「ハワイの過去世を持つ子ども」 



------------------------------------------

音楽も好きですね。リラックスにつながります。
この子は前世でハワイの人だったんです。
本人の後ろにいる人が教えてきます。
人は不思議とそういうものがある。
本人でも気づかない、無意識にうちにゆるみます。
波の音とかでも。


生まれる前の記憶って小さい子はまだ持っているんです。
中2の頃あれるのは、
前の人生との決別のようなものがあるんですよ。


僕は中2の頃いたるところで亡くなった人を見た。
誰でも中2は荒れます。

----------------------------------------------





相談者はお母さんです。
小学生のお子さんについてのお話ですね。


人には必ず未来があります。

必ずです。



「今」のこの瞬間も、1秒前のあなたからすれば、未来です。

僕らは常に未来を生きている。




「わかる」というのは財産ですね。

人はわからないから「苦しい」と感じる。


・何をしたいか。
・どこに行きたいか。
・自分には何ができるのか。
・どんな才能があるのか。
・どう生きるのか。
・今、何をすることがベストなのか。
・明日何をすることがベストなのか。

・この子に何を伝えてあげればいいのか。
・この子にどんな教育を届ければいいのか。
・この子は何が好きなのか。
・この子は何がしたいのか。
・この子は何を考えて生きているのか。


これらの言葉の後ろに「~が、わかる」と続けてみてください。

サラッと読むと何気ないかもしれないけど、
これらが「わかる」って本当は奇跡的なことです。



迷わないで済むということは、
時間が無駄にならないのです。


みんな時間は平等だけど、使い方は平等ではない。
有効活用率は、年齢によって、環境によって、
人によって全く違う。

だから無駄に使うわけにはいかないですね。



「未来がわかる」ことが大事なのではなく、
「今何をすべきかがわかる」のが大事




ココカラ↓ はスピリチュアル情報♪



前世がハワイにゆかりのあるこの子は、
その記憶の中に可能性を置いているのですね。


要するに、CDなどでも波の音が流れていれば、
リラックスする・・・ だけではなく、

「可能性の扉をノック!そして、オープン!」

ということになります。


本当に力を発揮する状態の「鍵」
を手に入れたようなものです。


だから、ハワイに包まれて考え事をすれば、
もしかしたら素晴らしいアイデアがポンポン出るかも♪

勉強も、波の音の中でやれば、集中力がアップ!
するかもしれない。


沖縄の海はハワイと似ていますから、
だから沖縄を選んで、
今のお母さんを選んで生まれたのかもしれません。


海に連れて行って、
暑い太陽の下で、
沈む夕日の中で、
その子と未来について語り合ってみてください。




多次元からの情報は、
聞くだけでは意味がないので即実行
それが正しい動き方ですね。



例えば、中2で前の人生と決別するということを知っていれば、
思春期に多少やんちゃになる理由もわかりますね。


事前に知っていれば安心安心♪


わかるって安心安心♪



関連記事