決断の価値 



「何をしたいのか分からない」



とてもいいです。

正解不正解で言えば「大正解!」



○○したい!と望んでいることは、
既に使い古され飽きてしまった概念。


SANが伝えてくれたこの情報に、
度肝を抜かれた方は多いはずです。

本当に自分がやりたいことは、
実はわからないようになっている。

思考の中でキャッチすることはできないようになっている。

「やりたいやりたい」と望むほど、
「飽きた飽きた」と言っていることになる。



不思議です。
そしてちょっと頭が混乱しました。


「じゃあどうすれば・・・?」


当然そうなりますね。




シンプルな答えは


「行動」


動いてみて、やってみて初めて気づくことがありますね。

「初めて○○をやってみたら、思ったより楽しかった。」

もっと身近なところで言うと

「食べてみたら意外に美味しかった」


わかりやすい例を出してみましたが、
本当にやりたいことは、
やってみて初めてわかる。


そして、実は僕たちは常にそれの繰り返しで生きてきたはずです。


生まれてからずっと「初めて」の連続。
初めて何かを体験してから、
好きなのかそうじゃないのかを決定し続けている。

そして好きなことだけを続けてきている。


すでにSANの伝えてくれた情報の中にいる。


だけどそうじゃないように思えるのは、
そのシンプルの連続であるはずの流れに、
無理やり隙間を作り、その隙間に複雑な思考を挟んでいる。

「あれじゃないこれじゃない、できるできない」

「本当にやりたい? やりたくない?」

「大変そう・・・ 」

やってみないと出来るかどうかもわからない。
やってみないと好きか嫌いかもわからない。
やってみないと大変なのかどうかもわからない。

たとえ先にそれを経験している人から事前に話を聞いても、
何においても、自分で体験しないと感じることができない。



だから行動が大事なんですね。
もちろん考えることも大事です。

だけど「複雑に考える」のとそれは違う。


たとえば「迷い」という状態にあるなら、
それは「複雑に考えている」と判断しても良い。

迷っているならなおさら動かないと結果は出ない。
「動かない」を選択した場合、
迷ったままの状態で在り続けることになる。

たとえ何に迷っていたのかを忘れてしまったとしてもです。


先日の個人説明会のいらしたある方は迷っていました。
大きく言えば人生に迷っていました。
どうやって、何をしていくのが自分に合っているのか。
迷っていました。


でもその方の迷いはなくなります。
「なくなりました」という方が正しいのかもしれません。


なぜなら動いたから。
個人説明会に行こうと決めたから。
そしてチャネリング会に参加することを決めた。

今月最後の日のチャネリング会。

その方は質問をするでしょう。

そこにはその方の迷いの答えが用意されています。


だからと言って、
チャネリング会の当日まで迷いが続くわけではない。


実は個人説明会に初めて行ってみよう!と決めた時点で
その方の迷いはなくなっている。

「何をすべきか」

その答えがある場所を自ら嗅ぎつけたのだから。






人は自分の評価をどちらかといえば低めに見積もります。

たとえば「個人説明会に参加する」
と決めた自分の決断の冴えを、
大したことではないと決める。

「チャネリング会に参加する」
という重要な決断のきっかけになったその日を
何気ない日常にしてしまう。

それが「迷いから解放される行動」
なのにもかかわらず。

そして、その行動をすると決めたのが、
自分自身であることも忘れる。


全部逆です。


多少は傲慢に「自分の決断の価値」
を喜んでもいいのではないでしょうか。


そうすることで、さらに決断の質は上がる。
行動力が上がる。

結果、本当にやりたいことを、
いつの間にか普通にやっていることに気づく日が来る。





選択肢はかならずみんなの前にあります。
それが目に映っているのなら、
どれかを選択し、動く決断をするべきです。





前里光秀研究所


関連記事