『ヨーガの旅〜in ベトナム vol.2』 

さてさて、






ヨーガ三昧のベトナムでの暮らしが一体どうだったのか?

今日はお話しをしていきたいと思います。






まず開催場所ですが、ホーチミン市から北西へ70km、
車では約2時間ほど離れた場所にある
『THON KINH DONG』という施設で行われました。






この場所はもともとお年寄りが中心に
暮らしていた保養施設だったようです。






広大な敷地内には存在感たっぷりな蓮の花が咲き誇る蓮池が
至る所に点在していました。


こんなにも多くの立派な蓮を見たのは生まれて初めてだったので
毎日、毎日、見ていても飽き足らず、
毎回、毎回、蓮を見ながらウットリとするほどでした。

蓮








4_20140210011047d71.jpg








7ヘクタールもある敷地には、
大きなヤシの木がどっしりと立ち並んでいます。

6









敷地内の建物一つ一つが木々や花々と解け合い、
美しい絵画を描き出します。

建物








写真 2











では、


では、


ここで・・・・・・




この様な恵まれた環境の中、行われた
TTCの一日のスケジュールを発表したいと思います。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









☆ 5:30  『起床のベル』

ベルを鳴らしながら、そして歌いながら毎日、毎日、
起こしてくれたベル担当の生徒さんに感謝です!!






☆ 6:00~7:30  『サットサンガ』

サットとはサンスクリット語で『絶対的存在』を意味し
サンガは『集まり・同席』を意味します。




この時間は30分間の瞑想から始まります。

そして次に、チャンティングと言ってマントラを
メロディーにのせながら神々へと賛歌を歌っていきます。



最初は違和感があったようですが
もちろん、ミツさんもちゃんと歌っていましたよ(笑)



チャンティングの後は、哲学的な話しなどの時間となります。





☆ 7:30  ティータイム

いつも温かい豆乳を用意してくれるので
これが一日の楽しみとなりました。



日本の美味しい豆乳に比べるとかなり味が薄いのですが
温かい飲み物というだけで嬉しくて、毎日飲んでいましたよ。

そしてこの豆乳のお陰で断食もしやすかったです!!





☆ 8:00~10:00  『アーサナ』

これが皆さんが良く知る、体を動かしたヨーガです。

シャヴァーサナという屍のポーズから始まり、
呼吸を丁寧に行った後、首や目のストレッチ、
そして太陽礼拝などのポーズを行っていきます。





☆ 10:00~11:00  『ブランチ』 

野菜を中心としたベジタリアンのお食事です。




ここでベトナムのちょっとした豆知識!!


ベトナムは中国による千年間の支配に耐え独立した後に、
再び近代になって百年近くフランスの植民地だったため
中国とフランスがミックスしたような文化が根強く残っています。


食文化にもそれが反映されており、
フランスパンと普通のご飯とが一緒に、
そして2日に1回のペースで食卓へ並びます。


最初、ご飯やおかずと一緒になぜフランスパンが出てくるのか
とても不思議に感じて、絶対にパンには手を出さなかったのですが

TTC始まってから2週間を過ぎた頃に
フランスパンが美味しいことにやっと気付きました。
(気付くの遅いですね〜〜〜〜〜)


パンを食べる習慣が少ない私でも、おやつ代わりに食べていましたよ。




食文化を見れば、その国の歴史が垣間見れますね!!






☆ 11:00~12:00  『カルマヨーガ』

奉仕活動としてそれぞれ分担して仕事を行っていきます。


ミツさんは『一日一食』という食事方を実践しているので
ブランチを殆ど食べないのですが、
何故かブランチの後の食器洗いの担当に任命されました。


美しい体作りのためにも、食事制限や断食にも
積極的にチャレンジしていた今回のプログラム!!


そんな中、自分では全く食べない食事の後の食器を洗うという
カルマヨーガはとても意味深いものがありました。







☆ 12:00~13:00 『バガヴァット・ギータ』、または『チャンティング』のクラス


このバガヴァット・ギータについては
次回、ゆっくりとお話しをしていきますね。

私が寝る前に何回も、何回も感動しながら
泣きながら読んだ、大・大・大好き本です♡






☆ 13:00~14:00 『フリータイム』

この時間はやり残した宿題をする時間にしたり
お昼寝タイムとして過ごしましたよ。







☆ 14:00~15:30  『メイン講義』

メインの講義では、アシュラムのトップであるベトナム人女性の
スワミ・シタが直々にヨーガ哲学を伝えて下さいました。



この内容も抜粋してブログにアップしますね。

ミツさんの創造の仕組みから見たヨーガ哲学とは????






深〜いお話しがありましたので・・・・・・・










お楽しみに!!





☆ 16:00~18:00  『アーサナ』

1日2回、体を動かすアーサナのクラスがあります。

午後のクラスでは、実際に自分でヨーガの先生として教える時間として使われたり
更にアジャストの仕方などを細かく教えて頂きました。






☆ 18:00 ~  『ディナー』

毎日、30°以上越える暑さが続くベトナムで
一番美味しかったのはフルーツでした。



ミツさんは毎日、ビタミンたっぷりなフルーツを食べていましたよ〜


◎バナナ
◎グリーンマンゴー
◎マンダリン
◎アップル
◎ライチ
◎スターフルーツ
◎オレンジ



などなど・・・・・・・






特に、ミツさんが大好きだったのが
『グアバ』と『ドラゴンフルーツ』です。

立派なドラゴンフルーツはバナナの様にむけて
手軽に食べれるんです。


大発見です!!







フルーツ

この写真は土曜の休日にスーパーマーケットへ
買い物をした時に撮影したものです。



一番買い出しをした物は、何と言っても『フルーツ』です!!




そして、アシャラムから久しぶりに外出した時に、
ミツさんが呟いた言葉は・・・・・


『娑婆に出れた〜〜〜』でした(笑)






☆ 20:00~22:00  『サットサンガ』

ここでも瞑想・チャンティング・哲学を中心とした講義、
そしてイベントなどの時間となりました。






☆22:00  『消灯』

消灯とありますが各々、宿題をしたり
洗濯をしたり、お風呂へ入ったり・・・・・

やっとここからが自分の時間となります。


次の日、5時過ぎには起きなければいけないので
なるべく12時過ぎには寝る様にしていましたよ。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







ざっと1日のスケジュールを書いてみましたが、
とにかくツメツメなスケジュールなので
最初はこなしていくだけでも大変に感じました。





ミツさんのベトナムでの1日が、これでお伝え出来たのと思います!!







次回へつづく♡







株式会社前里光秀研究所

miyako



関連記事