「特別顧問」的宇宙観 

こんにちは、前里光秀研究所です。




先週、「特別顧問」の現場に立ち会いました。


特別顧問では、個人顧問プログラムと比べても
圧倒的な時間数で創造についてお伝えしていきます。

初回は前里光秀研究所本社にて
8時間のカウンセリング&講義を3日間
徹底して1対1で行います。



抽象と具体、総論と各論、人類と自分、集合意識と潜在意識…


ミツさんの話は、その間を縦横無尽に往来し
お昼に休憩を挟むつもりが、始まって6時間近く
止まらなくチャネリングが進行していました。



一言で言って、「圧巻」。



仕組みとしては、
例えば具体も抽象も本来はひとつであるのですが
その間を区切ることなく往来する宇宙からのメッセージは
躍動する宇宙の呼吸のように感じられました。


そしてそれを伝え続けるミツさん。

フルトランスチャネラーになった今、
発信するチャネリングメッセージ。

正直、今の僕には
ミツさんがどれだけまた進化したのか
隣にいても想像ができません。

ただ、凄い内容。





今回、特別顧問を受講している方は
「生き方」を探していました。

今の人生に窮屈感を感じていたんですね。
そして、新しく生きたい。

そんな受講者に
ミツさんはこんな話をしました。



・どういう状況で窮屈スイッチが入るか、そしてなぜか
・どういう視点をもっている人か、そして仕事では何に向いているか
・落ち込んでいるもとになっているものは何か
・どうすればイライラしなくなるか
・インフラのありがたさ
・真実に早く到達する方法
・見ている視点の具体的なかたち
・仕組みを使うときに必要な意図
・仕組みを作用させるために必要なこと
・成功の定義



例えば10項目を挙げましたが
これは最初のほんのわずかな時間。

この後、内容は拡大・転換・展開していきます。

その内容については
ブログで公開できる範囲の情報で
お伝えしていきます。






前里光秀研究所 和田一真
関連記事