「好きなものから応援をもらう」 


自分自身を強烈に引っ張ってくれる、
強力に応援してくれるメンター。

メンターと聞くと、瞬時に師匠や恩師のような
特定の人物を思い浮かべがちですが、
必ずしも生身の人間である必要はありません。
環境・コミュニティ、状況、ツール、好きなもの、その概念、etc…。


それがどういったものでも、
自分自身が高いテンション・臨場感に包まれるものであれば、
それはメンターになり得ます。


例えば自分が感銘を受けたある一冊の本があるとして、
その本を読み込み、その概念に深く浸水し、
誰よりもその概念について語れるぐらいになれば、
その本から応援が入ります。


紙とインクでできた1つの印刷物。
誰かを応援するために、多くの人の思いによって具現化され、
世に出た1つの思想。

その概念の次元が上がり、
エネルギー体となって自身のメンターになります。


自分が好きな本、音楽、映画、洋服、家具、建築物、
車、街、習い事、型、思想、哲学、世界観、etc…。


「これに関しては誰よりも熱く語るぞ」というものがあれば、
その概念は既にエネルギー体となって、
あなたの人生を強力にバックアップしているはずです。
また、意識がけることで分量が倍増され、
より強固な協力関係をきずくことができます。


自身のエネルギーと好きなものとで掛け合わされ、
生み出されたこの世界に1つしかない新たな概念、
そのリズムやテンポが手からこぼれ、
自らが携わった仕事に独自に色をもたせるのだと思います。


自分なりの言葉、自分なりの美意識
今日の発見から、また新たな概念が誕生します。



比嘉公彦
関連記事