『学問のすすめ』 川崎 春子さん 

_MG_6379.jpg









学びに終わりはない。





今 私たちが便利に生活しているのは
もとを辿れば、すべて先人の知恵のおかげである。









そして、その知恵は学びの賜物である。





偉人でも、そうでなくても
誰かの学びが誰かのためになっている。






誰かの学びが時空を超えて
進化して私と今を生きている。










そう考えると今の私たちの学びが 
明日という未来の誰かのためになっているかもしれない。










学びに終わりはない。
なぜならこの世界は常に生成発展しているから。





歴史ある価値あるものが
現在に残っているのも






それを作り出す人たちのもっと良いものを作ろうという
とどまることのない情熱の証である。






誰かのために良いものを作り続けようと思い続け
それを忘れないことが情熱である。










明日という未来の誰かのために
3年後という未来の誰かのために
10年後という未来の誰かのために 
学び続け、その学びを伝えていくことが

自分という価値を未来に残し、
未来の誰かのためになり
未来の誰かと今を生き続けることになる。

                      








前里光秀大学 創造学群Ⅰ類 進化生態学系

第3期 特別研究生  川崎 春子
関連記事