暇な波動には、暇な波動がついてまわる 

暇な人よりも、忙しくしている人のほうが、創造性が高いと言います!
限られた条件の中で、リミットに追われている。
そういった危機感、緊張感の中でこそ、
普段眠っている創造性は開花するのですね!

今もっている能力を最大限に発揮しなければ、
次の新しい能力を得ることはできません!

ゆとりをもって持てる重りを何回もあげたところで、
大して筋力は増えません。

心の筋肉を鍛えるのも、頭脳を鍛えるのも、
メカニズムは一緒なのですね!

負荷を感じているときほど、自分自身は順調に成長していると言えます!
忙しさや、ある種のプレッシャーがかかる状況などは、
その人のために用意されたプレゼントです!
チャレンジャーだけに与えられた特権なんですね!

忙しいからこそ、御自ら、
その中で新たにチャレンジを仕掛けていく。

つまり、そのときの忙しくて勢いのある、
高速エネルギーを利用するわけです!

超忙しい人のほうが、バッタバタしていうちに、
あれもこれも実現すると、ミツさんは話していました。

暇であれば、郵便局に行って荷物を送るだけでも忙しい…。
暇な状況には、ある種の危機感をもたなければなりません。

ちょっとしたきっかけで、人の創造力は躍動し、
また、ちょっとしたきっかけで、
創造性はその勢いを失うのですね。

安心は、最も安価な敵です!

難しく感じるときほど、
それがどうやって解決していいのかわからない、
出口の見えない問題であるときほど、
心の意志の力、イメージができない、
その先の世界を見てみたいと、
ワクワクする気持ちを研ぎ澄ませましょう!

どんなに一生懸命考えても、
頭は一週間先の未来しか予見できないと言います!
そのとき、自分の心はどう感じるのか?

好奇心を発動させて、
心のままに、その盟友である好奇心に、
限界を越えたイメージの先まで連れていってもらいましょう!

時に、人格化された概念は、
創造力の泉となって、
強烈に自分をバックアップし、
どこまでも遠くへ運んでくれる、心強い友達となってくれます!






比嘉公彦
関連記事