責任はいい香り、香りを辿れば愛に触れられる 


多くの人の中にある勘違い。



責任=プレッシャー

責任=リスク




みな責任から逃げる。だからその先にある愛、成功に触れられない。



「責任は灯台の灯り、その灯りを頼りに、自分からむかっていく」



と、ミツさんは言います。



「責任はいい香り。

責任をたくさんとっている人はいい香りがする。

フェロモンみたいなもので、それは男性でも女性でも変わらない」

と、続きます。



また、通りを歩いていて、

レストランからいい匂いがして、その匂いを辿れば

その料理を食べることができる。

という例えも使っていました。



そして、人はみな責任を果たしているから生まれてきて

責任を果たして、それがすでに完了しているから仕事をふられている。

なので、「自分に責任がとれるかどうか」という迷いも勘違いのようです。



自ら責任を求め、より多くの責任を探し、つかみにかかることで、

その先にある成功に触れられるのですね。



なので、責任=愛



「成功にはリスクが伴う」、という漠然としたイメージも

この責任の定義を明確にすることで、その勘違いを正すことができます。



自身の目の前や身の周りには、些細なもの、小さいものから、大きなものまで

多くの責任で溢れています。



その「やってみて」をやってみることで、

「やってみて」の量がどんどん増えていきます。



1つ1つ、しっかりとその責任をものして、より多くの責任、より大きな責任

をつかみ、いい香りのする人になりたいですね^_^




比嘉公彦


関連記事