隠れたくて隠れたくてたまらない。 




「人は人の気を引く必要などない」

必要なのは赤ちゃん~幼児期のみ。



心当たりのある方は、真面目にこのブログを読んでください。




プレゼントです。












あなたがさみしいと言う時、それは誰かへの嫉妬です。


あなたが悲しいと言う時、それは誰かへの怒りです。


あなたが辛いと言う時、それは誰かへの仕返しです。







あなたがこの世界に独り。
誰も何もいない。
たった独り。


もしそうなら、


あなたはさみしいと言わない。

あなたは悲しいと言わない。

あなたは辛いと言わない。



誰も聞いてくれないのなら、
誰も気にかけてくれないのなら、
その言葉は効力を失うからです。





それを知っているでしょう?





あなたが誰かに2度呼ばれるまで振り向かない人なら、
あなたは応援されていない人です。


あなたが2度呼んでも振り向かない人を、3度目も呼ぶなら、
あなたは応援されていない人です。





応援されている人は、呼ばれる前に振り向き、
2度呼んでも振り向かない人には会いません。



そういう世界が好きではない。




理由はシンプル。





面倒だから。







もう一つ。



「どうすればいいですか?」




という言葉は、同じ人に対して3回以上使ってはいけません。

また、人生の中でトータル90回以上使ってはいけません。



70回くらいは10歳までに、残り15回は10代で、
残り5回は22歳まで。





それ以降の



「どうすればいいですか?」



に関しては、基本NGです。


ただし、相手に気づかれないように「どうすれば・・・?」

の答えを聞きだす方法はOK。




バレますが。















最初に戻ります。



自分がもし、未だに人の気を引こうと頑張っているなら、
自分は応援されていないんだと知る。


自分は違うと思ったとしても、慎重に自分を疑ってください。


ほぼ心当たりがあるはずです。



心当たりがあっても良いのです。

悪いのは、違うと言い張る幼い心。




この世界は、応援されないと生きづらい。

そう思いませんか?





だから応援されるように生きていかないと。





「どうすれば応援されて生きることができる?」





あなたが22歳以上の年齢なら、

相手に気づかれないように「どうすれば・・・?」
の答えを聞きだす方法を考えてみてください。



それを本気で考えればどうすればいいかわかります。









どうしてもわからなければ、

気づかれないように「どうすれば・・・?」
と誰かに聞いてみてください。





「人は人の気を引く必要などない」





努力していればどうせ大注目される。


むしろ隠れたくて隠れたくてたまらなくなる。








川満由希夫より



関連記事