失われた時間に隠される、宇宙人との出会い。 

すでに、宇宙人との出会いは起こっている。

あなたにも、あなたにも、あなたにも!










「失われた時間」とは、何か?





私たちが脳の一部しか使っていないように、
私たちはすべての現実の一部しか認識していません

その見えていない現実には
いろんなものが詰まっているんですね。

ほとんどの場合、宇宙人との出会い
その現実の中で起こっています。





そのひとつとしてある
「失われた時間」





ひとつ、時間についての知識。

時間の流れというのは
1枚のフィルムとしてたとえることができます。

このフィルム上で、A点とB点をとり、
両者が重なるように結ぶとフィルムが余ります。

その余った部分は、
通常では認識できません。

結ばれた地点の前後も縫い目が施されるので、
普通はどうなったのか分からない。

時間の持ち主には
「なかったこと」として処理される。

「なかったこと」は、だいたいの場合
潜在意識というポケットに詰め込まれます!

そして、その時間というのは失われる





では、どういうときに
時間のフィルムは結ばれるのか?






あなたが信じたくないことや、
起きてしまったら不都合なこと
受け入れられないこと

問題なく、現実を生きられるよう
様々な配慮の中で時間は結ばれ、失われる



だから、時間のフィルムをきれいに過ごしたいなら
1秒1秒、つまり毎瞬を重量もって生きること。

「今に生きる」ということです。





今という瞬間に身体と心を込めて生きるとき、
さらに時間のフィルムは引き伸ばされはじめます。

A地点だった場所からA1地点、A2地点、A3地点…と、
どんどんどんどん複合的な現実が解かれはじめる。

1秒が長い!
または、1秒にいろいろ詰まっている!

そう、感じるようになります。



そう考えたとき、
A地点とB地点を結んで時間を失った人
A地点からさらに引き伸ばす人とでは、
1日の量というものがまったく違う

体験や認識の量が、まったく違います。










以前、ミツさんが
こう教えてくれました。



 「この世界でいちばん大切なこと」

 「それは、時間です」






人は、何のために働くのでしょうか?





お金? 家? 栄誉? 成長? 老後?

人によっていろんな答えがありますが、
すべてを含んでいるのは「時間」



 ある人は、お金を使う「時間」のために働き、
 ある人は、家を買って家族と過ごす「時間」のために働き、
 ある人は、栄誉で自尊心を満たす「時間」のために働き、
 ある人は、成長して新しい世界で生きる「時間」のために働き、
 ある人は、老後にゆっくりする「時間」のために働く。



「時間」といういちばんの財産を得るために、人は働く。

それを知って、時間について意識を向けると、
何となく過ごしていた時間が変わっていきます。

時間を大切に生きるようになります!



時間を大切に生きる人は、
目の前の時間を大切にし、友人の時間を大切にし、
この世界のすべてを大切にするようになる。

そうすると「時間」を失わないようになり、
結果としてあらゆることを受け入れるようになる。



恐れ、悩み、迷い…
受け入れるようになる。



その意識との対面をしていく中で、
「失われた時間」を体験しなくなり、
さらには「時間の引き伸ばし」がはじまる。





そのどちらかに、見つけたりします!





何を?

「宇宙人との出会い」を、です。





「今」という瞬間のみに生きる宇宙人にとって、
人間が体験している(つくっている)「時間」というのは、
非常に入りづらいリアリティ

「時間」を大切にすることによって、
顕在意識での「宇宙人との出会い」がはじまる

もちろん、それを望んだ場合です!










どうか、「時間」を大切にしてください。

そうして過ごす「時間」の中で、
「今」というおもちゃ箱から驚きのプレゼントが
たくさん飛び出してきます。

宇宙人、チャレンジ、成長…
あなたの時間は、もっともっと、ある。









株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事