上級ヒーリングワーク4期 3月20日・講義の感想⑩『プラスのコツコツを止めるもの』 

潜在意識の世界では、それがプラスでもマイナスでも、コツコツと繰り返したものが複利で成長する。

獲得したいスキルや能力があれば、毎日1分でも、そのための学習を行い、コツコツと積み上げていくだけ。


簡単なシステムですが、このシステムを知っていても、人がプラスのコツコツをどこかで止めてしまう理由…



それは、

『本当に作用するのかな?』

『無駄なことをやってるんじゃないかな?』

という疑い。


頭のいい人ほど、疑う回数が多くなり、どこかでストップがかかってしまう傾向にあるようです。

バカ正直に、素直にやり続けるシンプルさが、潜在意識をコントロールする上で重要な性質になるのですね!



そして、

●パッと現実化するわけではない。

●本人の変化は、本人にはわからない。

というのも、プラスの積み上げを止めてしまう要因になると思います。


逆に、『疑い』『不安』『自己否定』『嫉妬』などのマイナスのコツコツは、思考の癖やこれまでの習慣で、無自覚に積み上がっているので、いつの間にか『やってもできないかもしれない』『自分はダメかもしれない』という、ネガティブの高層ビルが潜在意識の中で出来上がってしまう。

そうすると、やる前から、動く気力が出てこない。


幸せを実現しても、不幸を実現しても、人はみんな『継続のプロ』であることに変わりはないのですね。

『嫉妬』がやめられないなら、自分自身に『嫉妬』を向けるなど、止められない癖があるならば、その向ける方向を変えるなどの工夫が必要です。



『あれがやりたい』『これがやりたい』という願望があるならば、それが実行できるスキルが必要になってきます。

必要なスキルを得るための積み上げを、毎日コツコツと行っていく。


そして何より、潜在意識をコントロールするスキル、これを毎日積み上げていく必要があると思います。

それがあれば、小難しいテクノロジーの技術や、高度な専門知識をもっていなくても、自分の人生を好きなようにデザインできる。


無自覚にマイナスの複利を積み上げないためにも、潜在意識をコントロールするスキルが、最も重要だと思います!



比嘉公彦
関連記事