前里光秀研究所の日曜日 

 「前里光秀研究所の日曜日」





おはようございます。
前里光秀研究所の和田一真です。



前里光秀研究所の日曜日の朝、
東京オフィスは清々しいブログ日和となっています!

昨日、島さんがつくってくれた
ごぼう茶を飲みながら書いています。





さて、昨日は結局、
島さんとみやこさんと
東京オフィスでミーティングしましたよ。





 特別研究生について、
 特別顧問について、
 「今」について、
 創造性について、
 日々の思考法について、
 本の読み方について、
 5次元について、
 時間と空間について、
 行動と成果について、
 コピー機のスイッチの押し方について、
 本当の仲間について、
 「責任とります」の責任のなさについて、
 ヨガについて、
 観念の変え方について、
 潜在意識とカルマについて、
 ハイヤーセルフと話すことについて、
 ミツさん生態学の特別さについて…






書き始めたらキリがないですが
そういう一日でした。



ここ東京オフィスと、僕がいる沖縄本社は
近いようでやはり遠い(笑)ので
時間の流れもだいぶ違うようです!

いいね!










----------------------------------------------------










ちょっとここで、特別研究生について書きます。










 「特別研究生」



その名前の響きからカッコいい、
でも意外に知られていない





 「なにが特別なんですか?」





そんなあなたに
ひとまず、ざっと10を書きます!



 ① 前里光秀研究所プログラム唯一の研究プログラム
   →いろんな基礎は、できている前提です

 ② ファシリテーターは、前里光秀
   →特別研究生のあなたが話している目の前の人は、誰?

 ③ 「ミツさん生態学」を学ぶ
   →例えば、「出来事の意味は中立」の本当の意味

 ④ 「前里光秀大学 通常講義」のウラ側を知る
   →「場の力学」応用編、現場では何が起こっていた!

 ⑤ とっても難しい「講義レポート」
   →「講義内容を写すだけ」という究極にシンプルな研究の難しさ

 ⑥ 実はミルフィーユ仕立ての「創造の仕組み」
   →「さっきと言っていることがちがう!」というミルフィーユ

 ⑦ 鬼の経営、仏の経営
   →潜在意識の長男を追い出すに必要なマザーとファーザー

 ⑧ 通常講義でも特別顧問でもできないこと
   →あの半年間を経ず受け入れすると、できないことがある

 ⑨ 「どうですか?」と聞かれて戸惑う人たち
   →進化は瞬間、後退も瞬間。瞬間テストの回答例

 ⑩ 「研究している」というリアリティを、人生に入れる
   →「学ぶ」との圧倒的なちがいとは?



…というかたちになります。










--------------------------------------------------










今日は日曜日なので、
皆さんにちょっとした秘密をお話します!ね。

「どうやったら上達するか」です。










 「創造の仕組み」をつくったのは誰ですか?



 すぐ答えますが、
 それはあなたです。



 この世界をつくりだしているのはあなたなので
 チャネラー前里光秀という人は、
 あなたがつくった前里光秀。

 僕が見ている前里光秀とはちがう、
 あなたバージョンの前里光秀がいる。



 しかも、前里光秀はチャネラーなので
 宇宙とのリアリティとのあなたとの風通しをする。

 その前里光秀から教わる創造の仕組み、
 どうやったら使いこなせそうですか?



 こうやったらいいです。

 それは、「あなた」として聞く。



 あなたのことをいちばんよく知っているのは
 他の誰でもない、あなたです。

 でも、他にもいます。



 そのあなたに、それを教えてくれる人。

 世の中にはたくさんいると思いますが、
 前里光秀もそういう人です。



 この世界は、鏡です。

 特にチャネラーとは、ピカピカの鏡です。

 だから、そういう人を目の前にしたとき、
 目の前にいる人はもはやその人らしさはない。



 あなたです。

 しかも、あなたのハイヤーセルフ。



  「あなた」「あなたらしさ」「ハイヤーセルフ」



 そんなあなたの本質を映すのが
 チャネラーという人なんです。



 「創造の仕組み」によれば、
 どんな人の話であれ純度の違いはあれ
 「鏡」だし「自分自身」です。

 潜在意識の抵抗やら何やらあれ、
 それでもそれに変わりはありません。



 ですから、人の話を聞くときに
 「自分のことだ」として聞く。

 その真摯な思いを湧き上がらせるだけで
 透明度が高まって話を受け入れやすくなります。



 特別研究生の方もそうでない方も、
 前里光秀の話をそうやって聞いてみてくださいね。



  「自分には関係ない」



 心のどこかでそう思っていると
 話というのは聞こえません。

 あなたに関係のあることしか聞こえない笑



 特に、チャネラーの一言一句はまさに自分。

 これ、基本すぎて、秘密です!



僕は、そうやって
少しずつ理解するようになりました。

少しずつ、少しずつ…!









------------------------------------------------










では、今日も素晴らしい一日を
お過ごしください!



ワクワクがあなたにも広がりますように♪(懐かしい)














株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事