イメージの世界は、イメージの世界に見えているか? 

みなさん、こんにちは。
前里光秀研究所の和田一真です。





お仕事中にも関わらず、

「前里光秀の『価値満タン本』」をおもちの方は
58ページの「イメージと違う現実」をご覧ください!

おもちの方も、家に置いてきた方も、
まだおもちでない方も、ありがとうございます





なぜ人はイメージと違う現実に生きるのか?

その仕組みが詳しく書かれていますね。

じっくり線を引きながら、ご友人と話し合いながら、
じんわ~りと内容を理解してみてください。





人はそれぞれ、
様々なかたちで現実をつくりだしています。



 「いい感じだよねぇ!」という方も

 「まあまあボチボチかな」という方も

 「まだまだこんなもんじゃない!」という方も



ある共通項があります。

それが、「イメージ通りの現実」










そのイメージ通りは、心の世界なので

 「全然イメージしてないよ~

と言っても、変わらない。

変えることはできるんですが、
その仕組みを知る必要があります。





しかし、たったひとつ、
それを知らなくても変える方法がありますよ。





人は、自分サイズの現実しか
体験しません。



どんなに不平・不満・愚痴を言ったとしても
それは望んで望んで望んだイメージ通りの現実。

また、不平・不満・愚痴を言うと
それがオーダーとして即通ります笑

自分がつくったサイズ通りの、
オーダー通りの現実です。



そのオーダーの中で、
少しずつでもそういった言葉を変えていくことで
本当に少しずつですが、変わっていきます。



ポイントは、言葉が口から出る瞬間。



その瞬間の言葉を、
特に注意してみてください!



それは、もしかしたら怒りなのか?
不満なのか? ただの愚痴なのか?

少し考えてみるだけで、
言葉は他の波動に変換されていきます。





これは、ワクワク♪の毎日をすごしながら
今ひとつ満たされない思いをお持ちの方が
さらなるバラ色を迎えるための方法です。



また、カウンセラーの方や目指される方は、
ご自身のこうした入口を注意深く観察することで
言葉は磨かれていきます。

美しくなります!










そうしたら、きっと、イメージ通りの現実が
現実の中にイメージとして現れはじめますよ。

そうなったら、あともう少しですね!



 「完璧を目指さない。
  まずは60%でいいんです」




そう、ミツさんは教えてくれました。









株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事