みなさん、宇宙人は好きですか?⑤ 

それから少しして気づくと、
ミツさんと僕意外はみんな寝ていました。

いつの間にか、
みんな寝ていました笑





そこで、ミツさんが僕のところに来てくれて
リビングに2人で座って話したんですね。

そこで伝えられた内容も曖昧ですが…


 「俺のチャネリングが
  近々、フルトランスになる日が来ると思う」



というような内容だったと思います。















もともとミツさんは、
夢の世界で宇宙人から



 「あなたは生まれる前の設定で
  フルトランスチャネリングをする計画をしています」

 「今、その設定について
  改めて選択をすることができます」

 「やりますか? それとも、やめますか?」




と言われていて、
それについて「NO」と言った。

それは聞いていました。

事前の設定にあってもなお
もう一度確認をする宇宙人。

それほどの大きなテーマでも
瞬間の選択が人生をつくるんですね!

改めて、人生の素晴らしさ。





フルトランスチャネリングというのは
いくつかのチャネリング形態で
言わば「最強のチャネリング」

「人間・前里光秀」という意識が
完全にシャットダウンするので、
情報の精度としてはこれまで以上に高くなるはず。










それでも、ミツさんが断った理由。










それについて
詳しくは書ききれない部分もありますが、

僕が思うのは
「その頃の僕の未熟さ」

それが大きくあったことは
理解としては間違っていないでしょう。



ミツさんが意識をなくすことによって、
宇宙情報を届けることにこれまでにない不都合が生じる。










それでも、
「ミツさんがフルトランスチャネラーになる日」

すぐそこまで近づいていましたよ。





宇宙にどの瞬間も「選択」はあるが、
避けられないまた出会ってしまう「選択」もある。

どれくらいの引力の強さかは、
いつも分からないものですね。












株式会社 前里光秀研究所 和田一真
関連記事