体験談⑨芹川奈子さん 【前里光秀×ヒーリングワーク(仮)】 

”前里光秀✖︎ヒーリングワーク”に参加しての感想





あなたの前世は”宇宙人”です。

初めて前里さんにお会いして言われた言葉でした。





どういうこと?

と思ったのが今年の1月です。





確かに友人からはよく宇宙人みたいだと言われていましたが、
本当に宇宙人だったとはびっくりです。

そしてもう一つ言われたことが、
前世の私は当たり前のようにヒーリングをしていたとのことです。





ほんの数分前にお会いした方からこんなことを言われ、
また、宇宙人だった私に会ったことがあると言うんです。
今思えば、私の頭の中は??だらけだったと思います。





こんな不思議な出逢いから縁あって
今回のワークショップに参加することになった訳ですが、

ヒーリングなんて本当にできるのかという不安な気持ちと、
同時に、透視やチャネリング、またヒーリングができるようになったら・・・
ワクワクした気持ちもありました。





そんなことを考えていたら、ワークショップの当日に。
私は4日間の参加でしたが、

講義では、





・ヒーラーは”イメージ””腹をくくること”

・決めつけをやめてみる

・情報は100%にこだわる必要がない

・未来は”無限”にあるが”絶対”はない。すべて自分が選択できる

・病気も理由があって自分で選択をしているが、気持ちで治すことはできる 

・すべての出来事には意味があり、どんなことでもプラスに考えたほうがいい

・法則について





など、様々なことを学び、

実践では、





・透視、チャネリング

・オーラに触れる、グランディング、ヒーリング


など盛りだくさんで、とても魅力的なものばかりでした。





ただ、ワークショップが始まってからの何日間かは
どこまで見えていれば本当に見えたと言えるのか、
それ以前に本当に私は見えているのか、

ヒーリングがきちんとできているのか、
など、気持ちがプラスではなくマイナスばかりにいってしまい、
見えるものも見えなくなっていたように思います。





そんな私にスタッフの方から言われたことが、

せっかく見えていても見えていないと自らが消し去っている、
いつか諦めるのだから、だったら早くに諦めた方がいい





100%でなくてもいい、

20%でも30%でも見えたのならそれは見えたということ


でした。





急に気持ちが楽になり、最終日、今までの私が嘘のように
確信を持って見ることができたのです。





私にもできるかも、と思えました。





世の中には病気で苦しんでいる人がたくさんいます。

西洋医学では治すことができなくても、
病気に勝ちたいという本人の強い意志
ヒーラーの病気を治したいという想いで可能性は広がるということを
今回のワークショツプを通じて実感しました。





ヒーラーが増える=幸せな人が増える


素敵なことですよね。





微力ながら私も役にたてるのなら
こんなに幸せなことはないかもしれません。

もともと前世では当然のことのようにやっていたのであれば、
突然力を発揮するかもしれません(笑)





今回参加された方とのご縁と、
このようなワークショップを開催して下さったスタッフの方へ感謝しつつ、
これからも自分と向き合い、
今の自分にできることから始めていけたらと思います。

本当にありがとうございました!
そしてこれからもよろしくお願いします。







【前里光秀×ヒーリングワーク(仮)】
第1期生 芹川奈子
関連記事