壁とチャレンジの物語 

こんにちは、前里光秀研究所です。




先日の動画
『 前里光秀研究所 宇宙意識Sanとの対話 ③ 』
は聞きましたか?


http://maesatomituhide.blog.fc2.com/blog-entry-189.html


そこでは前里光秀と宇宙意識Sanを比較しながら
考察をしましたが、いちばん伝えたかったのは
「なぜ前里光秀はフルトランスチャネラーになったのか」
ということです。



前里光秀研究所は
スピリチュアル×教育
をテーマに
みなさんに宇宙情報をお伝えしています。

だから、前里光秀=ミツさんが
フルトランスチャネラーとなったことに
意味があり、プロセスがあり、学べることがあります。

そしてこれまで神秘だったスピリチュアル世界を
徹底して教育を軸として
使える情報としてお伝えしています。




動画でもお話ししましたが
宇宙意識Sanが語ったフルトランスチャネラーになる前に
ミツさんの中で起きていた『壁とチャレンジの物語』。

その全貌についてはまだお伝えできないことがありますが
Sanが言っていたのは
「壁」よりも「チャレンジ」よりも



「チャネルの意図で好奇心を選択しました」



そして



「なぜなら、チャネルの中には
常にこれから出会う人々の
笑顔が貼り付けられているからです」




ということ。


これは、壁よりもチャレンジよりも
その先にある好奇心、
そしてさらに先にある笑顔。

その笑顔に出会うために好奇心を選択し
結果として壁やチャレンジにみえる出来事を
難なく突破するんです。




すごく大事なポイントですので
もう一度別の言葉で説明しますね!


目先の壁やチャレンジもしっかり見る。
だけどその先の先にある笑顔がひとつのゴールとしたとき
目先もしっかり見るけどそのゴールに出会う喜びがあるから
目先が壁でもチャレンジでもなく
ただの柔らかい膜なくらいに感じ
いとも簡単に突破できる。


ということです。




これは、「目標とプロセス」と考えた場合
目標とプロセスの関係に通じます。

目標がある場合、そのプロセスの
仕組みからいえる捉え方があるんですね。
(それについてはまた別の機会にお伝えします)




―――『壁とチャレンジの物語』

これにはまだまだ深い意味が隠れています。


ここまで、まず理解してみてしてくださいね。







前里光秀研究所 和田一真
関連記事