上級ヒーリングワーク4期 3月20日・講義の感想⑤『潜在意識はレンタルサーバー!』 

潜在意識は、顕在意識の下にあるのではなく、目の前にあるスーパーコンピューター。
そして、1本のコードで自分とつながっている。

この例えは、潜在意識が自分のものではなく、『借り物』であることを表現しているようです!


三角形の図で表され、潜在意識は顕在意識の下にあると教えられると、自分のもののような気がしますが、上記の例えで説明されると、自分のものではないとイメージがしやすいです。


では、どこまでが自分のもので、どこからが借り物なのか?


それは、自分が死んだときに、死後の世界、輪廻の世界に持ち込めるのかどうかを考えると、わかりやすいかもしれません。

身体は、死ぬとなくなるので、輪廻の世界へもっていけません。また、喜怒哀楽の『感情』も、身体の中に入っている道具、のようなものだそうです!

感情は、道具として使って遊ぶアトラクションのようなものなので、怒りや悲しみ、落ち込みなどで、そこにまかれて、深刻になる必要はないのですね!


そして潜在意識も、転生した先の宇宙で、潜在意識がない宇宙があるので、もっていくことができない。

潜在意識は地球独自のものですが、その歴史は、最初は人間の嘘を少しだけ保管しておくだけの場所だったようです。それが、嘘や隠し事が多すぎて、どんどん肥大して認識できなくなってしまった…

しかし今の時代は、顕在意識と潜在意識の融合が進み、よく言われている『顕在意識5%:潜在意識95%』という比率が崩れているそうです!

これまで、曖昧で漠然としていた潜在意識の輪郭が見えてきたのも、この比率が崩れていることを意味しているのかもしれません。



身体も、感情も、そして潜在意識も、自分のものではなく借り物…

地球で生きて体験するために、想像以上に、私達は色々なものを借りているようです!


では、自分のものはというと、目を閉じたときに、自分自身を意識して感じる、『在る』という感覚。この意識だけが自分のもの。


潜在意識は借り物だからこそ、丁寧に大事に扱わなければいけないし、自分のものではないからこそ、ズレが起きやすいそうです。

丁寧に大事に、正確に扱わないと、自分が思うようには動いてくれない。運用できないということですね!

何かを願ってそれが実現していないなら、それは使い方がズレている…


こうやって順序だてて整理していくと、潜在意識とは何のか?
その正体が段々とつかめてくる感じがします!

この基本的な捉え方の部分を、しっかりと府に落とすこと。それが、潜在意識を正しく運用する上で、とても重要になるようです!



比嘉公彦
関連記事