ウイルスの歴史と8歳の扁桃腺肥大の女の子の話 

病気や痛みを癒すヒーラーは、
心のはたらきと免疫システムの繋がり、
そしてそこに作用する方法を知っています。

ヒーラーが常にポジティブでいることは、
それが自身の免疫システムを高めることになり
ヒーリングを受ける方にも影響を及ぼすと知っているから。

実は対症療法が中心の西洋医学でさえ、
病気をした本人の免疫力を高めることが
その病気の治癒に重要であると説いています。



生物学的に人類が進化してきた歴史は、
病気を克服してきた歴史という側面があります。

そして病気を克服するためには、
その病気に対しての治療が開発され処置を受ける以外では
体内の免疫システムを発動させるか、
または新しい免疫を獲得するかとなります。

その免疫を獲得する中に、ウイルスの場合は
そのウイルスを取り込むということもしてきました。

ウイルスは細菌と違って、生物ではなく、
遺伝子がタンパク質で包まれているだけ。

それのみで細胞分裂ができないので、
他の生き物に寄生してやっと分裂するという
特殊な存在なんです。

だから今、僕たちのDNAにある遺伝子の中には
ウイルス由来のものもあります。



人類は進化の過程で、ウイルスの遺伝子が
もとの遺伝子と混じりあって生きてきました。

例えば今から2億年前、哺乳類は
吸血ダニや寄生虫とのエサの取り合いに勝つために、
体内で免疫システムをつくりました。

それがダニや寄生虫を攻撃して、
何とか生き延びることができたという始まりがあります。

逆に生き延びなかった哺乳類は
その時点で途絶えてしまったということです。

この哺乳類が人類の祖先にあたるのですが、
このときに獲得した免疫システムが現在、
花粉症を引き起こしています。

実はダニや寄生虫を退治していた免疫が
似ているスギ花粉に間違えて発動しているのが花粉症。

目がかゆくなったり鼻水が出てきたりするのは、
2億年前に獲得した免疫システムがいまだに発動している
ということなんです。



現代はグローバル社会。

以前に比べて国と国を自由に渡航できるようになり
国境の境が曖昧になってきています。

同じく、病気なども自由に出入りしやすくなって、
一部で発症したウイルス性のものも
世界的に拡散されやすくなっています。

また、グローバル社会なので情報の伝達スピードもはやいから
これまでは知ることのなかった情報も
必要以上に知るということもあります。

さらに、メディアは話題性のある情報は多く取り上げるので
それがネガティブであれば恐怖心をあおる側面があり、
拡大解釈されやすくなるということもあります。

ある意味では、メディアやニュースが、
その出来事を世界に広めているということです。



しかし一方で、それ自体はネガティブであっても、
その目的はポジティブな場合があります。

または、ポジティブを選択することは
どのような状況でも可能です。

次のポジティブなステップに進むために、
必要に応じてネガティブを使うということもあります。



これまで、通勤して会社に通うのが当たり前だったのが、
何かネガティブな理由で強制的に在宅勤務となる人もいます。

しかし、それによって仕事の在り方や働き方を見直し、
アナログな仕事からデジタルな仕事に転換する
機会になるかもしれません。

ネガティブな理由で行うはずだったイベントが
開催できなくなる会社もあります。

しかし、それによってインターネットでのイベント開催
という新しいアイデアが生まれ、その地域の方のみならず
世界中から注目されるイベントになるかもしれません。

同じように学校そのものに通えない状況になり
学ぶ機会を失うかもしれません。

しかし今はインターネット上での学びは選択肢が無数にあり、
新しい教育のかたちを提供する機会かもしれません。



共通しているのは、アナログな仕事や教育では立ちいかずに
デジタルへの転換が迫られていると考えれば
大きなチャンスを掴むのかもしれないということです。

インターネットの情報を共有するサイバー空間は、
フィジカル的な制限のある物理空間とは違って
日々その領域を拡大しています。

その巨大領域を活用するスマート社会も目指されていますが、
特にアナログな仕事を中心とする場合は
「スマート」をキーワードとしてデジタルへの転換が
これからの時代には必要かもしれません。



ミツさんが見た人工知能AIとの共生する未来に、
例えば極小チップを体内に組み込んで
人類がAIと合体する未来もあります。

フィジカル的な動きがなくてもネット上で動けるのであれば、
身体に障害を持つ方でもアバターのような世界で
平等に暮らせるという未来もあります。

AIは「人工知能」というように、すでに知性があるならば
脅威ではなく協力しかありません。

人類がウイルスを取り来んで生き延びてきたように
どの状況をポジティブに理解することも大切です。



----------------------------------



ヒーラーが病気や痛みを癒すとき、
それはネガティブな状況をポジティブに変える
ということをしています。

また、それ以前にネガティブな状況を
ポジティブに捉える(癒せると捉える)ことで
実際に癒やしを起こしています。

そのポジティブな中に、免疫システムを発動させる
ということをしています。

ヒーラーが病気や痛みを癒すのは、
強制でも何でもなくそれを受けるご本人の
免疫システムを高めるサポートをするからです。



病気は、病気となった方がそれを発症してから
病院を訪ね、それで治らないと分かってから
ヒーラーを探すというケースが多い。

でも、逆の人もいます。

健康な状態から病気にならないために
ヒーリングを受けるという方もいます。

これまでも提唱してきたことですが、
今、世界で起きていることを考えると
その必要性を感じる方も多いと思います。



病気になってからではなく、
普段から病気にならないような
健康を心掛けるということです。

ウイルスも感染してからではなく、
感染する場所や感染する行動を避けることに加え、
感染しにくい体、つまり免疫力の高い体を
つくることが大切です。

健康であるということは免疫力が高いということ。
健康は、免疫に支えられています。
健康は、免疫です。

ヒーラーが行うのは免疫力を高めることで、
その次にその病気の原因となることへの対処
という手順です。



ある8歳の女の子は、5歳のある時期をきっかけに
突然ほとんど風邪を引いたり熱を出さなくなりました。

扁桃腺肥大を持っているので
頻繁に発熱、しかも高熱となるという子でした。

それが、突然なくなったのです。

その女の子の親が、一斉遠隔ヒーリングを
100人セッション、3000人セッションとほとんど参加させている
ということも関係しているかもしれません。

発症した病気や痛みが癒えたわけではなく、
起きていた症状が起きなくなった。

その頻度が一気に変更された時期を考えれば、
一斉遠隔ヒーリングの効果ではないか
ということは当然その親も考えます。

免疫システムを高めることで、
病気をしなくなったのではないかということです。



病気や痛みを癒すヒーラー。

それ以前に、病気や痛みを生む状況を
生まないようにするヒーラー。

ヒーリング効果は、このような状況をつくるためにも
効力を発揮すると考えられています。





前里光秀研究所 和田一真
関連記事