それぞれの宇宙、そして共同創造 

こんにちは、前里光秀研究所の和田一真です。




宇宙意識San(プレーン星の宇宙人)のよく使う言葉に
「共同創造」というものがあります。


宇宙の仕組みとして、
現実をつくり出すのは自分。

僕にとっては僕で、あなたにとってはあなた。

それぞれがそれぞれの現実(リアリティ)=宇宙を創造しています。


その、それぞれの宇宙を
「共同創造」という宇宙と宇宙のクロスするかたちで
体験しています。




…と解説していますが、実はこのキーワード「共同創造」
理解することがめちゃくちゃ難しいんです!ハイ。

ミツさんがENDINGの4日目に
話の流れの中から共同創造について解説を始めました。



はじめは「なるほどなるほど!」
途中から「ん?」
終盤には「……」

最後はついに「全然分かりません…!」



と言ったのでした。

分からなかったのでいろいろ質問しました。



・「人生のライン」とは?
・「リアリティをまたぐ」とは?
・「瞬間と瞬間の隙間」とは?
・「リアリティに入る」とは?
・「枝の先の才能」とは?



それぞれミツさんから解説がありましたが
パターンで理解しても、それは3次元的解釈。

本当に理解するとは
思考の中で4、5次元的展開をし
多面的にすべてを「分かる」という状態です。



この「共同創造」について、昨日ミツさんに
改めて正直に「難しい」と言いましたよ。

すると、ミツさんに
非物質の存在(宇宙意識Sanかな?)が
あるテレパシーを飛ばしてきました。




ミツさん 「この共同創造という概念。
      内容を本にして説明すると365ページ必要らしいよ」




とのことです。

そのページ数にはビックリしました!

思わず「え~!?」と叫びました。
なるほど、難しいはずです。




僕は、この「共同創造」という言葉
現実を創造するとっても大事なキーワードだと思います。

このブログなどを通して
少しずつ理解を発信していきます。


きっと、面白いと思いますよ。









前里光秀研究所 和田一真
関連記事