『チャネリング = 望んだ世界に浸る時間 』 

呼吸の音のみが聞こえてくる、緊迫した空間。





外の光が少し差し込むその空間に
前里はまるで浮いているかのように
だけれどもしっかりと腰に根を張り巡らせ
どっしりと佇んでいる。






宇宙人SANに体を全て明け渡した前里の口から
出来てきた難解な言葉。






それは・・・・・








前里光秀大学2期 6回目講義 (8)








『望みというのは、
使って、使って、使い古し
遊び倒して、もう既に飽きているものだと』







私達がどうしても叶えたい望みは
自分の本当の望みではないという。

だからこそ忘れ、次の望みに思いを馳せていいのだと。







その言葉があまりにも斬新すぎて
それを直ぐに受け入れられなかった私達。








だが、先日の大学の講義で前里がやっと、
その意図を始めて語っている。












人は長い人生に組み込まれた貴重なイメージを
大事に扱わず捨ててしまっている。


数秒のイメージであったとしても
何十年ともなる人生が
そこには詰まっているのにも関わらず、
あっけなく流しているのだ。








だが、前里のような人間は
その1ピースを見過ごさないし捨て去らない。



しっかりと自分の方へと引き下ろし
パズルを合わせていくかの様に
その先に広がる風景を見透せるまで
ピースを合わせていく。







その作業は自分のイメージのみに頼らず
他人の総意をも、つなぎ合わせていく。





すると全く自分では見えてこなかった
想像も出来なかった未知の世界へと繋がっていく。





それが本当の自分が望むイメージであり
宇宙人SANが伝えたかった事なのだ。






もっと、もっと私達は
大きな望みへ思いを馳せる存在なのだと・・・・・








だが、ここで真実をまた話そう。




私達は、本当は何がしたいのか?
何を望んでいるのか全く分からないのだ。





だからこそ、他人の総意を入れ
メンターのイメージをしっかりと受け取り、
まだ見ぬ自分に触れる事が重要になってくる。








『チャネリング会 〜最高の未来の自分との対話〜』








またとない、奇跡の時間を
そしてまだ見ぬ最高の未来の自分と対話をしたい方、
是非、この機会を活用してもらいたい。








なぜなら、

私達が本当に望んで、
望んで、
望んだ世界に
浸る時間となるからだ。













------------------------------------------------------------------------------------------------



『チャネリング会 〜最高の未来の自分との対話〜』


◎  日 時:2014年9月6日(土)12:00〜15:00(チャネリング会)
                    15:30〜18:30内の20分間(コア・セッション)

◎  参加費:¥50,000(チャネリング会) ¥20,000(コア・セッション)

◎  場 所:東京オフィス 新宿区弁天町79-8 セボン神楽坂パークビュー111

◎  内 容:前里光秀のチャネリング情報により
       『最高の未来のご自分』とコンタクトをとる会です。
       また、コア・セッションは前里光秀と1対1による、
       20分間の個人カウンセリングです。

◎ 関連記事:http://maesatomituhide.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html



------------------------------------------------------------------------------------------------







株式会社 前里光秀研究所

松永 みやこ

関連記事