2つの記憶の重なり ~無心と ヒーリング ~ 



今日はなんだか胸いっぱい広がりすぎて、
少しだけ言葉を出すのが遅くなった。





ヒーリングに必要なのは「無心」なのだと、
数年前に前里から聞いたことがある。

久しぶりにそれを思い出しました。






今日、ある方が東京オフィスに来ました。

カウンセリングを受けにこられたその方は、
体調があまり良くなくて、付き添いの方に支えられながら、
階段で2階に上がるのもやっとでした。


上がってからも椅子のところまで歩くことも難しく、
入口のそばまで椅子を持っていき、座っていただきました。





「 落ち着くまでしばらく休んでから始めましょう (^-^) 」





そう言って始まったのは「ヒーリング」


s-kiiro.jpg



目の前にある黄色のノート、空には太陽(sun)、SAN

黄色=太陽の光=太陽は英語でサン=そしてSAN(サン)



冗談に思えるこの並びには、意味がありました。


お好きなはありますか?
と聞かれたその方は、



明るい色が好きです。」



と答えた。


そして僕は、年始に前里に言われた言葉、
僕が黄色のノートを持っている理由になった言葉を思い出しました。



「今年はお前は黄色が良い



そして今朝、前里が僕に伝えたメッセージ。



「SANが宇宙船ごとお前にチューニングを合わせている。」

「右手を使ってヒーリングができる。




それで決まりました。






ヒーリングに決め事はありません。

こうじゃないとダメだ!
という思いはすべてをにする。


だからこそ、そのシンクロ決め事にしたのです。



その方が痛みを持っている部位は、
むしろ光沢のある黒でした。


鈍い輝きすら放っていた。


ひと目で「硬い」と分かるその部位は、
「柔らかい」というキーワードを求めている。


眩しいほど黄色い太陽の光は、
それを焼き尽くすほどの力を持つが、
そうはしない。



「柔らかい」というキーワードに向けてヒーリングは始まりました。

もう一つの理由もあります。

その方の中にも「柔らかい=良い」という強い観念があった。

だからその方法を使いました。



10分ほどのヒーリングの後にカウンセリングをし、
最後に再度ヒーリングをして1時間が終わりました。




ヒーリングに決め事はない。
確かにそれはない。


ただし、だからこそ正解がわからない。
というより正解がない。


それは一瞬だけ「迷い」を呼び込む。


実はヒーリングを始める前の一瞬だけ、
僕は迷いました。



だけどその瞬間、僕は数年前のあの日を思い出したのです。



--------------------------------------



ENDINGというプログラム。
その前日の夜。



僕と一真くんは、前里の前に座っていました。



「今の二人ではこのプログラムにトレーナーとして参加させられない。

「参加者の一人としてならいいが、トレーナーとしては無理だ。」



二人には治す「気」がない。
人を癒す「気」がない。





「そんなことはない!」




と心で思いながら、



治せるとは思っていませんでした。
自分がヒーリングをするなんて、
正直自信がなかった。




「なぜそんなに人を思えないんだ!」




前里の言葉に自分のことが嫌になりました。




どうすればいいかわからない・・・
どうすれば人を思えるのか・・・

どうすれば・・・



その思考のループに意味はなく、
だけど、ただ何もしないままそこに座っているのも耐えられず、
僕は無駄な時間を過ごしました。



その時、前里が言った言葉。




「無心になったことはないのか。」

「本当に本当に心のそこから願ったことはないのか。」





そう言われた時、
僕は子どもの頃のことを思い出しました。




父はガンで他界しました。
小学6年生の時でした。
約2年間の闘病生活。

すべてが一変した2年間。

僕は母親の姿をずっと見ていました。

僕の中で誰よりも強かった母親が、
時折見せる「弱さ」に僕は怯えていた。


だから僕は、父親の病気が治るように心から祈っていました。

だけどその願いは誰にも届かなかった。




そして2年後。

母親が病気で倒れる。


宮古島の病院では対応できないと、
そのまま飛行機で那覇の病院に飛び立ちました。

飛行機を見送りながら、

僕はその時「無心」で願いました。


もうこれ以上何も起きないでください。
もう誰も死なないでください!
お母さんの病気を治してください!






・・・。





s-もうなにも起きないでください。




「無心というのはあの時の状態のことだ」


ENDINGの前日。

僕は自然と流れる涙をそのままに、
前里の話を聞いていました。







「今の状態ならなんとかなる」

前里はそう言って笑いました。






そして翌日から始まるプログラムで、
僕は生まれて初めてヒーリングをしました。







------------------------------------


あれから数年の月日が過ぎて、
僕はまたあの日の夜を思い出した。

あの日の夜に思い出した「子どもの頃」も思い出した。



そしたら迷いは消えました。



その2つの記憶の重なりが、
今日の僕に重なって、
あの1時間が終わった。






カウンセリングを受けにこられたその方は、
体調があまり良くなくて、付き添いの方に支えられながら、
階段で2階に上がるのもやっとでした。


だけど、一時間後、一人で歩き、誰の支えもなく階段を下りて
お帰りになりました。









僕らは、無心に人を思うことができる、とても優しい生き物だ。








s-無心に思う

関連記事