本当に存在しているのは、「現在」という太陽のみ 

「現在という今は太陽で、未来は月です。
月は、太陽の光を反射しているだけです」

ある日の講義での、ミツさんの話です。

本当に存在しているのは、現在という太陽のみ。
未来だけを見て生きていくのは、
月自体が淡い光を放っていると思い込んで、
それを信じて行くようなものなんですね。

また、今の太陽の光、活動力が少ないと、
未来に希望がもてません。

今を認めて、自分で自分を認めていくと、
太陽の光が増えて、自分に光があたり、
それがもれて、
自分自身が、月が光っているように、
淡く、光りはじめます!

それが、多くのシンクロニシティに囲まれている状態です!

スタートは常に、今の自分自身、
注目するのは、今!、今!、今!
なんですね!

今の目の前のシンクロニシティを「別に…」とすると、
未来に希望がもてないので、
「なんかダメかも…」っていう、
漠然とした不安に陥ります。

ワンネスの基本法則では、
自分がマンションの301号室に住んでいるのなら、
301号室で集中して、受け取るのも301号室。
すべてが、301号室の中にあります!

自分が注文をして、
受け取る人間は別の人間ではありません!
このへんは、絶対に外してはいけません!

「今を輝かせることです。毎日、シンクロは起きています」
と、ミツさんは続けます。

発展、成長は決まっているのに、
「今がダメだから…」と、
それを認めていないような状態が、ワンネスをわかっていない状態です。
入り口から間違っているんですね。

リアリティの絶対的権力者である、今の自分。
その動きに関わる、今の自分の足元から、
まずはピカピカに磨きましょう!

たくさんのシンクロニシティが重なって、
たくさんの応援があって、
とても貴重な、今の体験があります!

素直に、純粋に、完璧な今を認めましょう!

本当に存在しているのは、現在という太陽のみです!
まわりで光っているように見えるものは、
現在という太陽の光を、反射しているだけです!!






比嘉公彦
関連記事