『 粒子 & ひとつ 』 


_DSC5711.jpg








では具体的にどうやって
エネルギーフィールドのオーナーとなるのか?













それは、




私達が細かい粒子である
という認識が必要だという事。







私をひとつの物体として自分自身を感じると
面白いぐらいに固さを生んでいく。






それは、思考や感情、身体までを固くし
人との繋がりを分断していく事となる。












だが細かな粒が集まり、
形をなしていると自分を見た瞬間、
マトリックスの文字の配列が整理整頓されていく。










wallpaper-201369.jpg








それによって肩の力がスーッと抜けていき、
体中の流れに変革を起こしていく。







粒だと思えば思う程
体の感覚、時間の感覚に変動が起きていく。







自分の認識のない体や思考の固さが
『自分で見える』ようになる。











そしてその粒をもっと拡大していくと、
自分が座っている椅子も粒という粒子で
構成されている事が感じられるようになっていく。






それはまぎれもなく椅子だという疑いようもない
私達の合意により形成されているのだ。












私達は見たいものしか見ない。







見たいものは『意識であり、エネルギー』であるとすれば
この目を借りずして物事を見る事が出来る。


物事の全てを認識する事が出来るのだ。












_DSC5748.jpg









そして集合意識は、
私達が細かい粒であると同時に
『ひとつである』という認識が必要だと話す。















私達を粒子として感じた時に
椅子やその周りの壁や床すべてが
粒子であり、繋がっていることに気がついていく。






椅子や壁という認識や境はなく
ひとつでしかない。














また目の前の人は自分であり、
私そのものなのだ。




だからこそ影響しあう。










そして椅子と同様に粒として考えた時に
空間全体でその人と繋がっているのだ。






無意識の領域ではもちろん繋がっているのだが
視覚としても繋がっている事に気がついていく。










自分の粒子をもっと細かに
スムーズな流れにしたいのであれば
粒子の細かい方に合わせていく事が
経済的にも充実感にも繋がっていく。















私達は文字の配列であり、情報なのだ。





凝り固まった情報を取り去り
新しい情報を入れていく。





それがセルフイメージを上げる事になる。













この様に存在全てが『粒子』であり
『ひとつ』であるという認識のもとで
経済という文字の中へ入っていく事が
経済力を上げる事になり、


また、エネルギーフィールド
オーナーになることに繋がるのだ。












株式会社 前里光秀研究所

松永 みやこ
関連記事