【肩に槍が突き刺さったような痛みを感じる線維筋痛症の女性へのヒーリング④】 

Cさんは、今度は
1人で東京へやってきた。

外出時、いつもは必ず付き添いのMさんがいるが、
今回は1人で東京へやってきた。



8月4日(土)午後。

前回のヒーリングから、1週間ほど。



ヒーリング後、槍が突き刺さったような左肩の痛みは、
なくなったという。

上半身の痛みも、なくなったという。



しかし、2~3日前に
また痛みが戻ってきた。

指に針金が刺さっているようで、座るのは痛い。

その他、いろいろある。



Cさんは、パニック障害もある。

だから、1人で新幹線に乗るなんて
これまでは絶対にできなかった。

それでも、希望を信じて、来た。



「パニック障害は、治ります。
生きる希望があれば、パニック障害は治るんです。

仕事がない、やりがいがない、その前に
自分の存在価値を知らない。

でも、「治るかも」があれば「治る」んです」



ミツさんはそういうような話をしていた。

ヒーリングをすると、10年来の病気も
驚くほど改善して完治へ向かう。

でも、そのプロセスには
何度か痛みの揺り戻しもある。

だから、何度も何度も回数を
矢継ぎ早でやる。



そのときに大切なこと。



「前向きな気持ち」
「焦らない」



それが大切だと、ミツさんは言った。

そして、ヒーリングに入る前に
こう言った。



「今日も、劇的に改善していきます」



そのための思考法として、
こんなことを。



「痛いのが、嫌だ」
⇒痛いものが目に入る

「痛いのに、飽きた」
⇒痛みから目を逸らす



痛みから目を逸らせば、痛みは終わる。

終わるには、そこに
フォーカスをしないこと。



そんな話をしながら、ミツさんは
実は娘のMさんが縁が深い方だと話した。

いろいろな病気の原因はあるが、その1つは
Cさんが病気になってミツさんに会うためだった。

だから、もう病気である必要もなくなった。



もちろん、他にもいくつも原因はあるが、
その1つ、スピリチュアル観点からは

そういう部分があるという。



すでにMさんが、ミツさんに会って
とても感動していたといい、

「これまでの先生と全然違うやろ?
前里さん信じてやってもらおう」

と、Cさんを励ましている。

YouTube動画で、前里光秀研究所を
見つけたのも、Mさんだった。



ミツさんから告げられたCさんは、
涙を流していた。

支えられているMさんに、
一刻も早く伝えたいようだった。
関連記事