選択肢・無制限・思考 


「選択肢」

シーナ・アイエンガーの実験。



「24種類のジャムを売り場に並べた時と6種類のジャムを並べた場合を比較すると、

前者の売り上げは10分の1しかなかった。」











私達には選択肢があります。




右か左かという単純なものではなく

四方八方という限られたものでもない。

方向で表すと「無数の方向」ということになる。



無数の方向とは無数のパラレルリアリティ

それを選択しながら生きている。

それを可能性という言葉に置き換えれば


「私達には無数の可能性がある」ということになる。


無数の可能性を前にワクワクして生きるのはとても幸せそうだ。

楽しそうだ。その方が生きる気力も湧き上がる



「何も持っていないことはすべてを持っていること」



この言葉もそれとほぼ同じ意味を表している。

無数の選択肢を制限なく自由に選べる私達は

ただそれだけで価値満タンであると。



そしてそれを知った時の高揚感はこれまでにはないモノでした。















でも













「3次元というこの世界でそれは、

100%の真実とは言えないのではないか?」







あえてこう考えてみるとどうなるか。



もしかしたらこれは「真実」の表面を薄く削り取ったような考えかもしれない。

でも、私達は「3次元の制限」を楽しんでいる存在なのだから、

これが「真実」の中心に近いのかもしれない。



どちらにしてもなにが正解かにこだわらずに考えてみたい。

















ジャムの実験からもわかるように


「人はたくさんの選択肢の前ではどうしていいかわからなくなって選ぶのをやめてしまう」


これは「考えるのをやめてしまう」ということになる。

ある程度の制限の中の方が安心すると言っても過言ではない。

これはあくまでも選択肢一つ一つが何であるかを知った範囲での事柄ではあるが、

共通するものがないとは言えない。






私達は無数の可能性を前に「どうしていいかわからない」状態である場合が多い。

それは考えるのをやめてしまっている状態。

思考停止状態ということになる。

わたしたちの生きているリアリティの中では


「思考停止」=「非行動」


行動しないという状態から何かを得るのは不可能のように思う。

そしてその状態を苦しいと表現する場合もめずらしくない。





はたしてそれが「幸せで、楽しくて、価値満タンな状態」と言えるのだろうか。






無数の選択肢を自由に選べることが「幸せ」なはずが

無数の選択肢があるがゆえに「苦しい」のだとすれば







この世界は矛盾しているとしか言えない。








否定的なことを言いたいのではない


「その現実さえも楽しんでいる」


そういえば終わってしまうかもしれない。







でも生きる体験をしている以上、少しでも負に感じる体験はしたくない。

それをぶち壊すような体験を重ねたい。

それは誰でも思う当たり前のこと。


そして「その方法は・・・」と考えたとき、








この矛盾にこそ大きなヒントがあるのではないかと思う。




-------------------------------




「無制限」



「私達はこの世界で制限を楽しんでいる」



それをもとに

この世界の矛盾と制限について考える。




無数の可能性・選択肢があることが逆に

この3次元の世界に生きる私達にとっては負担なのではないかという内容だが、

ある大きな視点から見れば、無数の選択肢すら制限の中にあるだろう。

しかし、今すぐその全容を把握する事が容易ではないのだから、

その範囲の中で模索するほうがスマートだ。



だから、「無数の可能性」とは一切の制限がないモノ。

「無制限」

として考えてみる。






「 制限」を楽しみに来たこの世界で「無制限」を目の前にしている状態を、

僕は矛盾と考えている。

人によってはそれを「苦しい」と表現すると。





しかし、少し視点を変えると、

「無制限」に自ら「制限」をかけることも楽しみの一つなのではないか。

とも思える。



この制限の世界に生まれるのは順番待ち。

ここは大人気の世界である。

もともと生まれる前に「制限の中に飛び込もう」

とワクワクしながら考えているのだから

「自ら制限をかけるゲーム」を用意していたとしてもおかしくはない。




仮にそうだとしたら、この世界での遊び方がまた面白くなる。




仕事を例にしたらわかりやすい。

ルールとして私達はこの世界にあるどんな仕事でもできる。

どの職業でも完璧にこなすことができる。

正確には完璧にこなしているリアリティが存在する。

そこに移るだけ、というのがシンプルな考え方だ。

さらに言うと実際はそのすべての仕事を今この瞬間も同時にこなしている。




