突然脳梗塞に襲われたある男性の話 【前編】 

学習塾を経営していたミツさんに
突然体外離脱がはじまったのが、2007年7月。

それから宇宙意識存在とのチャネリングが
はじまったのが、2008年5月。

フルトランスチャネラーという
変性意識状態での究極のチャネリングが
はじまったのは、2011年11月。



そして、2016年9月には
病気や痛みを癒すヒーリングが、
いよいよ始まりました。

それからは個別対応のヒーリングと
一斉遠隔ヒーリングという数千人規模のヒーリングで、
病院では対応できない症状を多く対応してきました。



このブログには「記事の図書館」という
4千本以上にも及ぶ過去の記事の一覧があります。

体外離脱からはじまりヒーラーとなるまで
その変遷を見ていただければ、弊社の取り組みの
一端を理解していただけるのではと思います。



今日書きたいのは、ある70代の男性のお話。



その男性は、2019年夏に突然
脳梗塞で倒れました。

ここでは、Jさんとします。
Jさんに突然襲った脳梗塞。

そして、左半身麻痺となりました。



脳梗塞の大きな原因は、
動脈硬化と言われています。

加齢によって硬くなった血管に、
コレステロールや脂質でドロドロになった血液が付着して
血管が細くなったり血流が悪くなったりすることで
血液が固まりやすくなり血栓ができてしまいます。

それが、脳梗塞を起こすのです。

Jさんは高血圧症でもあったのですが、
脳梗塞は生活習慣とも密接にかかわっています。

つまり原因はひとつではないということです。
それが病気の改善を難しくしている側面があります。



ミツさんが体外離脱で見聞きし
チャネリングで調べた情報によると、
病気の原因は簡単に言えばオーラにあります。

実は生活習慣以前に、オーラの乱れが
肉体に影響して次第に病気になるというのです。

「病気の原因は、オーラにある」

理解しがたい部分もあるかもしれないですが、
その前提をもとにミツさんはこれまで3万3千にもの
病気や痛みを改善・緩和、ケースによっては完治させてきました。



それは、これまでも
ヒーリング理論やお客様自体の体験談として
3年半に渡って報告してきました。

そして、その記事を読んだ病気をお持ちの方が
弊社にお問い合わせいただいています。

ミツさんのヒーリングは遠隔ヒーリングなので、
日本でも海外でもどこにいても癒しは起きます。

遠隔医療ならぬ遠隔ヒーリングは、
実はすでに実用化されているのです。



Jさんんは、どうにかして症状を改善していこうとする中で、
偶然弊社のサイトを発見したようです。

昨年末、個別対応のヒーリングの
お申し込みをいただきました。



ヒーリングのご依頼後に
電話でお話しすると、非常に落ち着いた語り口で
聞き取りも問題なく病気とは分からないほどでした。

しかし脳梗塞となったJさんには
左側の顔面麻痺に加えて元からの顎関節症もあり、
発声のみならず食事にも苦労するようでした。

20代の頃にリウマチ熱も発症したことが原因で、
顎関節症以外に関節炎、そして頸椎もあまり動かないと。

それでも不思議と、Jさんの語り口は
非常に落ち着いていて紳士的でした。



ミツさんは病気になることを
「(いつもの)その人ではなくなること」
という趣旨のことを言っていたことがあります。

人は病気をすることで、それまでの
生活も仕事もできなくなり、夢も語れなくなる。

すべてがストップするので、
それまでのままの性格ですらいられなくなる
という意味だと理解しています。



しかしJさんは、非常に冷静に見えました。



スピリチュアルな世界観もまったく知らない中、
病気をきっかけとして積極的に目には見えない世界に
理解を示そうとしていたのです。

そして目には見えない力で病気や痛みを癒すという手法に
異論を挟まず「まずはやってみましょう」と。

そのスピードのはやさについてミツさんにも話すと
すでに透視をしたのか、こう言っていました。



「この方は、とてもパワーが強い方だね。
 うん、効果ははやめに出てくると思うよ」



Jさんが、長く教員を勤めていた学校の先生だということは
ヒーリング開始から数か月経ってから知らされました。





前里光秀研究所 和田一真
関連記事