンスは、頭で考えているタイミングではなく、潜在意識的にベストなタイミングでやってきます。

そしてチャンスとは、現在の自分のキャパを越えるものなので、備えがなければ、委縮してしまうのですね。



『チャンスに備えて、その気でい続ける回数を積み上げましょう』とミツさんは話します。


チャンスがきたときに、すぐに『やります』と言える状態を、普段からつくっておく必要があるのですね!



また、チャンスを運んでくる人は、相手に圧を与えないように、スケールの大きさが200ぐらいあるものを、2ぐらいに圧縮して、やんわりと伝えてくるそうです。

弱くして言っているにも関わらず、『一旦検討します』となると、相手も『この人には無理だな…』と思ってしまいます。


更に、チャンスを運んでくる人物は、半年前から機会をうかがっていて、いくつかのテストも行った上で、話をもちかけてくるそうです。

チャンスはある日突然やってくるのではなく、半年前から種まきがはじまっていて、機が熟した頃に目の前に現れるのですね!



宇宙や集合意識も含めて、誰かがじーっとこちらを見ている…

その前提で、人から見られている意識や、目標を実現する『その気』を育てましょう!



比嘉公彦
関連記事