しかし、私達の感覚として、最終的に選ぶのは一つであることがほとんど。

1つのリアリティですべての仕事をこなすのは不可能だ。

それにはすでに制限が入っている。

「無制限」は存在するが、その中から「選択する」という制限が入っている。

仕事という1つを例にしても、

やはり制限がある前提でこの世界に来ていることがわかる。




子供の頃はいろんな仕事を夢見るものだ。

しかしそれはどんどん少なくなる、選択肢が減ってくる。

要するに制限がかかってくる。

話の流れでいうと「選択肢を減らしている」「制限をかけている」になる。



その過程である人は悩み苦しみ、ある人は笑い楽しむ。



これが「自ら制限をかけるゲーム」なのであれば

もともと自分で用意したゲームに悩み苦しむのはおかしな話だ。

だから、もともと知っているはずのこのゲームの進め方を知れば

この世界の面白さがまた1つ分かるのではないだろうか。




「ゲームの進め方」




みなさんはどう考えますか?



----------------------


「思考」

シーナ・アイエンガーの実験。


「上司が部下に指示を出す時の方法による評価 」


6個の選択肢から選ばせる 「良い人だけど無能 」

2個の選択肢から選ばせる 「有能な人」


ちなみに「上司が決めたことを指示する」の評価は

「独裁者」

ただし、最後のこのデータはこれからの内容にはあまり関係ないので参考までに。 

(日本人のデータではありません)






「ゲームの進め方」について、この実験結果から話を進めてみる。



なぜ選択肢を絞った上司は「有能」と評価されたのか。

それは、この上司が選択肢を絞るという「制限」を入れたからではないのだろうか。

もともと制限を楽しむ為にこの世界に来ている私達の中には

制限を欲する心があり、それを提供されたことを心が感じて、

それが評価に繋がったのではないだろうか。

上手に「制限」をかけられる人は「有能」
 
自分自身もそうで在りたいという心の作用が

この評価に表れているのではないだろうか。





別の視点。





この上司が選択肢を2つに絞るまでに何をしたと考えられるか。


それはシンプルに「思考」である。


仕事上いくつかある選択肢を2つにまで絞るには

必ずと言っていいほど深い思考が必要になる。

深い思考を超えて絞り出された選択肢の質はもちろん

そこに至るまでの思考という行動に魅力があるのではないか。

また、そこに至るまでの上司の思考状態が、

もともと1つである私達(部下)の心と共鳴したのではないか。




どちらにしてもこの「有能」と評価された上司の人生を考えてもらいたい。

悩み苦しんでいるのか、笑い楽しんでいるのか。

後者であることはほぼ確実。



この上司は、「無制限」ではないがもともといくつかある選択肢に、

「思考」を使って自ら制限をかけて2つにした。

とにかく「自ら制限をかけるゲーム」をしたのだ。

そして良い評価を得た。

この上司は仕事だけではない部分でも「思考」を使っているはずだ。

常に「思考」を使って選択肢を絞り、最終的に選択し決定している。

僕の考えで言うと「制限している」

そしておそらく笑い楽しむ人生を送っている。



ということは



「ゲームの進め方」とは

「思考すること」

という答えが出る。








自分に置き換えてみると瞬間で分かる。

私達はこのリアリティでどれだけ「思考」を使っているのだろうか。

「思考」という言葉さえぞんざいに扱っているのではないか。


この世界にある最高の制限は「時間」

もともと制限を楽しみにこの世界に来ている私達にとって

一番面白い材料であると考える。

その材料を本当に「思考」のために使っているのか。

悩み苦しむことに使っているのではないだろうか。


その1点を思考するだけでも

今選択しているリアリティとは違う体験ができるだろう。




「無制限」の中で書いたように

もともと制限される仕組みの中に来ているのだから

ある意味では自動的に選択肢は絞られ、最終決定がなされる感覚があるだろう。

しかしそうではない。必ず思考はしているのだ。自分で選択しているのだ。

でもそれでは「思考」がゲームの進め方だと言い切るのは違うのではないか。

そういう意見が出るかもしれない。




それも分かるが、僕が伝えたいのは「思考の質」である。




最後に分かりやすく伝えると、

なんとなく、ある1冊の本を手に取り読む人と

無制限の本棚を目の前に深く思考し、選択肢を絞り、

最終的に選択、決定をした上で、ある1冊の本を手に取り読む人。



明確な違いは一目瞭然であろう。
















この世界の面白さは、深い思考と共にある。




前里光秀研究所 川満由希夫
関連記事