『リーダーシップを買いに行こう♪』 

_MG_4507.jpg









リーダーシップに値段を付けるとしたら
いくらになると思いますか?







想像以上にそこには大きな価値があり
無意識に誰もが影響され、
影響力については勿論みんなが知っています。





ですが、やはり私達はそのリーダーシップについて
まともに考えた事もなく、
そこに何処までの意義があるのかも
しっかりと思考したことも
思いを寄せた事もありません。




また、リーダーとしての在り方をお腹の中に置き
常に作動させている人も多くありません。










ある一つの話しがあります。


それは、
優秀で知識豊富な10人がいるよりも
たった一人のリーダーシップを取れる人間さえいれば
あるエリアへ劇的な変化を起こす事が出来るという話しです。




何を知っているかという事よりも
自分を『私達』として捉え
全体を支え、どこへどういった形で
どう上げていくかに大きな価値があるという事です。






たった一人であっても、そこへ携わる多くの人達の
将来のビジョンを描き、導く事が個人を越えて
家族、仲間の枠を越え、エリア全体を押し上げていきます。









先日の講義の中で
『リーダーシップには価値があり、
高価なんですよ。
だから、高く売れるんです。』

とミツさんが発したこの言葉に
ドキッとした私がいました。



なぜならミツさんが定義するリーダーには
私達が想像を絶する理論がそこにあったからです。







それはミツさんがよく話してくれる
空間デザインにも関与してきます。




ミツさんはその場にいた全ての人に意識を向けて
意識分割した上でガイドと話し
また少し前の未来の自分と会話し
多くの膨大な集中力の中に自分を沈めていきます。


見えない水面下でずっと静かに、静かに
動きを観察し、調整し、バランスをとり、
バランスの中で全員をしっかりとリードしていきます。




それは一つのコミュニティーに大きな柱を立て
建築家の様に動線を考慮しながら空間をデザインし
設計し、その流れを作った上で
そこへ携わる多くの人達を無意識に動かしていきます。


流れが悪いところを見つけると
その止めている部分を取り除き
更に新たな物を置き、全く新しい流れを付ける事で
人の動きを変化させ、流れに勢いを付けていきます。





その威力はとても大きく
私達の目には見えないところでずっと作動し
場をコントロールし、デザインされ尽くしているからこそ
安心してその場所へいる事が出来るのです。




だからこそ一旦、リーダーが場所を離れ、
意識をその場に向けなければ
面白い程に人との繋がりが気薄になったり
コミュニティーの形が変形していきます。





どこまでも美しい形状は
常にリーダーの意思により保たれ
形成されていたのです。









実はこの目には見えない部分でのリードが
8割をしめています。


周りの人には全くその水面下での動きを察知する事は出来ませんが
宇宙は決して見逃しません。


宇宙だけはしっかりとスーパーコンピューターのごとく記憶し
その物をギフトとしてプレゼントしてきます。





また目には見えない動きの中には
突き抜けた集中力があります。


だからこそ形の形成が保っていられるのです。



集中力のその先にリーダーシップがあります。



多くの人を導き、指し示すという相手の中にのみ
集中力が発揮され、
更にはリーダーシップという
パワーが生まれてくるのです。








リーダーシップというフィルターを通して
物事を見た時に何が見え始めますか?


自分の行動も含め、相手や周りの行動も
また見えてくる物が変わってくると思います。



するとその行動に対する
価値や評価もまた変わってきます。





リーダーシップというフィルターを付けた時に
自分の行動にいくらの値をつけますか?







考えると少し怖くなりますが、
ミツさんの人をリードする力には
値段という枠を越え、
価値としかいいようのないものが残ります。




前里光秀大学を受講して下さる方は
常にこういった議題に身を置く事となります。





ミツさんがリードする前里光秀大学は
常に緊張と弛緩のバランスの空間の中にあります。







それがリーダーシップという事なのですね。






株式会社 前里光秀研究所

Miyako
関連記事