神大クラスを終えて思うこと。 

「前里光秀大学 神大クラス」
無事、講義終了しました!



神戸に向かう新幹線の中から
ワクワク♪が抑えられませんでした笑

ブルーオーシャンの神大クラスで、
経営・ビジネスの講義をしに。

ミツさんから教わった
経営・ビジネスの講義をしに!





準備&サポートとして
アヤぴ~も大活躍してくれました。
(入室するなり、早速お花を活けてくれました!)

今回も東大クラスからたくさんの方がお集まりいただき、
神大クラスならではのアットホームがありながら
真剣な時間となりましたよ。










まずは、公開講義の内容から。

神大クラスの公開講義、
まずは…



_B_L___B 1
元祖・白いティッシュ箱!の藤本真敏さん。
自らの実体験を入れながら、リーダーシップ教育について講義しました。

_B_L___B 2
ポイントごとに紙をめくりながら。
分かりやすくて、終わってからも紙をメモしている方もいらっしゃいました。

_B_L___B 3
ユーモアもたっぷり!マサさんがしゃべると、笑いが起きます笑

_B_L___B 4
次は、黒も白も似合う仲野碧(みどり)さん。
意見と真実について、力強く講義しました!

_B_L___B 2 (1)
碧さんの講義は「○○は△△だ」と語尾がはっきりしていて、
今すぐ先生ができますね。カメラもグググッとズームしてしまいました。

_B_L___B 3 (1)
真剣に聞きこむ皆さん。さすがですね!




お二方とも、伝えたいポイントがまとまっていましたし、
何よりユーモアがあったのがよかったですね。

「ユーモアは、最愛の友である」
と、ミツさんは言っていますよ。










そして、今回の講義を終えて思うこと。










質疑応答もあったなかで、思うこと。



仕事って、お金のために必要なのではなくて、
本当に生きるために必要なんです。

自分ってなんだろう?
何が好き? 何が嫌い? どうやったら幸せになる?

それを知るには、仕事をすること。



なぜか?



「仕事とは、表現」だからです。

自分を表現していくことで、
誰もがもつ無限の創造性というのは
刺激、そして活性化されていく。



それによって、イメージ、言語、さらに
イノベーションは起こり続ける。

創造性を先回りするような創造性に、つながる。



たとえば、仕事は、
そんなこともやってくれます。

僕は、それをミツさんからゼロから教わったし、
神大クラスではお伝えしました。





仕事が嫌い!というあなた笑
それも、分かります。





朝起きるのが面倒、職場の上司、単調な仕事、
もっともらっていいはずの給料…

いろいろ、あります。



しかし、本当はみんな知っています。



つまり、

 「私は、お金のために働きたいんじゃない!
  本当は、ただ幸せでいたいだけなんだ」



ならば、お金のために仕事をするのではなく、
自分自身の幸せのために働こう。

もっと言えば、お金に働いてもらうために
どういう生き方をしたらいいんだろう?

そう、考えてみましょう。





もし、仕事がうまく回っていないと感じる方は、
「お金様」ではなく、「生きる」ことを選択してください。

もし、組織の歯車のように感じるなら、
歯車として、徹底して生きるんです。

「私は、歯車である!」

と、徹底して歯車として生きる。



しかし、そういう、歯車の方を、
世間はそのままでいさせません。

その生き方を、
そのままの場所には置かせません。

その場所から浮いていくんです!

 (「価値満タン本」の59ページからをご参照ください)



ちょっと難しいですが、
よく読み返してみてくださいね。










ということで、実は3期生最後の神大クラス。
どうも、お疲れ様でした!



今週は、

 ○土曜日 3期生ホームパーティー
 ○日曜日 東大クラス

です!

お楽しみに~♪



_B_L___B 4 (1)
最後は、優子さんのご提案により、みんなでパシャリ♪
ありがとうございました。











株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事