ある超鈍感男の告白 

「ある超鈍感男の告白」










なぜ、その男は
超がつくほど鈍感だったにもかかわらず
その仕組みを理解するようになったのでしょうか?











 ○ 心理の「し」の字も知らない
 ○ 仕事の「し」も分からない
 ○ シンプルの「し」のカケラもない

なぜか「し」の3拍子!





その男が人に話しかけるとき、しばしば言われたのが

 「…そうだね。
  …それより君…距離が近(ちか)!」笑

たまに異様に立ち位置が近い人、いますよね!





人の家に入るとき、
ノックしていきなりドアを開けながらの「こんにちは!」

ノックしたらいいってわけじゃないですよね!










なぜ、そんな男が
その仕組みを、繊細かつ大胆スケールの
「創造の仕組み」を

次第に理解するようになったのでしょうか?











それは、「創造の仕組み」の性質
答えがあるようです。



「創造の仕組み」は、
ミツさんが宇宙人からのテレパシーを通して伝えられる
この3次元世界を超えた「宇宙の仕組み」

あくまでも情報は
この世界の「前里光秀」という人
を通して伝えられる。

その観念・感情・思考を通して
伝えられる!



だから、「創造の仕組み」は3次元的には
ミツさんの人生と大きくリンクしています

ミツさんは、「生きる創造の仕組み」

そう思っています。
(島さんも、たぶん思っています笑)



これ、本当に大事なポイントですから
絶対に忘れないでくださいね(学びを実践される方は)!










--------------------------------------------










本当にその男は、何か特別なことをしたわけではなく~
ただ早くからそのことには気づいていました

そして、決めていました





 「ミツさんの言っていること意図していること、
  とにかく学んでいこうマネしていこう!」






即実践!という意味では
瞬発力が速い人はすぐ理解されますね!

でも、その順風満帆に潜む
人の慢心・怠慢・余裕は成長を阻むこともある。


「創造の仕組み」を知って
それを長期的に人生に活用していくのは

必ずしも瞬発力を必要としません!

と思っています。





だから





すぐにできなくても、人にバカにされても
自分の思ったとおり感じようとしながら思考します。




来る日も来る日も
うまくいこうがそうでなかろうが

「創造の仕組み」を100%信頼するなら
ただ、やるだけです。



それは、能力でも根気でも何でもなく
「好きだから」です!

好きこそものの上手なれ
とは、おそらく「創造の仕組み」にも通用する。










-----------------------------------------------










僕の場合。

確かに、環境として恵まれすぎています!
(ミツさんは僕の社長です



でも



真剣真摯に半年学んだら、誰でもわかる
すべてではなくても、わかる。

ルール上、「完全にわかる」
ということはありえません。

が、人生は圧倒的にワクワクで満たされる!

と思いますよ。



 「人生をつくれることを知っている」



というワクワクは、
すべての体験価値を満タンにしていきます!





「創造の仕組み」を知って
人生は100歩先までの1歩1歩もマジで楽しい。

もちろん知らなくてもまったく問題ありませんが、
100%保証で学んで楽しい新しい学問(と思っています)。










前里光秀大学と特別研究生。

つい先ほどお申込みをいただいたとき、
この「ある男」について思い出しました。










「創造の仕組み」によって
ちょっとだけ理解を深めた「ある男」










そして、

本気で、本気で、本気で…僕も、受けたい!

と思って、書きました















株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事