偉大なる精神たち 

本質には、香りがある。色がある。かたちがある。

それに触れるために
これまで幾多の精神たちが挑んできました。


(前里光秀大学文章より)







例えば古代ギリシアでプラトンは
万物の本質を「イデア」といいました。


この現実世界に起こる事象は常に変化して見えるため
「永遠に同じ」ということはありません。

そこでプラトンは「永遠不変の本質がある」として
理性でしかとらえることができない
「イデア」という世界があるとしました。


つまりプラトンは現実世界とイデア界を
まったく別の原理からできているとして説明しました。

(ただ、善・美・正に触れると
そのイデアを思い出すことができる、ともしています)




今、「創造の仕組み」を知っている私たちは
この二元論が本質ではないと知っています。

しかし、このような偉大な哲学者が挑んだ
「本質とは」という精神性を裏づけする
膨大な著書の前には、息をのんで一歩も動けないほどの
敬意を感じるばかりです。






前里光秀大学は、「創造の仕組み」が教えてくれる
「本質」について学問します。

特殊なのは、その情報源は
思想を超えた「宇宙の叡智」。


700年後の存在です。

よくよく考えると、不思議です。










でも2012年、そういう時代です。











前里光秀研究所 和田一真
関連記事