右脳横静脈洞血栓塞栓症の女性の方の事例 

ところで、最近ヒーリングを受けた
ある方々のお話を書いていきます。





最近ヒーリング依頼のあったある女性。

その女性は、
右脳横静脈洞血栓塞栓症という
脳の血栓が閉塞した病気でした。

耳鳴りからはじまり、顎関節症の炎症、
不眠、食欲不振、極度の頭痛など
いろいろな症状があったそうです。

友人が弊社のヒーリングで
家族とペットごと大きく変化したと、
そういう流れで試しにと。

家族に言っても分からないからと
内緒でのヒーリングお申し込みでした。



それが、たったの3回。

たったの3回のヒーリングで
本人も驚くほど改善していきました。



「私は医療従事者なので、どうしても
生態学的にしか見れませんでした。

しかし、いざ自分が病に倒れ、
まさかスピリチュアルに頼るとは…。

メンタルは身体的不安よりも強いのだと
実感しました」


そう、話していました。

今では、もちろん元気に
仕事をしています。





また、ある男性。

その男性は、アスペルガー症候群の
ような症状がありました。

知人の方から依頼がありました。
ビジネスパートナーの方です。



「彼がこんなんじゃ、仕事ができない」



そう言って、その性格的な症状を
変える依頼をしてきたのです。



○被害妄想がある
○人の気持ちを理解できない
○人を信用できない



など、アスペルガー的症状も
一部は解離性障害と見受けられるものまで
いろいろありました。

そして、これは難しいとされる
本人に自覚がない中でのヒーリング。



数回のヒーリング後、
パートナーである依頼者の方から
興奮気味で報告がありました。



「本人が嫌がっていた
写真撮影ができるようになったと喜んで
話をしていて本当に驚きました!

また、自分のことを理解しない人と
話さない人なんですが、
お酒の席で会話してきたそうです!

それで、私にも
いろいろ仲良くしていきたいと…

いろいろ変化があって、
正直驚いています…!」



前里は、感情ヒーリングと
脳ヒーリングをしています。

この方は、まだヒーリングは
1ヶ月以上に渡り継続中です。





333ヒーリングが、なぜ病気や痛みだけでなく
感情までも癒すのか?

いろいろ、考えていきたいと思います。
関連記事