『ある一つの物語 』 

" time, time, time "

ミツさん










先日、開催された
『チャネリング会 〜最高の未来の自分との対話〜』






今回も大興奮の内容でした。





一つひとつの内容がとても貴重で奥深く
これをどのように皆さんへお伝えしたら
喜んで頂けるのかと真剣に考えてしまうほどです。







こういったストーリーに触れられるという事は
とても有り難いことでもあり、
それをどう伝えて、どう活用していくのか
という大きな『責任』が生まれてきます。





最初から真面目な話となりましたが
この素晴らしい時間を
少しでも触れて頂けるよう
思いを込めながら
丁寧に綴っていきたいと思います。








まず私がとても気になったテーマがあったので
そこからお伝えしますね。







いつもおしとやかで美しい
Kさんに対しての内容です。






そのテーマはずばり『時間』です。






多くの方が時間の使い方や
過ごし方に対してもっと改善したい

また、時間そのものについて
深く知りたいと思っているのではないでしょうか?









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








ますます忙しく過ごされているKさん、
この忙しさは未来に対しての準備なのか?
どう解釈すればいいのか?という質問から始まりました。







ここでミツさん(最高の未来の自分)がズバリ!!






『未来の準備ではなく、
過去を手放さない
準備をしているんですよ。』






『忙しいという事は存在しないんです』







そして


『時間は無限にある』という事を

Kさんに対してハイヤーセルフは
7000回も伝えているそうです(笑)






更にKさんのハイヤーセルフは
『時間』について本当に
分かりやすい例えを使って説明をしてくれました。






Kさんは時間を

『水がこぼれ落ちる』
『水が流れる』


と水の様に見ているそうです。






手からこぼれ落ちる水だと時間を見ているからこそ

『時間がない』
『時間が足りない』という

感覚になってしまっているようです。








ですが、この水の様な『時間』を

別の物へとすり替わる様に
更にイメージを届けてくれました。










それは・・・・・・・・




『お手玉』です。







『お手玉』?????????







シンプルに
一定のリズムを取りながら
遊んでいく『お手玉』




手から、手へと『お手玉』を投げ、
落ちる前にまた次のお手玉を投げ・・・・・





瞬間、瞬間に『お手玉』を
手から創り出していく様に投げるその感覚が
『時間を創り出す』例えとして表現されていました。






『時間』 = 『お手玉』











イラスト1










お手玉で遊ぶように
『時間』は常に一瞬、一瞬で
生み出されていくものです。






流れていくものではなく、
自分自ら、時間を製造している
私達は『時間の製造者』であること!!







この事を認識するためにも
まず『お手玉』で遊ぶ感覚を入れてから

私達が日々、刻々と刻まれていくと
信じている時間に対して

新たな『時間』という概念を
吹き込んでくれました。








そして更に、




『時間』について
深く踏み込んでいきたいと思います。









つづく・・・・・・










作者 松永みやこ
関連記事